『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売のお知らせ
スポンサーリンク

値上げ→まとめ買い→片づかない!この悪循環を断ち切る3つの方法

「Shufoo!お買い物動向レポート Vol.5 商品値上がりに関する調査結果概要」商品の値上がりとそれに対する消費者の防衛策が興味深い内容でしたので、まずはその概要を紹介したいと思います。

  • 2015 年 1 月以降の値上げを実感 93.3%。そのうち 89.3%が家計への影響大と回答
  • 特に値上げの影響が大きいと感じる商品は日常的に使用する乳製品、トイレットペーパー
  • 約半数以上が値上げへの対応策 1 位「外食を抑える」、2 位「食費の節約」と回答
  • 世代別食費の節約方法、20 代は節約レシピの実践、30 代はまとめ買い、40-50 代はチラシ・電子チラシの活用

※凸版印刷株式会社 「Shufoo!」 調べ

 

このレポートで特に注目すべきポイントは、”世代別食費の節約方法、20 代は節約レシピの実践、30 代はまとめ買い、40-50 代はチラシ・電子チラシの活用”というところ。

:あなたのご家庭で、食費を節約するために行っていることを、すべてお選びください。※凸版印刷株式会社 「Shufoo!」 調べ

30代の私は確かにまとめ買いをしています。とは言え、基本的に週末に1度買い物に行くだけですし、まとめ買いしても安くならないお店で食品を買ってますが、たまにコストコに行くと結果的にまとめ買いで安く買っていることになります。

ほか、曜日や日によって○%引きになる日にまとめて買う、同じくポイント○倍のときに買う、と言う人もいるでしょう。楽天市場のお買い物マラソンで10万円ほど買うと、もうひとつ1000円くらいのモノを買えば実質タダで手に入りますから、余計なモノを買ってしまう人もいるかもしれないですね(←私もその一人です・苦笑)

ともあれ、まとめ買いをすれば金銭的にはお得であることは確かですが、一方で収納面で困ることも事実です。そこで今回は、私が実際にやっている「食品をまとめ買いしても収納で困らない方法」を3つご紹介したいと思います。



収納スペースに収まらない量は買わない

たとえばお店の場合は、特価品を大量に仕入れても目立つところに商品を山積みにすれば勢いよく捌けていきます。しかし一般家庭の場合は、安く大量に買ってきたからと言って消費が増えることは基本的にはありません。そうすると長期的に収納スペースに収まらない状態が続き、片づかなくなってしまいます。

生活防衛のためにまとめ買いをすることは決して悪いことではありません。しかし、置く場所がないのに安いからと言って買ってくるのは良くないことです。まとめ買いをするのであれば収納スペースに収まる範囲にしましょう。またそのためには、普段からストックをあまり持たないようにすることが大切です。

冷蔵庫や食品庫に食品のストックがギッシリ詰まっているということは、新たに買って来なくてもそれを消費していけば良いわけです。まとめ買いをするよりも、今あるモノを消費していくほうが、家計には優しいはずです。

 

まとめ買いしたモノから順に消費する

コストコで鶏肉などをまとめ買いすると、かなりまとまった量になります。そんなとき私は、徹底的に鶏肉を消費するような献立を組んでいきます。鶏ハム、唐揚げ、野菜炒め、青椒肉絲風、焼き鳥などなど、決して私のレパートリーは多くはないですが、それでも意識すれば手を変え品を変えでまとめ買いした食品を減らすことは可能です。

必要は発明の母と言います。また、必要だからと思って買ってきたモノであればなおさら、順番に消費するのは簡単なはずです。昔と違って、クックパッドで食材を指定すれば簡単にレシピを検索することもできますし、食材を順番に消費することはまったく難しいことではありません。

 

安くないモノは買わない

安くなるからまとめ買いをするのであれば、逆に安くないモノは買わないということで全体のバランスを保つことができます。これは旬のものを積極的に購入して食べ、時期外れのモノや初物を購入しないというのと同じことです。

これ、当たり前のことだと思いますが、一度徹底的にやってみてください。そうすると2つのことが分かります。まずひとつは、しまいに冷蔵庫や食糧庫の中がほとんど空っぽになります。新しく買わないと今あるモノを消費していくしかないからです。食品でも非食品でも「飢餓」を感じればモノに対する考え方がきっと変わるはずです。「飽食」だからありがたみが感じられないのです。

もうひとつは、高い高いと思っていても安くなることがあるということです。メーカーも売れないと困りますから、必ずと言って良いほど安くなるタイミングがあります。「パンがなければケーキを食え」じゃないですけど、そのとき安く手に入るモノを食べていれば良いんです。そして欲しいモノが安くなったタイミングで買えば良いんです。

 

消費税が5%から8%に上がったことはどうしようもないですが、物価が上がったことは今のところ我が家の食費にはあまり影響が出ていません。ただ、3つ目の方法で「安くないモノは買わない」ようにした結果、家の中に食べるモノがほとんどない状態に何度か陥りましたが(笑)それでも結局、何かしら作って十分食べることはできました。

ピンチはチャンスです。食品の値上がりが続く今だからこそ、過剰な食品のストックを見直し、いつでもまとめ買いができる体制を作りましょう!

コメント