『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売のお知らせ
スポンサーリンク

モノを捨てるも捨てないも「合理的」!?「捨てられない」気持ちを理解することも大切

捨てる派vs捨てない派・イメージ

お片づけブログメディア”cataso(カタソ)”に収納マンの新しい記事が公開されましたのでお知らせします。

”モノが捨てられない家族と片付けを進めるために心がけたいこと”

 

片づけようとすると身内から反発を受けることがあります。「勝手に片づけられると、何がどこにあるのか分からなくなる!」というものから、「片づけるのは良いけど、こっちまで巻き添えにしないで!」というものまで様々です。今回のカタソの記事の場合は、片づけようとする人からすると足を引っ張られる感じですね。

世間では片づけることが善で片づけないことが悪であるように思われる節がありますが、私はそうは思いません。片づけたい人にはその人なりの理屈があり、片づけたくない人も同様です。また、捨てる、捨てないにしても、同様のことが言えます。



モノを捨てるも捨てないも「合理的」

人がモノを持つ理由はそれぞれですが、今回のカタソの記事では捨てられない家族が「もったいない」「まだ使える」と言っていることから、捨てずに保管しておくことに合理性を感じていると捉えることができます。一方で捨てたい側は、使わないんだから持っていても仕方がない、むしろ場所代のほうがもったいないという風に、合理性を感じている可能性があります。

私個人の価値観で言えば後者ですが、だからと言って前者の気持ちが理解できないわけではありません。「捨てずに取っておいて良かった」と感じたり、逆に「あー、あれ捨てなきゃ良かったな」と思ったことは経験上何度かありましたから。

私個人の価値観はともかく、双方がどちらが合理的かということについて明確な根拠なく争っても勝負はつきません。それぞれ別の観点で、たとえば合理性vs思い出などで争う場合はなおさら勝負はつきません。ですからお互いに歩み寄ることが大切で、そのためにはまず相手を理解しようと努める必要があるのです。

 

所有欲が強い?「りくのなかま」

ちょっと話が変わりますが、私はNLD性格学で実力重視タイプは基本的に所有欲が強いと教わりました。実力重視タイプとは収納なびで言うところの「りくのなかま」のことです。その通りであれば「りくのなかま」はモノをたくさん持っているはずなのですが、実際のところはまったくそうとは言えない感じで、むしろモノが少ない、けれども片づいた感じがしないという人が半数程度いたのです。

NLD性格学で言うところの実力重視タイプ、収納なびで言うところの「りくのなかま」は、大元の個性学では「城志向」や「金志向」とも言われます。城というのは持ち家ということですね。金にウルサイとも言われます。ところがこれも少なくとも現代においては正確性を欠くように感じます。確かに「りくのなかま」の場合、住まいが賃貸住宅ではなく持ち家であったり、今は賃貸でもゆくゆくは家を買いたいという人は多いです。ただ、将来もらえる年金に不安を抱える人が多い昨今、「りくのなかま」でなくとも家を買いたいと思う人は多いはずです。

つまるところ、「りくのなかま」が所有欲が強いというのは、少なくとも私が片づけのアドバイスをする限りでは、当てはまらないように思います。一方で、「りくのなかま」は合理性で行動するところが多いというのは確かにその通りだと思います。捨てたらもったいないという合理性でモノを持ったり、余計なモノは買いたくないという合理性でモノを持たないようにしており、結果的にどちらも合理性という価値判断であるにもかかわらず、モノを持つ派と持たない派に分かれてしまうのです。

 

事実は一つでも受け手によって解釈が変わることはよくあります。また、性格や価値観が似ていても行動はまったく逆になることもよくあります。タイミングによって判断にムラが生じることだってあるでしょう。

片づけに際して家族をコントロールしようと思うならば、真正面から立ち向かわず、相手を手のひらで踊らせるくらいの気持ちの余裕が必要です。残念ながら私はそんな寛容さやしたたかさは持ち合わせていないので、時折軽くジャブを浴びせながら自由気ままにやっておりますが、まあ妻のほうが一枚上手ですね(苦笑)

 

【関連記事】

コメント