New!収納教える.コム

収納マンこと、TVチャンピオン収納ダメ主婦しつけ王 芝谷浩のブログ。部屋別・モノ別収納法、オススメ収納グッズ・家具、主夫の家事にまつわる話などを紹介します。

*

IKEAの「TRÄBYシェルフユニット」が販売終了につき2999円!KALLAXと比較してみた

   

IKEAでは明日1/7(土)から1/15(日)まで「FINAL Sale」ということで、メルマガのトップに「TRÄBY(トレービー)シェルフユニット」が通常価格7,999円のところ2,999円と告知されたいました。

↑TRÄBY(トレービー)シェルフユニット

約63%引きということで、安くなるのはうれしいですけど、それよりも驚いたのは「在庫が無くなり次第販売終了」との記載です。

以前にもトレービーは50%引きセールをするなどテコ入れを図っていたものの、あまり人気がなかったようですね。IKEAにはパッと見た感じ同じように見える「KALLAX(カラックス)」や、その廉価版である「BLANKHULT(フランクフルト)」もありますから。

↑KALLAX(カラックス)シェルフユニット

でも、販売終了となるとは言え、天然木突板を使ったトレービー・シェルフユニットが2,999円で購入できるというのはかなり魅力的です。改めてカラックスと比較してみることにしましょう。

 

TRÄBYとKALLAXの比較

TRÄBY KALLAX
価格 2,999円 4,999円※2
外寸 80×39×80cm 77×39×77cm
内寸※1 35×35×35cm 33×37×33cm
表面材 アッシュ材突き板 フォイル※2
塗装 透明アクリルラッカー なし※2
アジャスター脚 あり なし
背板 あり なし
壁吊り下げ 不可 可能
ラインナップ 少ない 多い

※1…内寸はそれぞれのインサート引き出しのサイズから推定(実測値ではない) ※2…ハイグロスホワイトのみ価格は5,999円、表面材はペーパー、アクリル塗装仕上げ。

パッと見た目には同じように見えるトレービーとカラックスも、詳しく比較してみるとこんなにも違いがあります。

もともと高価なトレービーが割安に!

もともとトレービーはカラックスよりも約60%高価なのですが、今回のセールによって価格は逆転し、トレービーのほうが約40%安くなります。

そもそもなぜカラックスよりもトレービーのほうが高価というと、表面材にアッシュ(アメリカタモ)の突板を使っているからです。より分かりやすく言うと、天然木を薄くスライスしたものを貼っているということですね。一応天然木ですので、アクリルラッカーでコーティング塗装しており、手間が掛かっていると言えます。

対してカラックスの表面材はフォイル仕上げ。つまり、樹脂フィルムを巻いているということです。耐久性は天然木突板よりも高いと言えますが、見た目の高級感やコストが掛かっているという点ではトレービーのほうが上と言えます。

板厚が揃っているトレービーのほうが美しく見える

外寸を比較すると、トレービーのほうが幅と高さが3cm大きくなっています。一方でそれぞれの1マスの内寸は、トレービーが35×35×35cm、カラックスは33×37×33cmとなっています。

トレービーは外箱も棚板もほぼ同じ厚みとなっている一方、カラックスは外箱が厚く、棚板は薄くなっています。このあたりが外寸や内寸に影響を与えていると言えます。また、一般的には板厚が揃っているトレービーのほうが美しく見えるでしょう。

ちなみに、カラックスの棚板はすべて組み立て時にハメ殺しにしてしまうことになりますが、トレービーの棚板は簡単に取り外せる構造になっています。

実用性重視のトレービー、圧迫感の少ないカラックス

トレービーには背板があり、カラックスにはないことは、実用面や見た目で影響があります。背板があったほうが本などを出し入れした場合に壁が汚損する可能性がなく、逆に背板がないほうが奥行を感じられて圧迫感が少ないと言えます。

