『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売のお知らせ
スポンサーリンク

洗面所の壁面にピタッとスッキリ!ステンレス製ハブラシ&コップホルダー

子供の成長というのは早いものですねー。

長女は中学1年生になり、妻よりも身長が高くなりました。小学4年生の息子が妻の身長に並ぶのも時間の問題です。

4年くらい前は洗面化粧台に備え付けののハブラシホルダーに手が届きにくかった子供たちも、余裕で手が届くようになりました。しかし、それぞれにコップもあるので、それをどうしたものかと思案していました。

ハブラシ&コップスタンド(before)

これまでは100円ショップのセリアで購入したアクリル製トレーの上に同じく吸盤式のコップスタンドを取り付けて、そこに子供たちのハブラシとコップを置いていました。

洗面化粧台横のハブラシ&コップ立ての問題が解決!b( ゚∀゚ )
我が家の洗面化粧台のその後。 やはり、DIY・BOYではハブラシがあまり安定せず、コップを直置きするとコップの…

でも、トレーは水垢で汚れるし、毎週末に洗うのも面倒です。子供たちの身長も伸びたので、もはやこの位置である必要もありません。

それで別の方法を思案していたところ、アマゾンで良さそうなモノを見つけたので、ポチッてみました。

 

ステンレス製ハブラシ&コップホルダー

ステンレス製ハブラシ&コップホルダー@アマゾン

今回購入したのは「Sumnacon 歯ブラシスタンド ステンレス 2個セット」。同じようなものがいくつか出品されていますが、こちらはamazonプライム便で1,099円。

エアキャップ封筒の中にビニール袋で包まれた商品が2つ入っているだけで、取扱説明書もなく、至って簡素なパッケージです。

 

ステンレス製ハブラシ&コップホルダー

明らかに中国製ですが、ステンレス製で重量感があります。1つあたり500円ちょっとという価格は安いと感じるか高いと感じるかは人ぞれぞれでしょうけど、日本のメーカーが作ったら800円くらいになりそうです。

 

ステンレス製ハブラシ&コップホルダー

粘着シートは3M(スリーエム)製。強粘着というよりは吸着タイプという感じで、指で触ってもベタッと張り付くのではなく吸い付くような感じ。これなら剥がすときも問題なさそうです。



早速、取り付けてみた

ステンレス製ハブラシ&コップホルダー

今回は洗面化粧台のハブラシホルダーの扉に取り付けます。コップの大きさを確認しつつ、水滴が洗面化粧台の外側に落ちない位置を見つけて取り付けました。

取扱説明書がないので何とも言えないですが、一応、定着するまで24時間放置します。

 

ステンレス製ハブラシ&コップホルダー

まず、ハブラシを掛けます。もちろん事前にサイズを確認しましたが、まったく問題ありません。

 

ステンレス製ハブラシ&コップホルダー

そして、コップを引っ掛けます。ホコリ除けにもなるし、一石二鳥な感じです。

 

ステンレス製ハブラシ&コップホルダー

とうわけで完成!ものの5分ほどの簡単な作業です。

これで毎週末にトレーを洗う必要がなくなりましたし、洗面化粧台横のワゴンの上もスッキリしました。壁面に取り付けているので、洗面化粧台の掃除をするときも邪魔になりません。

 

あとはドライヤー一式を入れたファイルボックスも見直せばもっとスッキリするんでしょうけど、娘や妻はこの方法で使いやすいそうなので、とりあえずこのままです。

いやしかし、今回購入したステンレス製ハブラシ&コップホルダーはナイスですねー。どうして日本のメーカーからこういう商品が今まで出てこなかったのかと考えると不思議なくらいです。

中国製だからと言って特に不満もありません。今後、日本の家庭用品メーカーが苦戦を強いられることが増えるような気がします。

2019/03/19追記:

amazonで購入した粘着式のステンレス製コップ&歯ブラシホルダーを剥がした状態

約1年が経過して剥がしてみたところ、強力すぎて大変でした(苦笑)さすがスリーエムです。

カッターの刃を入れ、じっくりと時間を掛けて切るようにして剥がしました。それでも、溶剤を使うことなく粘着テープが取れたのは良かったです。

洗面台がスッキリ!セリア「フィルムフック・コップ&歯ブラシホルダー」
セリアで購入した、だいゆうの「何度でも貼ってはがせるフィルムフック・コップホルダー」と同「歯ブラシホルダー2P」を使ってみました。amazonで購入した粘着式のステンレス製のものに比べて価格が安く、クリアで美しく、失敗してもやり直せて、歯ブラシが落ちにくく、汚れも付きにくい。パーフェクトです!

関連記事

洗面化粧台の下と横の収納が完成!ヽ(*´∀`)ノ
とりあえず収めたままになっていた洗面化粧台・・・ 本当は先週、続きをやるつもりだったんですが、結局時間を工面す…
粘着式なのに浴室で使える!3M「コマンドフック・水まわりにも使えるタイプ」
浴室用の収納グッズと言えば、長らく吸盤式か床に直置きするタイプというのが相場になっていました。あとはせいぜい、突っ張り式のものがわずかにあるくらいで。 ところが2015年に、東和産業がマグネットでユニットバスの壁にくっつけられるという...
洗面化粧台など水周りの収納に!スパイス「Mighty works ストローバスケット」
我が家では「stacksto,(スタックストー)」の「Timb.(ティム)」というバスケットを使っています。ちょっと高価ですけど、とてもポリプロピレンでできているとは思えないほど自然な風合いで、すごく気に入っています。 ティム...
シェーバー(T字カミソリ)用ホルダーを吸盤式からマグネット式に改造する方法
先日、東和産業の「磁石でくっつくバスフック」を紹介しました。 【関連】【収納グッズメーカー列伝】圧縮袋だけじゃない!カユイところに手が届く「東和産業」 これ、すごく良いなーと思ってたんですけど、個人的にはシェーバー(T字カミソリ...

コメント