『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売のお知らせ
スポンサーリンク

【プレスリリース】全自動お片づけ猫型ロボット「収納ロボにゃんAF型」開発のお知らせ

この度、収納・模様替えサービスをおこなうシーベックス・インテリアが、全自動でお片づけをしてくれる家事支援ロボットの開発に成功しましたことをお知らせします。

片づけが面倒臭いと感じる人にとっては、まさに夢のロボット。猫ブームに便乗するとともに、”猫の手も借りたい”というご期待に応えまして、猫型ロボット”収納ロボにゃんAF型”としました。

収納ロボニャン

 

洗濯物を放り込むだけで自動で洗濯→乾燥→収納

当初は干して取り入れた洗濯物を投入すると、畳んで自動的に収納してくれる、というものを念頭に開発しておりましたが、いっそのこと”洗濯→乾燥→畳んで収納”の一連の作業を全自動化させたほうが効率が良いと考え、全自動洗濯乾燥機をビルトインしました。これにより家事の大幅な省力化を実現することができます。

 

軽自動車2台がスッポリ収まる大容量の三次元ハラマキ

収納の悩みでもっとも多いのは”収納スペースが少ない”ということ。そのニーズを取り入れてこそ真の収納ロボと考え、大容量の収納スペースを設けました。軽自動車が丸ごと2台収まる大容量のため、セカンドカーはもちろん、あらゆる家財を収納可能。ただし庫内はかなりの高温・高湿になるため、人やペットが入ることはできません。

 

家の中のすべてのモノの量と位置情報をメモリー可能

買い物に出かけてから、ストックが足りているか不安になったことはありませんか?また、リモコンがない、財布がないと、探し回ったことはありませんか?収納ロボにゃんAF型は家の中のすべてのモノの種類と量、位置情報を記憶することが可能で、ネットワークを通じて家の外からでもそのリストをチェックすることが可能です(ネットワーク機能をご利用の際は有線LAN接続が必要です)。



OSはWindows MEを採用

収納ロボにゃんAF型はシーベックス・インテリアの創業当時(2002年)、既に使わなくなっていたWindows MEを搭載したシャープ製ノートパソコン”メビウス”をベースに開発がスタートしました。目の付けどころが、シャープでしょ?ただ、処理速度が非常に遅く、たまにフリーズしてしまうため、製品化に向けてはLinuxをベースに開発を進める予定です。

 

燃料(エサ)は新鮮なマグロを20本/日

環境に配慮し、燃料は自然のものにこだわりました。燃料は海洋国・日本にふさわしいマグロを使用。できるだけ新鮮な生のものを与えてください(加熱済みのものは不可)。なお燃費は、1日あたり20本(約4t)です。ロケットエンジンで飛行する場合(最大30秒)はさらに多くのマグロが必要になります。

 

頭頂高9m、乾燥重量41t

収納ロボにゃんAF型の頭頂高は9m、乾燥重量は41t。機動戦士ガ○ダムよりも小型・計量化することに成功しました。高さは3階建てビルに相当するため、都心部以外ではどこに置いても大変目立ちますので、過失によって野良になる可能性はほとんどありません。なお全幅は最大で8mとなるため、搬入経路を事前にご確認いただく必要があります。

 

お片づけが面倒な方にはうれしい機能が満載の猫型ロボット”収納ロボにゃんAF型”。現在、製品化に向けて研究開発を継続中です。乞うご期待ください!なお現在開発が完了している試作機の販売の予定はございませんので、あしからずご了承ください。

 


 

追記:この記事はエープリルフールに合わせた、願望による妄想を含む記事です。

コメント