『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売のお知らせ
スポンサーリンク

【年末大掃除の実施率が急減中!】2005年87%→2014年59%に&大掃除から小掃除に

花王が20歳~69歳の既婚女性1,010名を対象に「2014年の年末大掃除の実施」に関するインターネット調査をしたところ、2014年の年末大掃除実施率は59%で、2005年の87%に比べて28%も低下していることが明らかになりました。

また、年末の大掃除は、一日でまとめてやる人が2005年の26%から2014年の14%と低下する一方、平均実施日数は2005年の3.2日から2014年の4.0日と増加となりました。一日でまとめてしっかり「大掃除」する人が少なくなり、何日かに小分けする「小掃除」をする人が増える傾向にあると言えます。

 

年末大掃除の実施率は2005年87%→2014年59%に

年末大掃除の実施率の変化出典:花王プレスリリース(以下同)

年末の大掃除は2005年では「ほとんどの人がするのが当然」だったのが、2014年では「半数強の人がする」という状況まで低下しました。

我が家でも年末に一応、大掃除はしますけど、窓拭きと照明器具くらいですねー。そんなに「大掃除」と言うほどたいそうなことはしませんし、普段の掃除の延長という感じです。

この傾向は良いか悪いかは別として、みんな忙しいんだから、ライフスタイルの変化に応じて当然の流れではないでしょうか。個人的には良い傾向だと思います。

ただ気になるのは、年代が上がるごとに大掃除の実施率が下がっているという点です。私の感覚ですと、年代が上の人ほどキッチリとされている感じがするのですが、実際はそうではないようです。

子供が独立して家を汚される機会が減ったということもあると思いますが、頑張ってキレイにする張り合いがないとか、体力的にキビシイということもあると思います。私もできるだけ実家の大掃除は手伝うようにしていますが、年末だけでなく日頃から気を付けておきたいものです。



まとめて一気に「大掃除」から複数日で「小掃除」に

年末大掃除の平均実施日数の変化

大掃除の実施日数について2005年と2014年で比較したところ、1日で済ます人が減る一方、平均日数は増える傾向にあります。

その背景については明らかにされていませんが、家族が揃う機会が減っており、主婦(主夫)がすき間時間を使って複数日に渡って大掃除に取り組んでいることが多いのかもしれません。理想論ではありますが、年末くらいは家族が揃って家の中のことに取り組みたいものですね。

 

年末大掃除の実施箇所は水周りが中心

年末大掃除の実施個所

年末大掃除の実施箇所は水周りが中心。また、負担感を感じるのはそれらに加え、窓や網戸が入っていることに注目です。

私も掃除を依頼されることがあって断り切れずに仕事を受けることがあるのですが(創業時はハウスクリーニングもサービスのメニューに入っていたので)、窓や網戸は水洗いするのが一番楽です。

我が家は賃貸の集合住宅なので窓を外して洗うことは困難ですが、網戸は外して階下で洗うようにしています。また、窓はビシャビシャの雑巾で汚れを落としてから、スクイジーで水気を切り、乾いた雑巾で磨くようにしています。

 

年末大掃除は必要だけど楽にしたい

年末大掃除に対する意識

「年末に大掃除をしないと新しい年を気持ちよく迎えられない」と感じる人が約6割に達する一方で、 約9割の人が「ラクにやりたい」と考えているようです。まあ、それはそうですよね。

私もあまり気負わないようにしています。やらないよりはやったほうがベター。大掃除も片づけもそうです。

ライフスタイルの変化に伴って、昔に比べて衣替えの必要性も下がってきていますし、大掃除の必要性も下がってきています。実際、私も年末は意外と仕事が暇で、年始に入ってすぐに「片づけを手伝って欲しい」という依頼が舞い込む場面がしばしばあります。

昔気質な人にとっては違和感があるかもしれませんが、現代はそれで良いんじゃないでしょうか。

コメント