『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中
スポンサーリンク

イケア・TRÄBY(トレービー)収納シリーズが期間限定50%オフ!本当に安いか調べてみた

イケア・TRÄBY/トレービー 50%off

出典:IKEA

イケアのTRÄBY(トレービー)収納シリーズが期間限定(2015年8月6日~8月23日)で50%オフということで、本当に安いか調べてみることにしました。

最近のイケアって、以前ほど安く感じないんですよねー。突板よりもフォイル仕上げ(樹脂フィルム貼り)が増えて、モノの価値から言うと価格は決して安くありません。

イケア長久手店オープンは2016年4月以降?イケアに漂う停滞感
出典:流通ニュース もともと2015年のオープンと言われていたイケア長久手店のオープンが2016年4月以降にズレ込む気配です。直近のニュースによると、下記のように伝えられています。 2016年3月31日にイケア・ジャパン...

そんなわけで、イケアのTRÄBY(トレービー)収納シリーズが半額と言われても、正直そんなに安いとは思えませんでした。しかし、やっぱり突板仕上げではイケアに敵なしでした。

 

イケアのTRÄBY(トレービー)収納シリーズの評価

TRÄBY(トレービー)シェルフユニットの芯材はパーティクルボード、繊維合板(MDF)、ハニカム合板で、表面材はアッシュ突板、仕上げはアクリルラッカー塗装となっています。

アッシュは広葉樹でも決して硬くない部類で、日本では食器棚などに一部使われる程度であまりメジャーとは言えません。見ての通り、あまり木目も美しくないうえに、割りと暴れやすい(変形しやすい)からです。また、アクリルラッカー塗装と言ったら、ホームセンターで一番安く売られているスプレー缶の塗料と同じものです。総じて、突板で木の質感があるとは言え、低級な仕様なのです。

トレービーの基本ユニットとしては、1マス、2マス、4マスのサイズバリエーションと、テレビ収納ユニットがあります。また、扉、引出し、脚のパーツがあります。構造やパーツは同じくイケアのKALLAX(カラックス)シェルフユニットに似ていると言えます。



同じ価格帯ではイケア・トレービーに敵なし

トレービーの奥行39×高さ80×幅80cmサイズの通常価格は7,999円。今回、期間限定で半額の3,999円です。この価格帯で同様の収納家具を探してみたところ、皆目見つけることができませんでした。

その理由はまず、日本の組立家具では表面材が突板のものがほとんど存在しないことが一番大きいです。日本では組立家具=安物家具であって、表面材を突板にしたところで値段が上がるだけで、買い手がなくなるのです。基本的に家具が組立式であるヨーロッパとは価値観が異なるのです。

日本では一般的に表面材が突板の収納家具となると、ほぼもれなく完成品です。完成品になると輸送コストが跳ね上がるため、最低でも倍以上の価格になります

よって、日本では組立家具で表面材が突板のものはほとんど存在せず、イケアの一人勝ちとなります。また、組立家具と完成品では価格に2倍以上の差が生じますから、価格の面でもイケアの向うところ敵なしなのです。

 

無印良品・組み合わせて使える木製収納・本体・ロータイプ

無印良品・組み合わせて使える木製収納・本体・ロータイプ

出典:無印良品

具体的に、いくつかの収納家具と比較してみましょう。まず無印良品の「組み合わせて使える木製収納・本体・ロータイプ」は完成品で、表面材はタモ突板です。サイズは前述のトレービーとだいたい同じですが、価格は税込24,000円。アッシュよりもタモのほうが一般的に上級の木材ですし、完成品でしっかりしており、棚板は可動式で使い勝手も良いのですが、単純に価格で比較すると、トレービーの通常価格と比べても約4倍となります。

 

ニトリ・ナチュラルモダンキャビネットW(CE9090 NA)

ニトリ・ナチュラルモダンキャビネットW(CE9090 NA)

出典:ニトリ

ニトリはどうでしょうか。比較的サイズや構造が近いナチュラルモダンキャビネットW(CE9090 NA)という商品は、完成品で、表面材がプリント紙で、価格は税込13,800円。扉や棚板や脚が付いているとは言え、トレービーの通常価格の倍程度、無印良品の半額程度です。決してニトリが高いというわけではなく、やっぱり組立家具は安いということだと思います。

 

収納ボックス LYCKA BOX(リュカボックス)

トレービーには1マスタイプもありますが、これだったらいくらか勝負になりそうです。メーカー不詳の収納ボックス LYCKA BOX(リュカボックス)は、組立家具で、表面材はメラミン樹脂シート。価格は税込2,980円です。これはトレービーの1マスタイプの通常価格3,999円より安く、半額の1,999円よりは高い価格です。

リュカボックスの表面材は天然木の突板ではなくメラミン樹脂シートで、塗装工程が必要ないため手間が少なくて済みますが、おそらく材料自体はアッシュ突板よりもコストが高いのではないかと思います。全体の寸法はちょっと違いますが、可動式の棚も1枚付いていますし、なかなかトレービーと良い勝負をしているんじゃないかと思います。

 

まあつまるところ、いくら最近のイケアにあまり割安感がないとは言え、こんな風に寄ってたかって勝負を挑まないことにはライバルと言えるような商品を見つけることが難しいのが現状です。

それでも、最近のイケアの収納家具は決して安くないことも事実です。今回紹介したトレービーの半額キャンペーンはかなりお買い得だと思いますが、その他は本当に良いか悪いか、安いか高いか、じっくり吟味して選ぶ必要があると言えるでしょう。

関連記事

IKEAの「TRÄBYシェルフユニット」が販売終了につき2999円!KALLAXと比較してみた
IKEAの「TRÄBYシェルフユニット」が販売終了につき2999円という激安価格になっています。KALLAXと比較してみるとどんな感じか詳しく比較してみました。
フランクフルト後継品?IKEAの新商品「EKET(エーケト)」とKALLAXの違い
IKEAの新商品「EKET(エーケト)」は事実上「BLANKHULT(フランクフルト)」の後継品と考えられます。今回は形状が似ている定番の「KALLAX(カラックス)」との違いを比較してみたいと思います。
トップバリュや東京インテリアより良いかも!「Rectax(レクタックス)」
イオン・トップバリュのオープンシェルフは無印良品の「スタッキングシェルフ」と比較されることがありますが、それよりもエイ・アイ・エス「Rectax(レクタックス)」のほうが良くできていると思います。東京インテリア家具で販売されている「DEE」に似た感じです。
無印良品「組み合わせて使える木製収納」廃番⇒「オーク材薄型ラック」へ
無印良品の「組み合わせて使える木製収納」が廃番となり、代わりに「オーク材薄型ラック」が登場しました。完成品から組立式となり、またスチールの補強がなくなったことで価格を抑えています。一方でラッカー塗装からアクリル塗装にバージョンアップもしました。

コメント