背板の有無により、実用性重視のトレービー、圧迫感の少ないカラックスと、対比して言うことができるかと思います。

アジャスター脚付きのトレービー、壁掛け可能なカラックス

機能的な面で比較すると、まずトレービーにはアジャスター脚が付属しています。そのため、不陸のある床でも安定して設置することができます。

対してカラックスにはアジャスター脚がありません。代わりにというわけではないですが、カラックスは壁に吊下げて設置することができます。もちろんその場合は下地のあるところにネジで固定する必要があるのですが、ちょっと変わったインテリアを実現するには良いでしょう。

 

総じて、トレービーとカラックスはパッと見た目は似ていますが、トレービーはコンサバティブな木製ラック、カラックスはカジュアルなラックと言うことができるかと思います。

以前にも検証した通り、この程度の価格で買える天然木突板の木製ラックは、IKEAの外に目を向けてもトレービー以外にありません。ホルムアルデヒド放散量さえ気にしなければ、トレービーは非常にお買い得だと言えます。

おそらく廃番ということだと思いますが、それでも構わないという方は急いでIKEAにGOですね♪「BLANKHULT(フランクフルト)」も在庫が無くなり次第販売終了ということで、通常3,999円が1,999円になっていますので、合わせてご覧ください。

 

【関連記事】

 - 収納グッズ・家具, 比較, リビングダイニング , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

アイリスオーヤマ・ワイヤースタックボックスWSE-425
メタルラックがスタッキングボックス化!?アイリスオーヤマ・ワイヤースタックボックス

久しぶりにキャリコ型スタッキングボックス絡みのネタです。 カインズホームのキャリ …

岩谷マテリアルI'mD・kcudシンプルワイド・ダストボックス
まるで無印良品!岩谷マテリアルI’mDのダストボックス「kcud simple slim」

以前からアマゾンで「I’mD (アイムディ)」という名称を見ることが …

山善・メタルシェルフ5段ホワイト/ブラック/クローム
山善からも「白いメタルラック」が登場!アイリスオーヤマ製と比較してみた

「メタルラック」はアイリスオーヤマの登録商標ですが、他社製も含めて一般名称のよう …

冷凍保存袋を乾かしている状態
主夫歴1年半。冷凍保存袋は再利用しまくって、この1年半に1度も買ってません

私が主夫になって早いものでちょうど1年半になります。主夫になってすぐ、冷凍保存袋 …

ビバホーム・前から収納できる整理ボックス
布製キャリコ型スタックボックス!ビバホーム「前から収納できる整理ボックス」

前回はスーパービバホームのカラーボックスを紹介しました。 【前回】2/27オープ …

イケア・LERBERG(レールベリ)シェルフユニット
カラーボックスよりもコスパ高い!イケアのLERBERG(レールベリ)シェルフユニット

カラーボックスと言えば、言わずと知れた非常にコストパフォーマンスの高い収納グッズ …

ニトリ・斜めがけハンガーフック
ニトリのハンガーラックを拡張できるアイテム!「斜めがけハンガーフック」

今に始まったことではありませんが、収納用品は二極化の様相を呈しています。 引出式 …

小島工芸・転倒防止補助金具「ボンフック」
地震で本棚から本が飛び出すのを防ぐ!小島工芸の転倒防止補助金具「ボンフック」

お片づけブログメディア”cataso(カタソ)”に収納マンの新しい記事が公開され …

スマイル・らくピタッ3連フックSE4060
収納芸人コジマジック氏がプロデュース!空納生活「らくピタッ」3連フックSE4060

みなさま、コンニチハ。元祖・収納王子、収納マンでございます。 突然ですが、粘着式 …

キャンドゥ「カラーボックス専用プラスチックドア」
100均キャンドゥの「カラーボックス専用プラスチックドア」はコスパ良し!ただし難点もアリ

先日、100円ショップのキャンドゥに立ち寄ったのですが、そこで面白い商品を見つけ …