フィッツケースでお馴染みの天馬がキャリコ型衣装ケースを発売!【プロフィックス・カバコ】

引出式衣装ケースのベストセラー「Fits(フィッツ)」シリーズを販売する天馬から、「プロフィックス・KABAKO(カバコ)」が発売されました。

天馬・プロフィックスKABAKO(カバコ)
カバコは、カインズが販売して売れ行き好調の「キャリコ」のような前面フラップ扉式衣装ケース。この手の商品のオリジナルはスタックストーの「ペリカン」じゃないかと個人的には思うんですが、類似品も交えて市場は既に大混戦の模様です。ここに引出式衣装ケースの老舗である天馬が参戦したわけですから、もうお祭り状態ですね(笑)

【関連記事】

扉が内側に入って完全フルオープンに!

天馬のプロフィックス・カバコは、単なる後発のパクリ商品ではありません。引出式衣装ケースの老舗ブランドがその名に恥じない商品をぶつけてきたというのが私の率直な感想です。

自動車やパソコンの外装パーツを手掛ける樹脂成型大手の天馬が手掛けるわけですから、カバコの成形の精度や耐久性はもちろん折り紙つき。しかもそれだけでなく、「仕掛け」もしっかりやってくれました。フタが内側に収まり、完全フルオープンとなるのです。

天馬・プロフィックスKABAKO(カバコ)
既に発売されているペリカンもキャリコもフロックも、基本的に扉部分は上に持ち上げた状態となり、まあハッキリ言って邪魔なのです。しかしカバコは扉が箱の内側にスライドインするので邪魔になりません。複数を積み重ねて使用するときも、一番下のケースにも衣類などを収めやすいのです。これはスゴイ!

ただ、箱の中に目いっぱい衣類を詰め込んでしまうと、扉が内側にスライドインさせることができません。このへんはちょっとだけ注意する必要があります。



3サイズ展開、ストッパー付きキャスターの取り付けも可能

サイズは高さが22、31、41cmの3サイズ展開。これについては先発のペリカン、キャリコ、フロックに対して、やや見劣りがします。カラーは高さ31cmのMサイズのみ3色展開。とりあえずスタートを切ったというところでしょうか。これまでフィッツシリーズで幅広いサイズバリエーションを誇ってきた天馬ですから、今後の販売状況によっては、サイズやカラーのバリエーションを増やしていくことと思います。

また、カバコにはストッパー付きのキャスターを取り付け可能です。ペリカンはキャスターなし、キャリコはコロ付き、フロックはストッパーなしのキャスターを取り付け可能ですから、ストッパー付きキャスターを取り付けできるというのは安全面で優位と言えます。

収納マンが絶大の信頼を置く引出式衣装ケース大手の天馬がキャリコ型の前面フラップ扉式衣装ケースに参戦したことはとても喜ばしいことです。また商品に独自性があることは素晴らしいことだと思います。

ただ、1,000円程度で購入可能なキャリコやフロックに比べると若干高めの価格設定。品質に見合った価格設定だと思いますし、実物を比べればその価値は消費者に伝わるかと思いますが、こういう業界は売場の面を抑えた者の勝ち。果たして後発でどこまで売場を攻略できるかがポイントになってくると思います。

あくまでも商品の良さを消費者に売り込んでいくのか、リスクを承知でサイズとカラーのバリエーションを増やしていくのか。大変興味深いところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク