『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売のお知らせ
スポンサーリンク

銀で抗菌!?東和産業「Ag抗菌 座ぶとん圧縮パック」使ってみた

先日、我が家のクローゼットの中を整頓していると、座布団用の圧縮袋が激しく破れていることに気づきました。

決して爆発したわけではありません。おそらく、背が低い妻がクローゼットの上のほうに放り込んで破れてしまったのでしょう。

とは言え、別に妻のせいにするつもりはありません。それ以前に圧縮袋に小さな穴が開いて圧縮されなくなり、引っ張ったときに破れやすい状態になっていたに違いありません。

そんなわけで、座布団用の圧縮袋を買い替えることにしました。

 

東和産業「Ag抗菌 座ぶとん圧縮パック」

東和産業「Ag抗菌 座ぶとん圧縮パック」

このたび購入したのは東和産業の「Ag抗菌 座ぶとん圧縮パック」です。何故これにしたかと言うと、どういうわけか楽天市場でめちゃくちゃ安く販売されていたからです(現在はその価格では販売されていません)。

あまりに安かったのでてっきり廃番かと思ったんですけど、現在も販売が継続されています。



銀の抗菌剤を練りこんだ圧縮パック

銀の抗菌剤を練りこんだ抗菌加工の圧縮パック

この圧縮袋の特徴のひとつは、銀の抗菌剤を練りこんだ抗菌加工の圧縮パックであるということです。上写真右がAG抗菌パック、左が従来の圧縮パックです。確かにAG抗菌パックは銀色っぽくなっています。

銀に抗菌作用があることは周知の通りですが、実際にどの程度の効果が見込めるのかは分かりません。基本的に私は抗菌グッズなんて全く信用していないし、本当に人体に悪影響が及ばないのかと思うほどですので、端から何も期待はしていません(笑)

 

T型スライダーで誤飲防止

T型スライダーで誤飲防止

「Ag抗菌 座ぶとん圧縮パック」に付属しているスライダーはTの字をしています。てっきり、このほうがスムーズにチャックを閉じられるのかと思ったら、乳幼児が誤飲するのを防止するためにこのような形状になっているそうです。

ちなみにチャック部分は少し厚みがあり、開け閉めのストレスを軽減することが期待されるそうですが、個人的にはその効果を実感することができなかったというか、従来品のほうがスムーズに開閉できるように感じました。

 

凸型吸引口対応の新マルチバルブ

凸型吸引口対応の新マルチバルブ

また、「Ag抗菌 座ぶとん圧縮パック」には、凸型吸引口にも対応できるように4方向にくぼみのある新開発のマルチバルブが採用されています。ぶっちゃけ、ダイソンの掃除機でも圧縮できるということですね。

ただ、これはバルブの中央部が少し盛り上がった形状になっているため、我が家の掃除機(東芝トルネオV)では逆に吸引口が不安定になって使いにくかったです。もっとも、このような形状のバルブは他社の圧縮袋でも採用されつつあり、これに限った話ではありません。

 

マチがあるのは良し悪し

マチがあるのは良し悪し

ともあれ、基本的には何の問題もなく圧縮完了。座布団用の圧縮袋はマチがあるので、重ねると厚みがある座布団を収めやすい一方、こうして圧縮するとマチの部分がビラビラして邪魔になるのが難点ですね。

もっとも、そんなことは今まで使っていた圧縮袋でも同じことですが(苦笑)厚みがある立派な座布団なら座布団用の圧縮袋を使ったほうが良いけれど、我が家のように煎餅状の座布団を圧縮するなら普通の圧縮袋で十分ですね。

 

というわけで、なんだか良いところがない感じのレビューになってしまいましたが、もちろん決して悪い商品というわけではありません。少なくとも私は、安く買えたので大満足です(笑)

東和産業は圧縮袋のトップメーカーとして常に商品をカイゼンしていっているので、今後も期待したいところです。

 

【関連記事】

コメント