これはちょっと流行るかも?ベルメゾンDAYS「簡単に折りたためるラック」

従来、折り畳み式のラックと言えば下写真のようなものが主流でした。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

棚板を跳ね上げてから、側板を内側に折り畳んで、右写真のようにコンパクトになるというものですね。折り畳み可能という構造上、決して頑丈とは言えませんが、雑貨を並べたりするには十分で、特に引越しの頻度が高い人に重宝されている印象があります。

収納では、身の周りのモノが増えたり減ったり、ライフステージ毎によく使うモノが変わるため、フレキシブルに対応できたほうが良いと言えます。その点、こういった折り畳み式のラックは良い選択肢の一つと言えるでしょう。



ベルメゾンDAYS・簡単に折りたためるラック

iconicon

他方、ベルメゾンDAYSでもっとも売れている折り畳み式ラックは上写真の形状のものです。その名も「簡単に折りたためるラック」。木製の折り畳み椅子と同じ構造になっており、それが2段、3段、最大4段のものも用意されています。構造がシンプルなので、商品名の通り簡単に折り畳めるのがメリットです。

この商品がヒットしているのは、単純に簡単に折り畳めるラックという機能面が支持されているだけでなく、カラーバリエーションが素敵だからかもしれません。上写真のグリーンのほか、ピンク、ホワイト、ナチュラルが用意されており、いずれも淡い色合いで、ナチュラルな雰囲気でありつつお部屋のアクセントカラーにもなります。ベルメゾンDAYSが提唱するライフスタイルに共感する消費者のハートをガッチリ掴んでいるのでしょう。

キャプテンスタッグ・CSクラシックス木製3段ラック

調べてみると、同様の構造の折り畳み式ラックは他にもありました。例えばこちらのキャプテンスタッグの「CSクラシックス木製3段ラック」がそうです。家庭用品メーカーであるパール金属のアウトドアブランド・キャプテンスタッグが、野外で手軽に使える簡易ラックとして販売しているものです。

基本的には屋外用ですが、もちろん室内でも使えますね。また、こちらはカラーバリエーションはありませんが、この風合いであれば男前インテリアで使っても良さそうです。

個人的には、昔からある構造の折り畳み式ラックのほうが、側板に安定感があって雑誌を立て掛けるのにも良く、使い勝手が良いように思うのですが、ベルメゾンDAYSやキャプテンスタッグのラックのような側板形状もインテリアにリズム感を与えてくれるので良いのではないかと思います。

使い勝手や強度面では3段カラーボックスやスチールラックのほうが優れていると思いますが、こういった折り畳み式のラックは使いたいときにすぐに使える手軽さがあって良いですね。現代のライフスタイルと合致しているので、なんだかちょっと流行りそうな気がします。

2017/05/03追記:

ベルメゾンDAYSの「簡単に折りたためるラック」を実際に見る機会があったので補足しておきたいと思います。

やっぱり色はとても素敵です。また、想像以上に軽く、持ち運びしやすいと感じました。他方、折りたたんだときに棚板が固定されないので、ブラブラして少し煩わしく感じるのも事実です。

あと、幅60cmの3段タイプなどは特に横揺れがし、耐荷重が3kgしかないのも納得だと感じました。基本的には花台として使うなど、小物を飾るためのものであると考えたほうが良いでしょう。

【関連記事】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク