キッチン家電との相性が良さそう!アイリスオーヤマの「アンティークメタルラック」

前回はホームエレクターのウッドシェルフを紹介しましたが、今回もスチールワイヤーラック絡みのネタです。

スチールワイヤーラック御三家ともにカラーバリエーションを揃えていることは周知の通りで、特にアイリスオーヤマとドウシシャは価格が手頃なカラーラックをいくつも販売しています。

そんな中、アイリスオーヤマが昨年秋に発売したアンティークメタルラックの色合いがなかなか素敵なのです。



アイリスオーヤマ・アンティークメタルラック



アイリスオーヤマのアンティークメタルラックは、ストーンブラウン、ワインレッド、シャンパンゴールドの3色が揃っています。ストーンブラウンは知らない間に廃番になったルミナス・ブロンズ・シリーズに似ていて新鮮味がないのですが、ワインレッドとシャンパンゴールドの色合いがとても素敵なんです。

キッチン家電でも、ワインレッドやシャンパンゴールドのものって結構よく目につくじゃないですか。先日我が家で購入した東芝の掃除機もワインレッドでした。

メタルラック系のギンギラした雰囲気ってどうしても好きになれない人って結構多いと思うんですよね。かと言って、今までのカラーラックはほとんどがカジュアルなカラーリングばかりで、「これじゃない」感が強かったと思うんです。でも炊飯器や電気ポットを置く場所が欲しいと考えたときに、「あ、ウチの炊飯器と同じ色だ」と思ったら、抵抗なく買えてしまうこともあるのではないでしょうか。

お手頃価格なのに高級感がある!

私が家具メーカーに勤めていたとき、得意先の家具店で応援販売をすることが多かったんですけど、店頭に立ってお客様に「どんな家具をお探しですか?」と声を掛けると、「安くて見栄えが良いやつ―」なんて言われることがしばしばありました。内心、「ざけんなコノヤロー」と思ったことはさておき(笑)、アンティークメタルラックはまさしく安くて見栄えの良い収納家具だと言えるのではないかと思います。

私が見たのは島忠ホームズで、3段タイプの価格は税込3,980円でした。3段カラーボックスに比べれば高価ですけど、棚板1枚あたりの耐荷重が50kgで、キャスターが付いていて、モノの大きさに合わせて自由に棚板の高さを変えられるわけですから、おねだん以上の価値はあると思います。

そしてやっぱりこの色ですよ。特にワインレッドとシャンパンゴールド。私は決してメタルラックのギンギラギンがキライなわけではないですけど、アンティークメタルラックは本当に一目惚れしてしまう上品な色合いなのです。19mmシリーズだけと言わず、25mmシリーズにも展開して欲しいほどに素敵な色合いなのです。

現状、アイリスオーヤマもドウシシャも、カラーラックの色の選定は手こずっているようで、なかなか定着せず半ば期間限定商品のようになってしまっています。ドウシシャも売り切れなかったブロンズカラーにアイリスオーヤマが挑戦しても難しいと思いますし、ワインレッドもシャンパンゴールドもやはり定着させるのは難しいんじゃないかと思います。

でも、繰り返しますが、アンティークメタルラックは本当に一目惚れしてしまう上品な色合いです。最近はどっちを向いてもブラウン色の収納グッズばかり増えてしまった印象がありますから、これらの新色がうまく軌道に乗ってくれれば良いなーと願うばかりです。

【関連記事】

スポンサーリンク
スポンサーリンク