『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売のお知らせ
スポンサーリンク

IDC大塚家具がベガコーポレーション運営の「Laig(ライグ)」に出店

9月下旬からスタートした「在庫一掃セール」の好調によって、10月の既存店売上高が16ヶ月ぶりに前年同月比10%以上の伸びとなったIDC大塚家具。マスメディアでは今にも潰れそうな勢いで報じられていますが、在庫処分と同時にキャッシュの確保もできただけでなく、これでようやく底を打つことができるのでしょうか。

そればかりか、新生大塚家具への進化は道半ばと言わんばかりに、またもや新たな戦略に打って出たようです。

 

大塚家具がベガ運営の「Laig」に出店

Laig(ライグ)スクリーンショット

Laig(ライグ)スクリーンショット

IDC大塚家具はネット販売を伸ばしたいと考えているようで、これまでもYahoo!ショッピングやロコンドホームなどに矢継ぎ早に出店しています。今回もまたオンラインショッピングモールの出店ですが、総合ショッピングモールではなく、「Laig(ライグ)」というまだオープンしたばかりのインテリア専門のところです。

で、このライグはベガコーポレーションが運営しています。「LOWYA(ロウヤ)」などでお馴染みの、ありていに言うと安物家具のネットショップの運営元です。

「えー、あの大塚家具がこんな安物家具の販売者とつるむんかいな!」と思ったんですけど、ライグを見てみると安物どころか、むしろ無駄に高価な家具がズラリ。価格ではなくフォトジェニックな雰囲気で売っていく様子です。

さらに言うと、ライグは正確にはインテリア専門のオンラインショッピングモールではなく、”家具・インテリア・雑貨に特化したECメディア”だそうな。リクルートライフスタイルが運営している「TABROOM(タブルーム)」のように基本はインテリア情報サイトで、店舗へ誘導しつつ、オンライン販売もしますよというスタンスのようです。



IDC大塚家具がYahoo!ショッピングに出店したときは基本的に10万円までの商品が大半でしたが、今回は300万円オーバーのソファーも用意するなど、かなり挑戦的なラインナップだと感じます。また、ベガコーポレーションは運営元として、IDC大塚家具だけでなく、リビングハウス、モビリグランデ、クラッシュゲート、オノエ家具、アクメファニチャーなど、よくまあこれだけ有名どころのインテリアショップを集めてきたなーと感心しました。

IDC大塚家具がライグの中で成果を出せるかどうかはともかく、今回オープンしたライグはインテリア専門メディアとしてなかなか面白いことになりそうです。タブルームとしては競合現ると言ったところでしょうね。

関連記事

ぶっちゃけ、いま大塚家具で学習机を買っても大丈夫なんですか?
ここのところ、大塚家具がマスコミで取り上げられない日はないというほど話題です。 しかし、その内容があまりにもヒ…
小売じゃなくて卸売!?「IDC大塚家具」がアマゾンでの販売を開始
IDC大塚家具がアマゾンで家具と寝具の販売を開始しました。ただし、IDC大塚家具は小売業者としてではなく、アマゾンに納入する卸売業者としての参加です。そのためロコンドやヤフーの出店とは異なりオリジナル商品だけの出品で、木工家具は大塚家具傘下の秋田木工の商品が多くを占めます。
匠に負けた!?IDC大塚家具が創業の地「春日部ショールーム」閉店
IDC大塚家具が創業の地「春日部ショールーム」を2018年5月27日に閉店することが判明しました。匠大塚に競い負けたというわけではなく、再開発による建物の建て替えに伴うものだということです。
YES!たなとつくえ♪浜本工芸×収納マンのコラボ学習家具がIDC大塚家具デビュー
既に「学習机評論家のオススメ」のほうではお知らせさせていただいておりますが、ナラ材で家具を作らせたら日本一と言われる浜本工芸とわたくし収納マンがコラボしたブランド「たなとつくえ」が、高級家具販売店として名高いIDC大塚家具で販売開始...

コメント