部屋別収納法

押入

押入れが片づかない原因と対策!使用頻度別で前後&上下に区切るのがコツ

押入れの収納が難しい最大の原因は奥行が深いことです。布団など大きなモノなら良いですが、本や洋服など小物は相性が悪いです。対策としては、まず奥と手前に空間を分けて考えることが必要です。大きなラックなどで上下に空間を分けるということも必要になってきます。
クローゼット

クローゼットに布団を収納したい!そんなときは5つの収納アイディアで解決

クローゼットに布団を収納したい場合の5つの収納アイディア。4つ折りの敷布団を使う、ボックスタイプの布団圧縮袋を使って立て掛ける、布団袋を使ってコンパクトにする、折り畳み式のスノコベッドや、座椅子やソファになるものを使うといった方法が考えられます。
クローゼット

クローゼットが片づかない原因と対策!ハンガーと衣装ケースを要チェック

クローゼットが片づかない原因は(1)ハンガーが統一されていない、(2)引出式衣装ケースが使いにくい、(3)折れ戸にハンガーを掛けていて扉が開け閉めしにくい、(4)クローゼットの前に障害物がある、(5)洋服やバッグが雪崩を起こしているなどが挙げられます。対策は基本的にその裏返しです。
スポンサーリンク
キッチン

床下収納には何を入れたら良い?実は非常用飲料水の保管にピッタリ

キッチンの床下収納には何を入れたら良いかと質問されることは少なくありません。基本的には普段あまり使わないモノ、キッチンや洗面所で使うモノ、湿気の影響を受けにくいモノという条件にマッチしたモノが理想です。非常用飲料水を保管するのも良いでしょう。
キッチン

キッチンの吊戸棚を使いやすくしたいなら「どんでん収納」よりも「踏み台」

「キッチンの吊戸棚からゴンドラをガシャンッと下ろして中のモノに手が届きやすいようにしたい」という要望を時々聞きます。いわゆるどんでん収納のことですが、圧倒的にデメリットの方が多いのでやめておいたほうが良いです。それよりも踏み台や吊戸棚ストッカーを活用しましょう。
キッチン

料理を時短!調味料にすぐ手が届くキッチン壁面の仕組み作り【11選】

調味料にすぐ手が届くキッチンなら料理を時短できます。そのために重要なことのひとつは壁面の仕組み作り。調味料ポットの置き場所を11パターン考えてみました。壁面に両面テープやマグネットでくっつけるほか、吊戸棚を活用する方法もあります。
キッチン

システムキッチンの収納は「シンク下」と「コンロ下」の違いを意識しよう

システムキッチンの「シンク下」と「コンロ下」の違いを意識して収納できていますか。これが分かるようになると、「何をどこに収納したら良いか分からない」ということはなくなります。作業動線を意識して配置する習慣を身に付けましょう。
キッチン

キッチンの引出しは仕切るより100均の滑り止めシートを敷くのがオススメ

システムキッチンや食器棚の引出しは仕切り板で仕切るより100均の滑り止めシートを敷くのがおすすめです。浅い引出しでも深い引出しでも対応可能です。仕切り板で仕切るよりも収納物を配置しやすいうえ、100均ならコスト負担が少なく、汚れても気軽に変えられるのがメリットと言えます。
キッチン

100円均一でもOK!コンロ下の調味料はプラ箱にまとめるのが基本

システムキッチンのコンロ下は調味料ボトルなどをプラ箱にまとめるのが基本です。プラ箱は100円均一でもOK。引出式のシステムキッチンなら調味料ボトルや引出しの大きさに合わせて選べば良いだけ。扉式の場合は奥行を活かしやすいサイズを選びましょう。
部屋別収納法

洗濯機上の空間を収納に活かすアイディア&収納グッズ12選

洗濯機上の空間を収納に活かすアイディア&収納グッズ12選を紹介します。ランドリーラックを設置するのがもっとも単純ですが、それだけをみても据え置き型、立て掛け式、突っ張り式があります。DIYで棚受け金具を使ったり、2×4材を用いて棚板を設置するというのも方法です。
キッチン

【実例】収納マン宅では食器とキッチン家電をこんな風に収納しています

キッチンの家電収納付き食器棚と分別ゴミ箱の実例。収納マン宅ではパモウナの食器棚にキッチン家電と食器を収め、無印良品のスチールユニットシェルフの下半分を分別ゴミ箱として、上半分は水筒やドルチェグストなどの収納に活用しています。
キッチン

【実例】収納マン宅ではシステムキッチンをこんな風に収納しています

収納マン宅のシステムキッチンの収納の仕方を大公開。シンク下、調理台下、コンロ下に至るまで、ぜんぶ素のままの状態でお見せします。収納グッズなんて使わなくてもゾーニングと作業動線を意識した配置で使いやすくなるということがお分かりいただければ幸いです。
部屋別収納法

子供部屋はベッドの配置が最大の問題!家具レイアウトの基本に忠実にトライ

子供部屋はベッドの配置が最大の問題です。ですが、家具レイアウトの基本に忠実に取り組めばそれほど難しくはありません。大きな家具から配置し、地震対策も考えるようにしましょう。また、セミシングルサイズのベッドを使うというのも良い方法です。
クローゼット

洋服を着る頻度が重要!賃貸ワンルーム一人暮らしのクローゼット収納の基本

賃貸ワンルーム一人暮らしのクローゼット収納は洋服を着る頻度が重要です。クローゼットには着る機会が少ない洋服を優先的に収納し、普段よく着る洋服はハンガーラックなどに掛けるようにしましょう。
クローゼット

枕棚以外で!クローゼットにカバンを収納する方法6選

前回はクローゼットの枕棚にカバンを収納する方法を紹介しました。 順番がちょっと逆な感じもしますが、今回は枕棚以外、つまりパイプハンガーよりも下のエリアにカバンを収納する方法について考えてみたいと思います。 引出式衣装ケースの上に並べる もっ...
キッチン

キッチンの押入れの収納のコツ!とにかく手前を出しやすく奥は死蔵でもOK

「キッチンの押入れ」と言っても、たぶん意味が分からない人が多いと思います。 押入れと言えば普通は和室にあるものです。築年数が長い家の場合は収納はすべて押入れというケースも珍しくはありませんが、かと言って押入れがキッチンにあるという状況はイメ...
押入

洋服の衣替えも楽々♪押入れの奥行を活かす収納アイディア6選

最近は特にマンションで押入れがない家も増えてきています。しかし、日本の住宅で「収納」と言えば未だに押入れが主役という状況です。 特に一戸建ては90cmグリッドで設計されていることが多いこともあり、押入れに襖ではなく洋風の折れ戸を付けた「なん...
押入

ストレスなく布団が出し入れできて頑丈!押入れの上段をルミナスラックで仕切る方法

押入れの上段をルミナスラックで仕切る方法を紹介します。カタログ通販などで販売されている伸縮式の押入れ用布団ラックよりも安定していて、シンプルなためストレスなく布団が出し入れできます。
部屋別収納法

まるでウナギの寝床のような!奥行の深~い階段下収納の使い方

まるでウナギの寝床のような、奥行の深い階段下収納の使い方を紹介します。とにかく収納量を増やすには、キャスター付きのスチールラックを前後に4列並べ、奥から順に使用頻度の低いモノから収納していく方法。出し入れ重視なら棚をL字型に配置してウォークインできるようにするのが良いでしょう。
押入

押入れほどの奥行の階段下収納や廊下の物入れはどんな風に収納すれば良い?

廊下にある押入れほどの奥行の物入れの収納方法のご相談が意外と多いです。私がお邪魔するクライアント宅でもっともご相談が多い場所かもしれません。一般的な押入れのように中段があるケースもあれば、中段がなく床から天井までがひとつの大きな空間であるケ...
スポンサーリンク