「子供の都合」を後回しにしないで!オモチャの収納は常に子供目線で

オモチャの収納はついつい「大人の都合」して「子供の都合」を後回しにしがちです。常に子供目線を忘れずに片づけ方を考えるようにしましょう。また、子供のオモチャのことを言う前に大人のモノを片づけるとともに、子供も大人のように一筋縄ではいかないということを覚悟しましょう。

ユニクロも注目!「使用頻度」が高いモノは手近に収納すると合理的

ユニクロを運営するファーストリテイリングが物流システム大手のダイフクと業務提携し、最新の物流システムで出荷業務を自動化したというニュースが話題になりました。しかし、自動化だけでなく、出荷頻度に応じて分けて保管するということも大事な要素で、これは一般家庭でも同様のことが言えます。

「また着るかも?」と思わずにサッサと衣替えしてフリマで不要品を処分!

楽天が運営するフリマアプリ「ラクマ」の調査によると、商品を売るには出品するタイミングが重要で、秋冬にはやはり冬服がよく売れるということです。一方で、意外と春夏物が売れるというデータもあり。衣替えはサッサと済ませて、シーズンオフのものでも果敢にフリマアプリに出品するのが良いのかもしれません。

空気を抜かずに!ジッパーで圧縮する衣類収納袋「トラべラブ圧縮バッグ」

「トラべラブ圧縮バッグ」は従来の空気を抜いて圧縮する衣類圧縮袋と異なり、ジッパーで高さを縮めることで圧縮する衣類収納バッグです。防水&2室分別収納可能で、濡れた洋服も一緒に収納可能。ただし、洋服の量が少ないと十分な効果を発揮できない可能性があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク