収納のコツ

スポンサーリンク
押入

押入れが片づかない原因と対策!使用頻度別で前後&上下に区切るのがコツ

押入れの収納が難しい最大の原因は奥行が深いことです。布団など大きなモノなら良いですが、本や洋服など小物は相性が悪いです。対策としては、まず奥と手前に空間を分けて考えることが必要です。大きなラックなどで上下に空間を分けるということも必要になってきます。
クローゼット

クローゼットに布団を収納したい!そんなときは5つの収納アイディアで解決

クローゼットに布団を収納したい場合の5つの収納アイディア。4つ折りの敷布団を使う、ボックスタイプの布団圧縮袋を使って立て掛ける、布団袋を使ってコンパクトにする、折り畳み式のスノコベッドや、座椅子やソファになるものを使うといった方法が考えられます。
クローゼット

クローゼットが片づかない原因と対策!ハンガーと衣装ケースを要チェック

クローゼットが片づかない原因は(1)ハンガーが統一されていない、(2)引出式衣装ケースが使いにくい、(3)折れ戸にハンガーを掛けていて扉が開け閉めしにくい、(4)クローゼットの前に障害物がある、(5)洋服やバッグが雪崩を起こしているなどが挙げられます。対策は基本的にその裏返しです。
スポンサーリンク
モノ別収納法

キッチンでホットプレートを収納するならどの場所が正解?

キッチンでホットプレートを収納するならどこが良いでしょうか。もっとも理想的なのは奥行が深いシステムキッチン。フロアストッカー(台輪引出し)があればそこが最適です。ほか、食器棚や家電ラック、パントリー、階段下収納、床下収納なども考えられます。
モノ別収納法

加工食品や乾物などのストックの目安は大きな引出し1~2杯分で十分

加工食品や乾物などのストックは大きな引出し一杯分程度で十分だと思います。むしろそれでも多すぎるくらい。週末に買い物に行ったら翌週末にはストックがゼロになっているのが理想です。ですから収納グッズも必要ありません。
キッチン

床下収納には何を入れたら良い?実は非常用飲料水の保管にピッタリ

キッチンの床下収納には何を入れたら良いかと質問されることは少なくありません。基本的には普段あまり使わないモノ、キッチンや洗面所で使うモノ、湿気の影響を受けにくいモノという条件にマッチしたモノが理想です。非常用飲料水を保管するのも良いでしょう。
キッチン

キッチンの吊戸棚を使いやすくしたいなら「どんでん収納」よりも「踏み台」

「キッチンの吊戸棚からゴンドラをガシャンッと下ろして中のモノに手が届きやすいようにしたい」という要望を時々聞きます。いわゆるどんでん収納のことですが、圧倒的にデメリットの方が多いのでやめておいたほうが良いです。それよりも踏み台や吊戸棚ストッカーを活用しましょう。
キッチン

料理を時短!調味料にすぐ手が届くキッチン壁面の仕組み作り【11選】

調味料にすぐ手が届くキッチンなら料理を時短できます。そのために重要なことのひとつは壁面の仕組み作り。調味料ポットの置き場所を11パターン考えてみました。壁面に両面テープやマグネットでくっつけるほか、吊戸棚を活用する方法もあります。
キッチン

システムキッチンの収納は「シンク下」と「コンロ下」の違いを意識しよう

システムキッチンの「シンク下」と「コンロ下」の違いを意識して収納できていますか。これが分かるようになると、「何をどこに収納したら良いか分からない」ということはなくなります。作業動線を意識して配置する習慣を身に付けましょう。
キッチン

キッチンの引出しは仕切るより100均の滑り止めシートを敷くのがオススメ

システムキッチンや食器棚の引出しは仕切り板で仕切るより100均の滑り止めシートを敷くのがおすすめです。浅い引出しでも深い引出しでも対応可能です。仕切り板で仕切るよりも収納物を配置しやすいうえ、100均ならコスト負担が少なく、汚れても気軽に変えられるのがメリットと言えます。
キッチン

100円均一でもOK!コンロ下の調味料はプラ箱にまとめるのが基本

システムキッチンのコンロ下は調味料ボトルなどをプラ箱にまとめるのが基本です。プラ箱は100円均一でもOK。引出式のシステムキッチンなら調味料ボトルや引出しの大きさに合わせて選べば良いだけ。扉式の場合は奥行を活かしやすいサイズを選びましょう。
収納の考え方・手順

あるある5選!片づけの基本「分別作業」中にやってしまいがちな間違い

片づけの基本「分別作業」中にやってしまいがちな”あるある”5選。全部出さないといけないのに手前のモノだけピックアップしてしまう。要不要だけを判断すれば良いのに次のステップまで分けてしまう。同じく独自ルールを作って分けてしまう。ほかの部屋に移動してしまったり、掃除を始めてしまうということも多いです。
収納の考え方・手順

片づけは「ふだん使っていない場所」から始めるのが基本!その3つの理由

片づけは「普段あまり使っていない場所」から始めるのが基本です。不要品が眠っている可能性が高く、収納スペースや作業スペースを確保しやすくなるだけでなく、生活に悪影響が出にくいからです。リビングなど普段よく使っている場所から始めてはいけません。
収納の考え方・手順

汚部屋脱出!足の踏み場もない状態から片づける際の手順

足の踏み場もない状態(汚部屋)から片づける際の手順を説明します。リビングにある目の前のペットボトルを回収したり、洋服を一ヶ所に集めるところから始めるのではなく、まずは玄関から始めるのが最短ルートです。頭を使わずに不要品を出すということに集中して作業を進めましょう。
モノ別収納法

下駄箱以外に靴を収納している人は約4割!玄関以外はクローゼットが最多

ライフルホームズプレスの「一人暮らしの靴と傘の数・玄関収納に関する調査」によると、男性に比べて女性のほうが靴も傘も所有数が多く、また年代が上がるにつれて所有数が増える傾向にあることが分かります。また、玄関のシューズボックス以外に靴を収納している一人暮らしの人は39.4%で、玄関以外ではクローゼット、押し入れ、室内に収納する人が多いということです。
部屋別収納法

洗濯機上の空間を収納に活かすアイディア&収納グッズ12選

洗濯機上の空間を収納に活かすアイディア&収納グッズ12選を紹介します。ランドリーラックを設置するのがもっとも単純ですが、それだけをみても据え置き型、立て掛け式、突っ張り式があります。DIYで棚受け金具を使ったり、2×4材を用いて棚板を設置するというのも方法です。
キッチン

【実例】収納マン宅では食器とキッチン家電をこんな風に収納しています

キッチンの家電収納付き食器棚と分別ゴミ箱の実例。収納マン宅ではパモウナの食器棚にキッチン家電と食器を収め、無印良品のスチールユニットシェルフの下半分を分別ゴミ箱として、上半分は水筒やドルチェグストなどの収納に活用しています。
キッチン

【実例】収納マン宅ではシステムキッチンをこんな風に収納しています

収納マン宅のシステムキッチンの収納の仕方を大公開。シンク下、調理台下、コンロ下に至るまで、ぜんぶ素のままの状態でお見せします。収納グッズなんて使わなくてもゾーニングと作業動線を意識した配置で使いやすくなるということがお分かりいただければ幸いです。
モノ別収納法

我が家の書類収納は百均の「ジッパーファイル」が基本!そのメリットとは

家電の取扱説明書など、書類を収納するのに100均のジッパーファイルはすごく便利です。そのメリットは、本のように立てて収納できる、サイズの大小お構いなく小さな部品も収納できる、穴あけ不要、必要な書類を探しやすい、落としても壊れにくい、百均なので気軽に買い揃えられるなどです。
モノ別収納法

洋服の収納スペースが足りない!と思った時に実行すべき7つのステップ

「洋服の収納スペースが足りない!」と思った時に実行すべき7つのステップ。【1】総量の把握、【2】2年間着ていない洋服を除外、【3】できるだけ1ヶ所にまとめる、【4】掛けるor畳むのバランスを再考、【5】種類と丈と向きを揃える、【6】ハンガーを揃える、【7】収納グッズの買い替えor投入。
スポンサーリンク