『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中
スポンサーリンク

無印良品vs東京インテリアvsPL!ステンレスワイヤーバスケット比較

東京インテリア家具大阪本店がオープンしてから早くも1ヶ月。昨日もテレビで紹介されていたそうですが、まだまだホットなスポットなようで、さすがにオープン直後ほどではありませんが、平日でもお客さんがたくさん入っています。

大阪本店に続き、今年の夏にはIKEA神戸ストアの南側に神戸店のオープンが控えているそうです(店内に掲示がありました)。当初は3月、最近は5月オープンと専らのウワサでしたけど、今年の夏は東京インテリア家具がアツイですね~。

それはともかく、今回また東京インテリア家具大阪本店に私が足を運んだ理由は、先日店頭で見たステンレスワイヤーバスケットを改めてよく見たいと思ったからです。帰ってからふと気付いたんですよ。「あれって無印良品のに似てたなー」って。

改めて東京インテリア家具のステンレスワイヤーバスケットをよく見てきましたので、今回は無印良品との違いを比較してみたいと思います。

 

無印良品・18ー8ステンレスワイヤーバスケット

まず、無印良品のステンレスワイヤーバスケットを基本として見てみましょう。持ち手部分を内側に向けると、スタッキングできるようになっていることが大きな特徴です。サイズは7つあり、価格は税込1,700円から4,900円です。

東京インテリア家具・ステンレスバスケット

写真がなくてスイマセン。ただ、パッと見た目の形は無印良品とほぼ同様で、ディテールの違いで言うと「POSH LIVING(ポッシュリビング)」というメーカーのスタッキングバスケットに似ています。

より具体的に言うと、無印良品との違いは4隅にあります。無印良品のステンレスワイヤーバスケットは4隅にもワイヤーが張られていますが、東京インテリア家具のほうは4隅にワイヤーが張られておらず、十字型の焼き網の4辺を立ち上げて作ったような形状です。

また、東京インテリア家具のステンレスバスケットも十分頑丈ですけど、無印良品に比べるとちょっとチープさがあります。なお、無印良品も東京インテリア家具もポッシュリビングも中国製。東京インテリア家具のものは関連会社のティ・アイ・アイの取扱いです。

 

無印良品vs東京インテリアvsPL 比較

では、無印良品のステンレスワイヤーバスケットを基準として、東京インテリア家具とポッシュリビングのものを、サイズと価格で比較してみましょう。

無印良品東京インテリアポッシュリビング
バスケット1
260×180×180
1,690円
63393
290×180×185
1,080円
バスケット2
370×260×80
1,990円
IF SK14137 S
368×260×84
1,680円
63394
410×250×85
1,296円
バスケット3
370×260×120
2,290円
IF SK14138 M
368×260×124
1,980円
63395
410×250×125
584円
バスケット4
370×260×180
2,590円
IF SK14139 L
368×260×181
2,380円
63396
415×250×185
1,728円
バスケット5
370×260×240
2,890円
63397
420×255×260
893円
バスケット6
510×370×180
3,890円
63398
550×390×185
2,841円
バスケット7
510×370×240
4,890円
63399
555×390×255
2,974円

※上段:品番、中段:サイズは幅×奥行×高さmm、下段:価格は税込(2018/07/06-12現在のものに修正)

こうして比較してみると、東京インテリア家具のは3つしかサイズがないんですけど、ポッシュリビングは完全に無印良品を意識しているようで、ラインナップが揃っています。

また、東京インテリア家具のは無印良品よりもほんの少し安いくらいで、敢えて東京インテリア家具のほうを選ぶ理由は感じないのですが、ポッシュリビングのはいずれも無印良品より約35%安くなっています(記事執筆当初と比較してアマゾンでの価格は変動しています。また、無印良品の価格も概ね10円ずつ下がっています。…2018/07/12修正)。

ただ、無印良品のユニットシェルフに置くことを考えると、無印良品のステンレスワイヤーバスケットはちょうど良いサイズですし、一般的なカラーボックスにも収まりやすいサイズと言えます(バスケット1~5番)。一方、ポッシュリビングのスタッキングバスケットはルミナスラックなどの奥行に合うサイズと言えるでしょう。

でもまあ、これくらいの価格差なら、無印良品のほうが無難かと思いますね。あとで買い足すときのことを考えても、「無印に定番なし」とは言え、東京インテリア家具やポッシュリビングよりは無印良品のほうが信用できそうです。

 

ちなみに、東京インテリア家具大阪本店ではMサイズが売り切れになっていました。また入荷するとは思うんですけど、やっぱりこのくらいのサイズが一番売れるんでしょうね。

実は私が買おうと思っていたのもこのサイズで、でもこうやって冷静に比較したらやっぱり無印良品のほうが無難だと思いました。価格差を少しでも埋めるため、無印良品週間が終わるまでに買いにいこうと思います(笑)

関連記事

関西初上陸!「東京インテリア家具大阪本店」に行ってきました
関西初上陸となる東京インテリア家具の大阪本店に行ってきました。IKEA大阪鶴浜ストアの北隣。幕張店や名古屋店同様の大型店ですが、大阪人に合わせ、またイケアの横ということもあって、低価格帯が多めの印象です。雑貨や組立式家具も充実しています。
「東京インテリア家具大阪本店」は家具や雑貨以外にも見どころ満載!
前回は東京インテリア家具大阪本店の家具や雑貨の売場についてレポートしました。今回はそういった家具屋本来の魅力とはちょっと違う側面についてレポートしたいと思います。 ホテルのラウンジのような「MOAカフェ」 出典:東京イン...
ニトリvs東京インテリア家具!カラーボックス用「天然木突板収納BOX」比較
カラーボックス用の収納BOXと一言で言っても、様々な素材、サイズのものがあります。 もっとも一般的なのはプラスチック製。価格が手頃で丈夫です。次に多いのが布を使ったものでしょう。プラスチック製だと単調で安っぽく見えますが、布製だと素材...
IKEAの引出式衣装ケース「JIRRE(ジッレ)」を無印良品のポリプロピレン収納と比較
日本のホームセンターにはあって、IKEA(イケア)にはなかった商品。それはポリプロピレン製の引出式衣装ケースです。しかし今年の4月か5月になって追加されました。それが「JIRRE(ジッレ)」です。 今回はIKEAのジッレを無印良品のポ...

コメント