『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売のお知らせ
スポンサーリンク

カラーボックスで小物を収納するのにピッタリかも?IKEAの「SOCKERBITボックス」

今までにもカラーボックスで小物を収納するのに便利なIKEAの収納グッズをいくつか紹介して参りました。

しかし、IKEAの新商品「SOCKERBITボックス」は、今までに紹介したものよりも使えるアイテムと言えるかもしれません。

 

IKEA・SOCKERBITボックス

IKEAの「SOCKERBITボックス」のサイズはW19×D26×H15cmですので、一般的な3段カラーボックスを縦置きにした場合に、1段あたり2つ並べることができます。奥行はもちろんピッタリサイズで、まるでカラーボックス用に作られたようなサイズです。

SOCKERBITボックスがカラーボックスでの小物の収納に向いているというのは、サイズだけでなくその形状にあります。上写真のように手前が浅くなっているため、中身が見やすく、ボックスごと引き出さなくても小物を手に取りやすいのです。

雑多な小物を見せたくない場合は、ボックスを反対向きにすればOK。上写真の向きに置いた状態の奥側のほうが背が高いので、前後を180度回転させてやると中身を隠しやすくなります。

たったそれだけのことと言われればそれまでですし、100円ショップでも似たようなものはありますが、SOCKERBITボックスも税込299円ですから決して高くはありません。デザインもシンプルで、コストパフォーマンスも十分ではないでしょうか。



IKEA・SOCKERBITボックス キャスター&ふた付

IKEAのSOCKERBITシリーズは現在、前述のボックスと、その約8倍の大きさでフタとキャスターが付いた上写真の商品の2つしかありません。

妙な組み合わせだなーと思ったら、元々はいくつかのサイズのフタ付きボックスがあったようです。たまたま生き残ったのがキャスター付きで、そこに新商品がひとつ加わったかたちのようです。

それはともかく、「SOCKERBITボックス キャスター&ふた付」はクローゼットの中にシーズンオフの洋服を収納するのにちょうど良いサイズと言えます。価格は税込2,298円と、IKEAにしては高価だと言えます。

一般的にホームセンターで販売されているクローゼット用収納ボックスが1,000円未満であることを考えるとなおさら高価ですが、こんなに大きなキャスターが付いているものはなかなかお目に掛かれないので、クローゼットの手前側に段差がある場合などは利用価値があると言えるでしょう。ただし、積み重ねて使用するには不向きです。

 

SOCKERBITシリーズだけでなく、IKEAで販売されているポリプロピレン製の収納ボックスはデザインがシンプルなだけでなく、強度もそこそこ期待できます。ただ、無印良品以上に移り変わりが激しいので、よほどのことがない限りは無印良品のポリプロピレン収納で揃えたほうが合理的と言えそうです。

あー、まったく。私はいつから無印良品の回し者のようになってしまったんでしょうか?(苦笑)

 

【関連記事】

コメント