New!収納教える.コム

収納マンこと、TVチャンピオン収納ダメ主婦しつけ王 芝谷浩のブログ。部屋別・モノ別収納法、オススメ収納グッズ・家具、主夫の家事にまつわる話などを紹介します。

*

片づけの悩みは「すべて対人関係の悩みである」!

      2017/05/21

片づけの悩みは、すべて対人関係の悩みである

人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである

私が『嫌われる勇気』を読んでいてもっとも膝を打ったのは上の一節です(第二夜 すべての悩みは対人関係)。

片づけと言うとどうしても目の前のモノに注目したり、「収納スペースが少ない」とか「家の間取りが悪い」などハードの問題にすり替えられがちですが、突き詰めて考えていくと片づけの悩みは人間関係の悩みなのです。

 

人間の悩み>片づけの悩み

まず、アドラー心理学が正しいという前提で説明したいと思います。片づけの悩みは人間の悩みの一部です。ですから図式で表すと「人間の悩み>片づけの悩み」ということになります。

一方で、アドラー心理学では「人間の悩み=対人関係の悩み」とされています。そして前述の通り「人間の悩み>片づけの悩み」なのですから、「片づけの悩みは、すべて対人関係の悩みである」と解釈しても間違いないと言えます。

 

対人関係=仕事+交友+愛のタスク

次に、前述の「対人関係」について考えてみましょう。『嫌われる勇気』では以下のように説明されています(第二夜 直面する「人生のタスク」をどう乗り越えるか)。

アドラーはこれらの過程で生まれる対人関係を「仕事のタスク」「交友のタスク」「愛のタスク」の3つに分け、まとめて「人生のタスク」と呼びました。

私はこれで対人関係は、「仕事」・「友人(=非血縁者)」・「家族(=血縁者)」の関係と理解しました。付き合いの深さはともかくとして、身の周りの人間はすべてこのいずれかに属すると思います。

さて、身の周りのモノを見てください。これら3つの関係に属しないモノはあるでしょうか。おそらく存在しないと思います。

「いや、このゲーム機は自分一人で楽しむためのもので、オンラインゲームもしない。」という意見もあろうかと思います。しかし、『嫌われる勇気』で説明されている通り、”「宇宙のなかにただひとりで生きることができれば」という前提が成立しえない”状況では対人関係は消してしまうことができませんから、関係性は浅かろうとやはり対人関係の中にあると言えます。

より具体的にこの場合を解釈すると、ゲーム機は他者の手を介した物体と見ることができますし、なぜゲームをするのかという視点で考えると対人関係のストレスを解決するためとも考えられます。もしくは社会生活では劣等コンプレックスを感じているけれどもゲームの世界では優越感に浸ることができるということもあろうかと思います。

このようにいかようにも解釈できるわけですが、単なるこじつけのように感じられるかもしれません。もしくは拡大解釈と映ることもあろうかと思います。しかし、前述のように突き詰めて考えていけばやはり「片づけの悩みは、すべて対人関係の悩み」だと私は思うのです。

 

片づかない原因は「人」の要素が一番大きい

私は片づかない原因は次の3つであると考えています。

  1. 人…性格、習慣、職業など
  2. モノ…種類、性質、量など
  3. 場所…収納スペース、家など

いつも申し上げていることなので改めて説明するまでもありませんが、これら3つの要素が重なり合った結果、「片づかない」という結果が生じると言えます。

そして、これら3つの中でもっとも大きな要素は「人」です。「モノ」も「場所」もつまるところはその人が選んだと言えるからです。

「いや、いま住んでいる家は生家だから私が選んだわけではない」という意見もあるかもしれません。確かにその家を選んだのはご両親なりご先祖でしょう。しかし、「家を出る」という選択肢を取らなかっただけと解釈することもできますから、やはりその人の問題なのです。

 

目的論に立っているアドラー心理学を語るうえで原因論を持ち出すことは乱暴ではありますが(苦笑)、アドラー心理学で見ても私の片づけの理論というか経験則から見ても、「人」の要素が非常に強いわけです。

しかしながら私は「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」とまで言うのはいささか解釈の範囲が広すぎると感じます。間違いなく真理ではあるものの、およそ一般人には受け入れがたい事実でしょう。

ですから私は少なくとも片づけという限られた範囲の悩みについては、周りの人間だけではなく自分自身も含めて解釈したいと思います。冒頭で申し上げました通り、「片づけの悩みは、すべて対人関係の悩みである」ことは揺るぎない事実ですし、「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」ことも同様に事実ですが、そこまで哲学的に考える必要はないと考えるためです。

なお、アドラー心理学がそうであるように、片づけにおいても自分自身や周りの人を責める必要はありません。片づかない原因は「人」の要素が大きいと伝えると、どうしても自分や家族が悪いのだと思われがちですが、それはまったくの誤解です。

大事なのは、まず自分を知るということ。そして、自分の性格に劣等コンプレックスを抱かず、冷静に客観的に捉えて、”ただ前を向いて歩いていけばいいのです”。

 

【続編】「あの人」の期待を満たすために「片づけ」や「家事」を頑張らないで!

 

【関連記事】

 - 収納の考え方

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

大容量のクローゼット・イメージ
造り付けの収納スペースが十分あれば、それは良い家と言えるのか?

株式会社リクルート住まいカンパニーが、住宅の購入・建築を検討している人を対象に調 …

グッドデザイン賞を受賞したイオンのオリジナルキッチン「RaeLis(リリス)」
イオンのオリジナルキッチン「RaeLis(リリス)」デザインは素敵、収納の使い勝手は?

出典:イオンリテール イオンリテール株式会社のオリジナルキッチン「RaeLiS( …

MATERIA2 リビング壁面収納家具
リビングに置く棚は扉付きにすべき?収納はオープンに見せることが理想

リビングに置く棚を扉付きにするかオープンラックにするかというご相談は多いです。も …

収納はOS、すべての家事の土台
収納はOS(オペレーティングシステム)!収納はすべての家事の土台

収納はすべての家事のうちのひとつではありません。収納はすべての家事の土台です。な …

KEYUCA(ケユカ) フェイスタオル
浮気厳禁!楽に収納するにはお気に入りの雑貨屋さんを見つけましょう

お片づけブログメディア”cataso(カタソ)”に収納マンの新しい記事がアップさ …

「あの人」の期待を満たすために生きてはいけない
「あの人」の期待を満たすために「片づけ」や「家事」を頑張らないで!

前回は『嫌われる勇気』の一文を引用して、「片づけの悩みはすべて対人関係の悩みであ …

押入れの下段に収める衣装ケースとして適切なものを選びなさい
【収納の問題です】押入れの下段に収める衣装ケースとして適切なものを選びなさい

収納の問題 押入れの下段の右下のエリアに収める引出式衣装ケースとして適切な組み合 …

机の上・イメージ
これぞ収納力!自分で決断、目標設定、書き留める…この3つができれば仕事も片づけもできる

お片づけブログメディア”cataso(カタソ)”に収納マンの新しい記事がアップさ …

片づかない原因は?
片づかない原因は3つ!ヒト→モノ→場所の順に考えて自分流を確立しよう

お片づけブログメディア”cataso(カタソ)”に収納マンの新しい記事が公開され …

アイリスオーヤマ・ウッドトップチェスト 6段 HG-556B ホワイト/ナチュラル
引出しの中身をチェック!重いモノを下に入れるだけでも地震対策に効果あり

お片づけブログメディア”cataso(カタソ)”に収納マンの新しい記事が公開され …