『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売のお知らせ
スポンサーリンク

実質1枚99円!?サイズアウトした子供服を引き取って交換してくれるサービス登場

子供の成長って本当に早いですよね。我が家では中学生の娘はもちろん、小学5年生の息子も妻の身長を超えてしまいました。

妻のお下がりを娘が着れていたのは一瞬のことで、最近は娘が着ないと言った洋服を妻が着ようと思っても大きすぎて無理という事態が発生。今のところ私の身長を超える心配はなさそうですが、未だすくすくと成長中です(笑)

ともあれ、それだけすくすくと成長すると、洋服の買い替え頻度がハイペースです。毎年買ってはサイズアウトしたものを友人に譲っています。

息子のお下がりを息子の友達が着るということも多いんですけど(苦笑)、スポーツウェアなんかは特に1年くらいでは傷まないですからね。かなり程度が良い状態で譲ることができます。

しかし、それができるのも妻がうまく友人関係を築いてくれているおかげです。妻のおかげでサイズアウトした洋服の引き取り手が確保できています。もし私だったらこれほどうまく回せていたかと改めて思うわけですが、このたびリニューアルした「Lynks(リンクス」のサービスを利用すればもうそんな心配は必要なくなるかもしれません。

 

こども服の物々交換「Lynks」とは

こども服の物々交換 Lynks

出典:PR TIMES

子供服の物々交換サービスを提供する「Lynks(リンクス)」のサービスは、不要品処分の観点から説明すると、サイズアウトした子供服を送ると、代わりにこれから着るサイズの子供服を送ってくれるというサービスです。

これってめちゃ助かりますよね!まだ着れる子供服を処分するのは心苦しく、タダでも良いから引き取って欲しいという気持ちになります。ですから、まずはその気持ち悪さを解消してくれるわけです。

おまけに、これから着るサイズの子供服を送ってくれるなんてありがたいじゃないですか!しかし、さすがにタダというわけではなくて1,980円の費用が発生します。その代わりと言うのもナンですが、最大20着まで代わりの子供服をもらえるので、1,980円÷最大20着=1枚あたり99円という計算です。こちらが送ったのと同様に新品ではなく古着ですけど、どれが良いかはちゃんと選ぶことができます。



リンクスのサービスの流れ

  1. サイトから好きな服を選ぶ
  2. 選んだ服が2~3日で家に届く
  3. 交換する服を入れて返送

先ほどは”不要品処分の観点から”説明したので、サイズアウトした子供服を送る代わりにこれから着るサイズの子供服を送ってくれると紹介しました。しかし、その説明は正確ではありません。先にこれから着るサイズの子供服を選んで届けてもらってからサイズアウトした子供服をこちらから送るのです。

なんですか、この性善説に基づいたサービス設計は!確かに、その逆だったらまずサイズアウトした子供服を収める袋や箱を用意しなければなりませんので、先に希望する子供服を返送用の袋と一緒に届けてもらったほうが合理的です。また、子供服を送ってから欲しい子供服を探してみたら、思うようなものがなかった…という事態も防ぐことができます。

もう1点、性善説だなーと思ったのが、送っても問題ない子供服の基準です。

「次に誰かがこの洋服を着てくれる。送った服が交換品としてサイトに掲載される。自分だったらこれが届いたら嫌だな・・」というお気持ちで選んでいただけると大丈夫かと思います。

実際にはもうちょっと細かい決まりごとがあるものの、良い感じにアバウトなんですよねー。まるで野菜の無人販売所のような、心が豊かになれる設計だと思いました。

 

普通にかわいい子供服がいっぱい!

Lynksホームページ・スクリーンショット

出典:Lynks

でもまあ、お金を払う以上、欲しい子供服がないといけません。しかし、これが予想に反してカワイイ子供服がいっぱいあるのです!

ウチの息子が着るような160サイズはないですけど、たとえば110サイズの男子だと300件以上がヒットしました(2019/01/17現在)。1,980円÷最大20着=1枚あたり99円と考えれば、十分すぎるくらいのグレードとボリュームと言えるのではないでしょうか。

あ、ちなみにこちらから子供服を発送する費用は負担する必要があるので、その費用も考えると(1,000円くらいと考えて)1枚あたり150円くらいという計算になります。

 

リンクスではもともと、不要な子供服を買い取って再販するというビジネスモデルだったそうです。それがリニューアルされて、子供服を買い取って売るビジネスから、子供服の物々交換をサポートする手数料ビジネスに移行したわけですね。

消費者としても、1枚10円単位でシビアに買い叩かれるよりも、持ってけドロボーという気持ちで引き取ってもらったほうが楽です。また、新品の子供服を買うように選べる楽しさもあり、しかも価格が手頃なので助かります。

しかし、この性善説に立った仕組みは本当に良いですねー。大人の洋服でも展開してくれないものでしょうか?買ったものの、イマイチしっくりこないままタンスの肥やしになりつつある洋服が何枚かあるのですが…。

関連記事

「INED」の洋服が下取りでシェアされる!「シェアクローゼット」開始
月額制ファッションレンタルサービスを提供するエアークローゼットが、アパレル店に持ち込まれた古着を下取りしてレンタルする「シェアクローゼット」の提供を開始しました。第1弾はINEDなどを展開するフランドルの対象6店舗で実施されます。
「セカンドストリート」にジャケットを売りに行ったらトホホな結果に…
「セカンドストリート」にジャケットを売りに行ったらトホホな結果に…。やっぱり洋服はシーズン前にフリマアプリで売るのが得策かもしれません。
ちょっと意外!?メルカリ活況でも中古品売買の経験は低調に推移
フリマアプリのメルカリの活況が伝えられる一方で、中古品売買の経験は低調に推移していることが明らかになりました。売却経験のあるモノの上位3ジャンルは、書籍・コミック・雑誌、衣服、CD・レコード。売買ともに今もリサイクルショップが主流だそうです。
レンタルより現実的!?「グリニッチ」が家具購入5年後に半値で買い取るサービスを開始
東京は代官山と鳥取県米子市に店舗を置く「グリニッチ」が北欧ビンテージ家具の購入5年後に半値で買い取るサービスを開始しました。レンタルよりは現実的だと思いますが、やはり送料負担や張地の貼り替えなどのコストを考えると難しさを感じます。

コメント