洗濯

スポンサーリンク
洗濯

ニトリより良いかも!水が溜まらない「PVC製 ベランダ サンダル」

最近amazonなどでも売れ筋上位になっているのと同じ「水が溜まらないPVC製ベランダサンダル」を試してみました。ニトリの水抜きサンダルよりも軟らかくて痛くなく、フィット感が良いです。普通に外に履いて行ける感じです。
洗濯

賃貸もOK!カーテンレールに取り付けできる「室内物干しハンガー」6選

室内干しに使える、カーテンレールに取り付けるハンガー掛けを6点ピックアップしてみました。カインズ・カーテンレール室内物干しハンガー、ライクイット・どこでもハンガー、アイセン・カーテン4連フック LK442、ロングタイプ ダブルカーテンレール用 洗濯ハンガー、シーダース・小物用ハンガー eda、cozy plus・MOTTA(モッタ)。
洗濯

「ランドリールーム」が欲しいけど難しい→動線でカバーするという方法も

RoomClip×リノベるの「洗濯家事に関する調査」によると、洗濯に関する家事の不満は「干す」が最多。「しまう」、「畳む」がそれに続き、いずれも不満理由の1位は「専⽤のスペースがない(狭い)」 ことが挙げられています。その解決策として「ランドリールーム」が考えられるも、スペースなどの問題で難しいという意見も多数。しかし、動線を整えることで改善を図ることもできます。
洗濯

生活感がない!森田アルミ工業の窓枠物干し「FRAMES(フレームス)」

森田アルミ工業の新商品「FRAMES(フレームス)MKA11-BK」は窓枠もしくは床と天井の間に取り付ける突っ張り式の室内用物干しです。アルミパイプとスチールを主材としており生活感を感じさせないオシャレなデザイン。他社類似品と比較すると高価ですが、その価値は十分あると言えるのではないでしょうか。
洗濯

よりスタイリッシュに!斜めに渡せる物干し「cupen(クーペン)」

森田アルミ工業から「cupen(クーペン)」が発売されました。石膏ボード壁にピンで簡単に取り付けられる斜め掛けOKの室内物干しで、ベルメゾンと共同開発した「浮かせて干す!ピンで設置できる渡せる物干し」をよりスタイリッシュにアレンジしたものです。
洗濯

アルミ製でシッカリした洗濯ハンガー♪オーエ「アルモア10連ハンガー」

オーエの「アルモア10連ハンガー」を購入しました。フックとフレームはポリプロピレン製ながら、ハンガーはアルミ製で丈夫な印象です。また、フックとフレームを支えるワイヤーは塩ビコーティングした針金。シンプルで使い勝手は良いと思います。
洗濯

洗剤が半分で済むという「洗たくマグちゃん」を2ヶ月間使ってみた感想

限定ホワイト色の洗たくマグちゃんとガイドブックがセットになった『洗たくマグちゃんプレミアムブック』を買いました。2ヶ月間使ってみたところ、洗濯洗剤を半分にしても汚れ落ちには不満を感じません。一方で、柔軟剤やアロマジュエルを使っているからか、消臭効果は実感できず。また、毎週末に槽洗浄をしているからか、除菌効果も分からずです。
洗濯

amazonベストセラー1位!さすが日本製?エチケットブラシ「ベストトレッサー」

黒いパンツやジャケットって引き締まって見えてカッコイイんですけど、ホコリが付くとすぐに目立つのが厄介ですよね。こんなときはエチケットブラシかコロコロ(粘着ローラー)でキレイにしてやるのが一番です。 ところが、あいにくコロコロは粘着テープのス...
洗濯

悔しいけど手軽で便利!あんまり好きじゃない室内干しグッズ3選

悔しいけど手軽で便利!でもあんまり好きじゃない室内干しグッズを3つご紹介します。平安伸銅工業・エアコンハンガーACH-1、オーエ・ポール付きクロスフック、吉川国工業所・Like-itどこでもハンガー。
洗濯

桐タンスならカビが生えない!?誤解の多い洋服の湿気・カビ対策

桐タンスならカビが生えないと誤解されがちですが、それは事実ではありません。桐は湿気を含んで膨張し、乾燥して収縮することで調湿するものです。安物の桐には調湿機能は期待できません。洋服の湿気・カビ対策は除湿と掃除が大切です。
洗濯

「洋服を食べる虫」ってどんな!?防虫方法とヒメマルカツオブシムシについて調べてみた

「洋服を食べる虫」って一体どんな虫なのでしょうか。その正体は「ヒメマルカツオブシムシ」。その特徴や防ぎ方や注意事項などをまとめてみました。
洗濯

やっと見つけたオールステンレス8連洗濯ハンガー!でも残念ながら期待値以下でした…

やっと見つけたステンレス製の連ハンガー!レックの「オールステンレス8連ハンガーW-399」です。でも意外とハンガー同志が絡まりやすく、ハンガーが簡単に変形するのも良し悪しで、正直ちょっと期待外れでした。
洗濯

部屋干しの場所はどこが良い?それぞれのメリットとデメリット

部屋干しの場所はどこが良いのか、それぞれのメリットとデメリットを考えてみました。リビング、寝室、浴室、洗面脱衣所、納戸、子供部屋や書斎、ドライルームなどが考えられますが、それぞれ一長一短です。
スポンサーリンク