『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売のお知らせ
スポンサーリンク

絵本の収納にも最適!ファイルボックスでお片づけの英才教育

お片づけブログメディア”cataso(カタソ)”に収納マンの新しい記事がアップされましたのでお知らせします。

”子供が絵本を片づけてくれない?だったらそこはファイルボックスの出番でしょ!”

 

この記事の中で登場しているファイルボックスはナカバヤシのキャパティE4ファイルボックスですが、カラーボックスを縦置きしたり、小さな絵本を収納するにはちょっと大きすぎて使いにくいと思います。そんなときはA4サイズではなくA5サイズのファイルボックスを使うと良いですね。100円ショップでもたまに売ってます。

 

あと、見た目にこだわりたい方には無印良品のファイルボックスがオススメ。スタンダードタイプは内寸が10cmもないので一般的にはワイド(内寸14cm)のほうがオススメです。


たかがファイルボックス、されどファイルボックス。ファイルを入れるのに最適化されたサイズのただのポリプロピレン製の箱ですが、そういうシンプルなものだからこそいろんな用途に使うことが可能です。

私ごとですが、小学生の娘にファイルボックスを与えたら、どうやったら机の上や棚の中が片づけやすいかを自分で考え、ちょくちょく配置を変えてみては使い勝手を試しているようです。息子はまだオモチャを放り込んでいるだけですが、彼もそのうちに机の上などで使うことになるでしょう。

幼児から大人まで使えて、お片づけの英才教育(?)にも役立つファイルボックス。まだ十分活用したことがない方は是非おひとついかがでしょうか?

コメント