『IKEAカタログ2017』が自宅に届いた!気になる収納グッズの新商品をピックアップ

IKEAカタログ2017

昨日、IKEA(イケア)の2017年度版カタログが自宅に届きました。IKEAから届くメルマガで新しいカタログが発刊されることは知っておりましたが、まさか自宅に届くとは思っておらず驚きました。IKEA神戸のオープン当時に会員登録して以来、初めてのことではないかと思います。

最近はリコール続きで、「低価格で高品質」と謳えば謳うほど虚しさを感じさせるIKEA。世間でも「飽きた」という声もちらほら聞きますし、安い商品はごく一部でそれ以外は別に安くないことがバレ始めて、日本国内での成長に急ブレーキが掛かってきたのでしょうか。急にカタログなんか送ってくるもんだから、そんな勘繰りをしてしまいました(笑)

それはともかくとして、せっかくIKEAが届けてくれた2017年度版カタログから、気になった収納グッズの新商品をいくつかピックアップしてみたいと思います。



FLISAT(フリサット)おもちゃ収納キャスター付き

まず最初に紹介するのは「FLISAT(フリサット)おもちゃ収納キャスター付き」。大型のキャスターが付いたオモチャ箱なんて今どき珍しくもないですし、3,999円という価格も主材がパイン材であることを考えれば安いということもありません。

ただ、素直にシンプルでカワイイと思えるデザインが素敵です。TROFAST(トロファスト)の収納ボックスを組み合わせて使えるというのもナイス。ただの深いコンテナボックスを2段使いにできて、細かいおもちゃや工具を収納するにも便利です。

同じFLISATシリーズの子供用テーブルや子供用スツールも素敵なデザインだと思います。ドールハウスを兼ねたウォールシェルフも同様です。ただ、いずれも材質と品質を考えれば安いとは思えませんが。

DRAGET(ドラーゲ)シェルフユニット

IKEA・DRAGET(ドラーゲ)シェルフユニット出典:IKEA

お次は「DRAGET(ドラーゲ)シェルフユニット」。こちらも価格は3,999円で、スチール製のシェルフです。サイズはW600×D300×H1400mm。

棚板の裏側に衝撃緩衝材を貼ってあるのでモノを置くときの音が気にならないという付加価値が付いたシェルフです。実際の効果のほどはともかくとしても、このデザインでこのサイズでこのくらいの価格であれば悪くないと思います。

SLÄKTING(スレクティング)ボックス

いきなり最後になりますが、「SLÄKTING(スレクティング)ボックス」SKUBB(スクッブ)ボックスのデザインをちょっと変えたような感じのものです。違いはスレクティングは前面がメッシュになっていて中身が見えるということと、持ち手がハンドル状ではなくツマミになっていること。ラインナップは似ていますが、サイズは微妙に異なります。価格もちょっと高めです。

でもまあ、定番のスクッブに姉妹商品が増えて選択肢が広がったことは良いことだと思います。IKEAの家具は安心して買えませんが、雑貨ならある程度気軽に買えますものね。

2017年版のIKEAのカタログを隅から隅まで見て改めて思ったことは、素直に安いと思える商品はごく一部で、ほとんどが逆に割高感を感じるということです。その感触は、ここ数年、木材価格が高騰しているのとリンクしているように思います。実際、スチールや樹脂系の商品はあまり割高感を感じない一方、木質系の家具はすごく割高感を感じます。また、今は1ドル=100円前後と円高傾向ですが、一時の円安の影響を残したままであるようにも感じます。

振り返ってみると、1年前にIKEAの2016年版カタログが発刊されたときも同じようなことを言っておりましたが、どうもこのあたりが低価格を打ち出し続けて持続的に成長を続けているニトリとの決定的違いであるように思います。品質向上、円高還元、サービス向上など、IKEAは課題が山積みですねー。

【関連記事】

スポンサーリンク
スポンサーリンク