複数のバッグの使い分けや中身の収納に!リヒトラブ・バッグインバッグA5 A7553

お片づけブログメディア”cataso(カタソ)”に収納マンの新しい記事が公開されましたのでお知らせします。

”お財布パンパンの人必見!「マルチノートカバー」でカードやメモの管理が楽になる”

今回の記事はともすればレイメイ藤井によるPR記事のように見えるかもしれませんが、もちろんそういう形式ではございません(笑)普段から個人的に愛用しておりますレイメイ藤井のダブルファスナーマルチカバーノートA5の素晴らしさ、ポイントカードなどを手帳とセットにするメリットについて、お伝えしたにすぎません。

しかしこのマルチカバーノートも完璧とは言えないのです。私の使い方ですと、お財布はすっきりスリムですが、マルチカバーノートのほうは結構パンパンです(苦笑)そういうこともあり、またタブレット端末は頻繁に出し入れするため、最近はタブレットはマルチカバーノートに入れずに別々にしてカバンに入れて持ち歩くことが多いです。

なので実質的には何も問題はないんですが、やっぱり私としては日々改善をしていきたいわけで。リヒトラブのバッグインバッグA7553-6黄緑A5の鮮やかな色に一目ぼれして購入してしまいました。



リヒトラブ・バッグインバッグA5 A7553

リヒトラブ・バッグインバッグA5 A7553

某日、アマゾンにて41%引きの635円にて購入。素材はポリエステル、と言ってもソフトな感触ではなくナイロンっぽい丈夫さを感じます。

全体に薄いウレタンスポンジが仕込まれており、緩衝剤の役割をしています。7インチ程度のタブレット端末の収納には最適ですね。ファスナーはメーカー不詳ですが十分にしっかりしており、開閉もスムーズです。

サイズはレイメイ藤井のマルチカバーノートよりも縦横ともに2cmずつほど大きいです。

カードや名刺などが出し入れしやすい!

リヒトラブのバッグインバッグにカード類を入れてみた

早速、レイメイ藤井のマルチカバーノートからリヒトラブのバッグインバッグに引越しを開始します。分かりやすいようにカードや名刺入れなどの頭を少し出していますが、いずれもちゃんと全体が収まります。また、手前の2つの小ポケットにはフタが付いていますが、分かりやすいように後ろに回しています。

カード、名刺入れ、4色ボールペンなど、いずれも非常に出し入れがしやすい状態で収めることができました。容量的にも余裕で入ります。お財布パンパン状態を卒業してカード入れとして使うなら、むしろこちらのほうが良いと思いました。

ただ困ったのが、予備の鍵。今まではマルチカバーノートの表紙のファスナー付きポケットに入れていたんですが、バッグインバッグにはこれを入れるところがないんです。カード類と一緒のところならフタがありますが、カードの出し入れの際に落としてしまいそう。かと言ってフタのないところはもっと危険。私がマルチカバーノートに代えてバッグインバッグを使うなら、予備の鍵の収納場所は別のところにしないといけません。

やっぱりバッグインバッグはノートカバーじゃない!

リヒトラブのバッグインバッグに7インチタブレットとノートを入れてみた

お次は本体ポケットを開いて、7インチタブレット(Nexus7 2012)とA5ノートを入れてみました。サイズがレイメイ藤井のものより一回り大きいので、ゆったりと収めることができます。

ただ、レイメイ藤井のマルチカバーノートには表紙に厚紙のようなものが入っていてしっかりしているんですが、リヒトラブのバッグインバッグはふにゃふにゃです。そのため、車に座った状態で膝の上で広げてノートに記入するのには適しません。

ま、これはバッグインバッグであってノートカバーじゃないんだから当たり前なんですけどね…。それは最初から分かり切っていたことで、私はこれを何とか改造してノートカバーのように使ってやろうと思っていたんですが、ちょっと改造が難しそうなのでやめました。というわけで、今回は引越しをやめて古巣のマルチカバーノートに戻ることと相成りました(苦笑)

ともあれ、リヒトラブのバッグインバッグはなかなか素敵だと思います。ノートカバーのように見開きで使うのには適しませんが、バッグの中の収納にはとても便利だと思います。また、複数のバッグを使い分ける場合に一式セットで簡単にバッグの中身を入れ替えることもできます

何より、コストパフォーマンスが良いです。そして、他のリヒトラブの文房具同様に、デザインもなかなか素敵です。今回、私はノートカバーとしては使えませんでしたが、バッグインバッグとしては皆様に是非オススメしたい商品です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク