『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売のお知らせ
スポンサーリンク

【収納グッズメーカー列伝】圧縮袋だけじゃない!カユイところに手が届く「東和産業」

お片づけブログメディア”cataso(カタソ)”に収納マンの新しい記事が公開されましたのでお知らせします。

”圧縮しても元に戻ってしまうのは何故?意外と知らない布団圧縮袋の正しい使い方”

 

布団圧縮袋の正しい使い方については地道に啓蒙を続けているつもりですが、私の草の根活動では全然追いつかないですねー(苦笑)

ともあれ今回は、シリーズでお送りしている「収納グッズメーカー列伝」の第5回目として、布団圧縮袋メーカー大手の1社である東和産業を紹介したいと思います。



布団圧縮袋を極めたメーカー!東和産業

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

1945年創業の東和産業は和歌山県海南市に本社を置く家庭用品メーカーで、布団圧縮袋は主力商品のひとつです。布団圧縮袋を作っているメーカーは関西に多く、それぞれの市場シェアは分からないものの、東和産業は大手と言って間違いないと思います。

また、私が知る限り、布団圧縮袋のラインナップがもっとも多いのは東和産業なのではないかと思います。たとえば上写真の布団圧縮袋なんて珍しいと思うんですよね。ピンク、グリーン、オレンジの3色が揃った布団圧縮袋です。

布団圧縮袋って透明なのが当たり前ですけど、使い回しているうちにどれがどの布団用のものか分からなくなってきちゃうじゃないですか。もちろん油性ペンで書くなりすれば分かりやすいですけど、このカラフルな布団圧縮袋ならパッと見て分かりやすくて良いと思います。

 

洋服の量に合わせて高さが変わる!衣類収納袋

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

東和産業は圧縮しない収納袋もたくさん扱っています。今までに紹介した以外ですと、これなんて面白いですね。らせん状の「トルネードファスナー」を採用することで、高さを調整することができる衣類収納袋です。

高さを調整できると、洋服の量に合わせて衣類収納袋をジャストフィットなサイズにすることができます。収まり切らずに上に洋服を積み重ねたり、逆に収納袋が大きすぎてブカブカになったりせずに済むわけです。かさばる冬物を収めるときはマックスにして、薄い夏物を収めるときはミニマムにするといった使い方もできます。

 

圧縮袋だけじゃない!アイディアグッズも豊富

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
正直に言うとですね、今回あらためて調べるまで、東和産業は布団圧縮袋のメーカーだと思ってました。でも調べてみるとこれが、圧縮袋以外にもなかなか良い商品がいっぱいあるのです。

たとえばこちらの「Zoo シリカゲル 乾燥剤」は、動物の形をした食品用の乾燥材です。カワイイだけでなく、電子レンジを使えば繰り返し使用することができて経済的です。

 

目からウロコ!ユニットバス用マグネット式フック

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
これはユニットバス用のマグネット式フックなんですけど、ちょっと目からウロコでした!

我が家の浴室はちょっとザラザラ感のある樹脂製の壁で、吸盤式のフックが取り付けられないんです。それで仕方なく、タオルハンガーにS字フックを引っ掛けたり、鏡に吸盤式のフックを取り付けたりしていました。でもこの商品を見て、ユニットバスの壁にはマグネット式のフックがくっつくと知って試してみたところ、確かにくっつきました!(注:すべてのユニットバスの壁にくっつくわけではありません)

普通の磁石じゃなくてゴムっぽいマグネットを使っているということもあってそれほど強力ではありませんが、これはちょっと我が家でも使いたいと思いました。

 

今回、改めて東和産業の収納グッズなどをチェックしてみると、カユイところに手が届く商品ばかりで驚きました。以前に布団圧縮袋のことでメール取材をさせていただき、そのうち実際にお邪魔して取材させていただきたいと思いながらも実行に移せずにいましたが、改めて取材をさせていただきたいと思いました。

私自身が不真面目な性格だからか、東和産業のような真面目にコツコツやっている会社にはすごく憧れます(笑)こういう誠実な会社、こういう素敵な商品に触れると、「頑張れ、日本のメーカー!」って思っちゃいますよね。

 

【関連記事】

コメント