「圧縮袋」なんてどれも同じ…じゃない!変わり種の衣類&布団圧縮袋を集めてみた

お片づけブログメディア”cataso(カタソ)”に収納マンの新しい記事が公開されましたのでお知らせします。

”旅行鞄をスッキリ!便利な「衣類収納圧縮袋」を正しく使うコツ”

掃除機いらずで手で空気を押し出すことができる衣類用圧縮袋は旅行の際に便利なアイテムです。私自身はレジ袋のほうが手軽なので使うことはないんですけど、キレイに収めたい方には重宝するアイテムだと思います。

さて今回は、旅行用の衣類圧縮袋絡みということで、ちょっと変わった衣類&布団圧縮袋をいくつか紹介したいと思います。



東和産業・押すだけ衣類圧縮パック・仕切り付ダブルパック

まずは東和産業の「押すだけ衣類圧縮パック・仕切り付ダブルパック」。圧縮袋の中で2室に仕切られていて、1室ずつに1日分ずつをセットに入れたり、着用前と着用後で分けて収納できるというものです。ただ個人的には、半分の大きさのものを2枚使えば良いんじゃないかと思ってしまいます。むしろ大きすぎて扱いにくいんじゃないかと思うのですが…。

東和産業・Ag抗菌衣類圧縮パック

圧縮袋を使用した場合にニオイが気になるという方は結構多いです。そんな方にはフレグランスシートを一緒に封入することをオススメしているんですけど、こちらの商品も臭い防止に一役買うのかもしれません。

東和産業の「Ag抗菌衣類圧縮パック」は、圧縮袋の袋の内側に銀系無機抗菌剤を練り込むことでフィルム上の菌の繁殖を防ぐことができるそうです。

もっとも、商品説明にもある通り「フィルム上の菌の繁殖を防ぐ」わけですから、衣類に付いた菌の繁殖までは防げるのかどうかは分かりません。基本的に私はこういう抗菌グッズに対しては懐疑的です。

オリエント・Q-PON!電動吸引ポンプ+ふとん圧縮袋

「掃除に使う掃除機の先を当てて布団を圧縮するなんて無理!キタナイ!」と言う方もいらっしゃることでしょう。また、圧縮袋から空気を抜き出すときに掃除機を使うと壊れてしまうんじゃないかと心配になる方もいらっしゃると思います。そんな方にオススメかもしれないのが、オリエントの「Q-PON!電動吸引ポンプ+ふとん圧縮袋」です。

こちらは電動ポンプが付属したものですが、手動ポンプが付属した同様の商品もあります。ただ個人的には、店頭で実物を確認したところ耐久性に疑問を感じましたし、無駄なモノがひとつ増えるように感じました。あくまでも圧縮する際に掃除機を使いたくない人向けなのではないかと思います。

東和産業・らくジッパー衣類ひとまとめ圧縮パック

ここまでのところは多かれ少なかれネガティブ評価がつきましたが、これはちょっと期待できます。東和産業の「らくジッパー衣類ひとまとめ圧縮パック」。今年の春に発売されたばかりのようで、私もまだ見たことがない商品です。

食品用のジッパー付き保存袋で、スライダー付きのものってあるじゃないですか。この商品はその圧縮袋版なんですね。これならスライダーを紛失する心配はないはずですし、ジッパーの開閉も楽なはず。まだ実物を試したことがないので何とも言えませんが、これはかなり良さそうな感じです。

以上、4点の変わり種の圧縮袋を紹介しました。よほど大きなホームセンターでない限り、店頭にはオーソドックスな圧縮袋しか並んでいないことが多いですけど、圧縮袋だって日々進化しているわけです。

しかし、圧縮袋各商品のネットでのレビューを見るにつけ、正しい使い方がされていないことが多いことに愕然とします。メーカーは次々と新商品を投入することも必要かと思いますが、もっと正しい使い方を啓蒙したほうが良いのではないかと思います。もちろんそのためにわたくし収納マンができることがあれば、いつでも一肌脱いで差し上げましょう(笑)

【関連記事】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク