『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売のお知らせ
スポンサーリンク

IKEAのGERSBY&FINNBYの兄弟分?「EGGBY(エッグビー)」が激安1,990円!

IKEAの定番書棚と言えば「BILLY(ビリー)」。そしてビリーよりも安くて全段固定棚の「GERSBY(ゲルスビー)」、そしてその中間の価格で可動棚を備えた「FINNBY(フィンビー)」があるということは以前にもお伝えしました。

【関連】IKEAで本棚を買うなら「BILLY」より激安の「GERSBY」がオススメな理由

いずれも品質はさておき価格は非常にお手頃でいかにもIKEAらしい商品だとは思うのですが、それらの兄弟分とも言える「EGGBY(エッグビー)」が期間限定ながら、なんと1,990円という激安価格で販売中です。



IKEA・EGGBY(エッグビー)が1990円!

IKEAの「EGGBY(エッグビー)」は既にIKEAのホームページから削除されていることから、今回の激安販売は処分品特価であると考えられます。通常販売価格が9,990円でしたので、1,990円というのは実に約8割引きということになります。

私が見たのはIKEA神戸ストアでしたので、他の店舗でも扱われているかどうかは分かりません。前述の通り、既にホームページからも削除されていますので、各店舗の在庫状況も確認不能な状態です。

なお、販売期間は4月27日から5月7日までとなっていますので、チャンスは明日以降の残り3日間です。

 

案外、飛びつくほどのことではないかも?

「約8割引き」、「残り3日」などと煽るようなことを言っておきながらこんなことを言うのもなんですが、冷静に考えるとエッグビーは飛びついて買うほどではないかもしれません。

エッグビーは名前こそゲルスビーやフィンビーに似ていますが、サイズが違います。ゲルスビーとフィンビーは幅60×奥行24×高さ180cm。対してエッグビーは幅75×奥行き29×高さ147cmで、幅と奥行が長くて高さが低くなっています。設置する場所によって家具に求める寸法はもちろん異なると思いますが、安いからと言ってサイズが理想的でない家具を買うことはないでしょう。

それよりも重要なのは、エッグビーの棚割りが特殊であることです。エッグビーの一番大きいマスは映画のパンフレットを収めるならちょうど良いのかもしれませんが、一般的な雑誌のサイズよりも高さがあるため、ちょっと使いにくそうです。

エッグビーは横向きにして使うことも可能です。その場合はCDくらいならズラッと並べられるんじゃないかと思いますが、それにしては奥行が深すぎます。

また、そもそもエッグビーは元々の価格にも疑問があります。単純に使われている板の枚数から言えばゲルスビーの3倍程度の価格であることは理解できますが、製品重量から言えばエッグビーの価格設定はゲルスビーに比べて割高感があると言えます。なお、エッグビーの材質は基本的に、ゲルスビーやフィンビーと同様にパーティクルボードのフォイル貼りです。

 

つまるところ、収めたいモノがエッグビーにちょうど合うなら「買い」かもしれませんが、安いからと言って飛びついてしまうと「安物買いの銭失い」になりかねません。

幅方向に5分割ではなく3分割であれば飾り棚として使うこともできてもう少し汎用性があったんじゃないかと思いますけど、この構造では本を収納する以外に使い道がありませんからねー。色も一般的にはちょっと難しいと感じます。

おそらくは縦横どちらの向きでも使えるという「コロンブスの卵」的発想から命名されたと思われるエッグビーではありますが、縦にしても横にしても使いにくいという考えに至らなかったのは残念でしたね(苦笑)

 

【関連記事】

コメント