これって激安?良品廉価のAmazonベーシックから「シューズラック4段」が登場

amazonのプライベートブランド商品とも言える「Amazonベーシック」。必要な品質を見極めるとともに量産効果でコストを抑え、過剰な包装を省いた「フラストレーション・フリー・パッケージ」で発送することで良品廉価を実現しています。個人的にも充電池やHDMIケーブルなどを購入し、「さすがamazon!」と感心しています。

私が購入したことがあるAmazonベーシックの商品がケーブルなどだったこともあって、Amazonベーシックは基本的に電子機器関連のものがほとんどだと思っていました。ところが、そうじゃなかったんですね。この度、Amazonベーシックから「シューズラック4段」が発売されました!



Amazonベーシック・シューズラック4段

Amazonベーシックのシューズラック4段は、上写真をご覧いただければ分かる通り、非常にシンプルなものです。サイズはおよそ幅569×奥行226×高さ470mm。材質は樹脂製としか書かれていませんが、ポリスチレン樹脂かABS樹脂かなと思います。

これで価格が1,200円というのは一般的には「安い!」と感じられる方が多いのかもしれません。しかし、個人的にはすごく微妙な値段だと感じます。

Homebi・シューズラック4段

たとえば上写真のHomebi「シューズラック4段」は、Amazonベーシックのものと比較すると倍程度の2,118円ですが、フレームはスチールパイプでできていますし、横幅も1.5倍ほどあるので、コスパは悪くないと思います。

もちろんデカけりゃ良いわけではないですし、レビューも怪しいので品質はどれほどのものかは分かりませんけど、スペックを見る限りはそれほど悪くはないと思います。

ライクイット・シューズラックCUBE5段

ライクイット(吉川国工業所)の「シューズラックCUBE5段」なら価格は1,230円です。幅は238mmですのでAmazonベーシックのものと比較すると半分以下ですが、2台並べて国産でシッカリしていて5段であればトータルで倍の価格になっても悪くないのではないかと思います。靴の裏に付いた土が下の段に落ちることもありませんし。

そもそもAmazonベーシックのシューズラック4段の幅は中途半端なんですね。パンプスなら1段に3足並びますが、スニーカーだと婦人ものでも3足並ぶかどうかは怪しいところです。それだったらこっちのほうが良いんじゃないかと思います。

山崎実業・伸縮シューズラックframe3段

値段は3倍近くになりますが、山崎実業の「伸縮シューズラックframe(フレーム)3段」をチョイスするというのも悪くないと思います。3段ですけど、全体がスチール製でシッカリしていますし、幅410~700mmで調節可能なので、靴の大きさや設置スペースに合わせることができます。

つまるところ、Amazonベーシックのシューズラック4段はamazon信者であれば思わず信用して買っちゃうところですが、冷静に考えればとても安いと言えるシロモノではないように思います。

Amazonベーシック・ガーメントラック

調べてみると意外とAmazonベーシックには収納用品もいくつかあることが分かりました。たとえばいわゆるメタルラックのハンガーラック(上写真)などもあります。日本ではワードロープやハンガーラックなどと呼びますが、アメリカでは「ガーメントラック(洋服ラック)」と呼ぶようですね。

ただ、こちらも価格は4,832円で、ルミナス互換ラックに比べると高価で品質的な裏付けもありません。レビューを見ると米国amazon.comのばかりであることから、Amazonベーシックの商品は基本的にワールドワイドで販売されており、日本に持ち込んだ場合は競争力がない商品もあるということなんでしょう。

私自身、amazonはよく利用しますし、Amazonベーシックの商品は基本的に良品廉価で良いものばかりだと思っていました。しかし、シューズラック4段やガーメントラックを見る限り、必ずしもそうとは言えなさそうです。

少し前にはマーケットプレイス上での1円詐欺というのがありましたが、レビューを見ても明らかに日本語がおかしいものがあったり、Vineメンバーによるレビューが上位に表示される傾向があり、amazonだからと言ってむやみに信用するのも良くないと感じます。やはり多角的に自分の目でしっかりと判断しないといけませんね。

【関連記事】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク