『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売のお知らせ
スポンサーリンク

【収納間取り診断】初の1LDK!「ウォークスルークローゼット」付きのいい部屋ネ!?

今回の「収納間取り診断」は、読者のはるかさんのリクエストで、初の1LDKを取り上げたいと思います。いつもは3LDK以上がほとんどですからねー。どうしても部屋数が少ないと間取りがワンパターンになりがちなもので。

ところが今回取り上げる大東建託の1LDKの間取りには驚きました。なんと「ウォークスルークローゼット」付きなのです!ウォークインでもドライブスルーでもありません。ウォークスルーです。

果たしてどんな間取りなのか、早速ムーンウォークでもしながら見てみましょう。皆様もスルーされることなく最後までご覧ください(笑)



大東建託の賃貸集合住宅(1LDK/愛知県西尾市)

大東建託の賃貸集合住宅・1LDK・愛知県西尾市

  • 家賃=5.6万円、管理費・共益費=0.35万円
  • 敷金=無料、礼金=無料
  • 間取り=1LDK、専有面積=47.18平米
  • 築年月日=2014年09月、建物構造=木造
  • 物件詳細はコチラ(画像あり)

ぶっちゃけ、この間取りを最初に見たときは「なんでこんなにけったいな…」と思いました。1LDKという決して広くはない間取りであるにもかかわらず、玄関からLDK、洋室からキッチン、ウォークスルークローゼットから物入まで、計3本の通路があるのです。キッチン自体もウォークスルーできますので、それも含めると計4本の通路と言うこともできます。

ただ、はるかさんのシミュレーションを聞くとなるほど納得なのです。家に帰ったらまず洋室にバッグを置いて着替え。脱いだ洋服はウォークスルークローゼットまたは洗濯機へ。そうしてキッチンに移動してご飯の支度。そうすると、バッグや洋服でリビングダイニングが散らかることもありません。さらに、洗濯物をベランダで干し、取り入れてリビングで畳み、ウォークスルークローゼットに片づけに行く流れもスムーズです。お風呂に入ろうとしてから下着の用意を忘れたことに気づいてもすぐに取りに行けちゃいますね。

確かに納得なのですが、やっぱり無駄な通路は極力減らしたい。そこで収納マンが間取りの手直しを試みることにしました。

 

無駄な通路を1本減らしてスッキリ!?

無駄な通路を1本減らすべく間取りを変更してみた

元の間取りはウォークスルーできるけど片側にしか洋服掛けがなくて効率が悪い。洗面脱衣所にはカウンターもしくは棚のようなものが2ヶ所もあって便利な反面、一人暮らしではそういうスペースは必ずしも必要ではないうえに、洗面脱衣所の通路がちょっと狭苦しいなどの問題がありました。

そういった問題と前述の通路が多すぎるという問題を解決するべく収納マンが考えたのが右側の間取りです。通路は玄関からLDK、洋室からキッチンの2本に減らしました。また、洗面脱衣所の通路もゆったり。ウォークスルークローゼットは片側にハンガーパイプを造り付け、反対側の広いスペースはスーツケースを置いたり、キャスター付きのハンガーラックを置いて、納戸のように使うイメージですね。

この改善案はなかなか良いものの、1点デメリットがあります。それはお風呂に入ってから急にトイレに行きたくなったときに、洗面脱衣所、キッチン、リビングダイニングを通ってトイレに行く必要があるということです。そんな緊急事態は稀であるものの、乙女がマッパでリビングを全力ダッシュというのはさすがに見るに堪えかねます。

 

ウォークスルークローゼットを大容量化

ウォークスルークローゼットを大容量化した間取り

通路を減らそうとすると浴室からトイレまでが非常に遠くなってしまうという問題があるので、通路を減らすことはあきらめました。そうすると元の間取りから基本構造は大きく変えることはできなくなってしまうのですが、トイレを離れ小島にすることで別の改善策を見出しました。

ウォークスルークローゼットは洋室側の半分で洋服のほとんどが収まる大容量。キッチン側はパントリーのように使っても良いでしょう。そうするとキッチンのパントリーは必要なさそうですが。

また、ウォークスルークローゼットの洗濯機側はシャンプーなどのストックを置いても良いですね。洗面脱衣所はカウンターや棚がなくなりましたが一人暮らしであれば問題ないでしょう。通路もゆったりしています。浴室もかなり広くなってしまいました。

リビングダイニングはやや狭くなってしまいましたが、家具レイアウトには影響はほとんどないはずです。また、廊下の物入がなくなりましたが、ウォークスルークローゼットが大容量になっているのでまったく問題ないでしょう。

 

ウォークスルークローゼットや多すぎる通路に最初は驚きましたが、こうやっていろいろ考えてみると、なかなか良くできた間取りだと改めて思いました。さすがいい部屋ネット大東建託。素晴らしい未来を見せていただきました(笑)

ちなみに同じ地域でもっと良い間取りがないか調べてみましたが、この間取りが一番素敵だと思いました。こんなワクワクする間取りで新生活を送れるはるかさんがうらやましいです♪

 

【関連記事】

コメント

  1. はるか より:

    さっそくリクエストに応えていただきありがとうございました^_^

    この間取りを見たとき、他にはあまり見ない変わった間取りだなと思ったんですが、暮らしのイメージがしやすかったので、候補にしました。収納マンさんの意見もお聞きできてよかったです。

    リビングをまっぱで走るには大笑いしてしまいました。
    改善案のふたつめがさらにいい感じですね。パントリーもクローゼット側にある方が使い勝手がよさそうです。

    一人暮らしがますます楽しみになりました。
    これからもいろんな物件診断の記事、たのしみにしてますね!

    • 収納マン より:

      はるかさま

      間取りをいろいろイジってすいません^^;

      記事にも書いた通り、こうやって考えてみるとなかなか良くできた間取りだなーと思います。
      1LDKの場合、LDKの奥に洋室があったり、玄関から入ってLDKとは逆側に洋室があるパターンがほとんどなので、この間取りははるかさんの暮らし方のイメージにピッタリだと思います。
      家の中でかくれんぼや追いかけっこができそうですね^^;

      これからも頑張って記事をアップして参りますので、はるかさんも素敵なお部屋を見つけてください♪