スポンサーリンク

横連結できるって意外と画期的!グリーンパル「タテヨコ自在収納ボックス」

ポリプロピレン製のチェストなんてどれも同じだと思っていませんか?

もっとも、私もホームセンターの売場を見ているとどれも似たようなものばかりだと感じるときがあります。毎日使うものですから天馬のフィッツプラスさえあれば基本的にOKですし、それでも予算のこともありますから次点として無印良品のポリプロピレン収納ケースさえあれば十分だと思います。

安いものは他にもいっぱいあります。けれども、そういうのは引出しの開閉がスムーズではないし、上にモノを乗せたら天板がたわみやすいし、見た目にもあまり美しくありません。毎日使うものですから、やっぱり少し良いものを使っていただきたいですね。

 

グリーンパル・タテヨコ自在収納ボックス キャスター付き

ともあれ、安物のポリプロピレン製のチェストにも、微妙なサイズの違いだったり、少し変わったところを見つけることがあります。グリーンパルの「タテヨコ自在収納ボックス キャスター付き」もパッと見た目はただの安物PPチェストですが、縦横に自在に連結できるという珍しい特徴があります。

縦方向の連結は、キャスターを外して積み重ねるだけなので、これはあまり感心しません。上に重ねたチェストが倒れてきて頭に当たったとしても重大事故にはつながらないとは思いますが、もう少し転倒防止に配慮すべきだと思います。

付属の連結パーツで横方向に並べて連結

一方の横連結については、付属の連結パーツでフレームを固定するだけというシンプルなものですが、これが実に画期的だと思うのです。少なくとも私は他にこういう機能があるポリプロピレン製チェストを見たことがありません。

横方向に並べて連結できると何が良いかというと、まず並べたときにすき間ができません。見た目が良いだけでなく、ちょっとした弾みでズレることも少なくなります。

また、それよりもメリットと言えることは、横揺れしにくく引出しが少しでもスムーズに開閉しやすくなります。私はまだ実物を見ていないのであくまで理屈上の話ですけど、チェスト単品で使うよりも引出しがスムーズに開くならストレスなく使うことができるはずです。

もっとも、天馬のフィッツプラスは単品で使っても横揺れしないくらいに丈夫なので、別に横連結できる必要はありません。けれども、無印良品のポリプロピレン収納ケースのような1段タイプの引出しや安物のPPチェストであれば、横に連結できたら良いのになと思いました。

 

ちなみにグリーンパルっていうメーカーは一般的にあまり馴染みがないと思いますが、一部のホームセンターでポリプロピレン製の引出式衣装ケースやバスケットなどを見ることがあります。

ただ、ホームページすらなく、新潟県にある家庭用品などを作っているメーカーということしか分かりません。ホームセンターでの実績も確かとまでは言えず、せっかく横連結できて便利なチェストも追加購入できるかどうかは定かではありません。

そのように考えると、ポリプロピレン製チェストのようなものはやはり実績がある天馬や無印良品などのものを買うのが安心だと思います。

関連記事

一人暮らしにはどっちがオススメ?引出式衣装ケースvsワイドチェスト
引出式衣装ケースとワイドチェスト、一人暮らしにはどっちがオススメでしょうか。引出式衣装ケースのほうが引越しの際にそのまま運べて便利ですし、レイアウトの変更も容易で、クローゼットや押入れの中に収めることもできます。チェストは天板が丈夫、見た目が良い、下着や洋服を出し入れしやすいなどのメリットがあります。
え?これ本当にプラスチック?まるで天然木に見える木目調プラチェストが続々登場
フィッツケースでお馴染みの天馬から、「フェミーネ・木目チェスト」が発売されました。パッと見た感じは天然木でできているように見えますが、引出しの前板に木目調のプリントを施したプラスチック製のチェストなのです。 こういう新しい取り...
IKEAのMALMチェストが北米で死亡事故&中国でもリコールへ!日本ではどうなの?
IKEAの「MALM(マルム)チェスト」が北米で死亡事故を起こし、中国ではリコールを求められています。日本ではどうなのかというと、イケア・ジャパンは「日本でのたんすとしての基準を満たしており、事故の報告も受けておらず、日本でリコールを実施する予定はない」と述べています。
ポリプロピレン製チェスト【徹底比較】ニトリvs無印良品vsアイリスオーヤマvs天馬
ニトリ、無印良品、アイリスオーヤマ、天馬のポリプロピレン製チェストを徹底比較してみました。価格重視ならニトリ、無印良品好きなら、ポリプロピレン収納ケース、アイリスオーヤマのフレンチテイストのデザインウッドトップチェストも良いし、もっとも理想的なのは天馬のフィッツプラス。

コメント