生活家電・AV機器

生活家電・AV機器

夢〇ループより「やす~い♡」10000mAhコードレス高圧洗浄機を使ってみた

「コードレス高圧洗浄機10000mAhバッテリー付き(SQ-8106)」を使ってみました。18000mAhバッテリー付き(SQ-8107)と比較すると、バッテリー容量だけでなく、噴射モードも少ないです。一方で、ノズルは金属が多用されており、価格は少し安いです。
生活家電・AV機器

「6in1コードレス高圧洗浄機」でベランダの外壁を洗ってみました

「6in1コードレス高圧洗浄機18000mAhバッテリー付きSQ-8107」(MDHL(R)9980VF)を使ってみました。水圧が不十分だとかすぐに壊れると言った低評価の多い商品ですが、こちらに関しては威力は十分です。取り回ししやすく、コンパクトで収納しやすいのもメリットだと思います。
生活家電・AV機器

個別に電源管理ができる!Merossスマート電源タップMSS425FJP

「Meross スマート電源タップ MSS425FJP」を使ってみました。ACコンセントが4口、USB(type A)ポートを4口備えており、遠隔操作で個別に電源のオンオフが可能です(USB4口は一括)。アレクサやグーグルホームでの音声操作も可能。スケジュール、タイマー、シーン設定もできます。
スポンサーリンク
生活家電・AV機器

パナ除湿機のリコールでアイリスのサーキュレーター付きに買い替えた結果

パナソニックのハイブリッド方式除湿乾燥機(F-YHE120)がリコールの対象となったため、代わりにアイリスオーヤマの「サーキュレーター衣類乾燥除湿機 IJD-I50-WH」を購入しました。しかし、洗濯物がなかなか乾きません。水タンクを外すと水が漏れるし、不満が多いです。
生活家電・AV機器

有料プランなしでも検知機能が豊富!「Tapo C320WS」設置してみた

TP-Linkの屋外用防犯カメラ「Tapo C320WS」を購入しました。月額料金を支払わなくてもアクティビティゾーン設定やエリア通過検知、AI人物検知など検知機能が豊富なのが素晴らしいです。ただし、公道に面している場合はヘッドライトで誤検知することが多いです。
生活家電・AV機器

マスプロの天井付けドーム型防犯カメラ「WHCFHD-D」試してみた

マスプロの天井付けドーム型防犯カメラ「WHCFHD-D」を設置しました。カメラの向きを変える作業が面倒で、夜間は端の方が曇って見えてしまいます。カメラ毎に設定を変えられないWHC7M2の欠点も露見しました。良かったのは両面テープで仮止めできることくらいです。
生活家電・AV機器

収納マンが2022年に「買って良かった」と心から思う生活関連品ベスト8

収納マンが2022年に「買って良かった」と心から思う生活関連品は、パナソニック「リアルプロ」、アイリスオーヤマ「カラリエFK-D1」、センチュリー「デスクスパDS-3」、「スイッチボット」、amazon「Echo Show 15」、コジット「サクッとあげものちゃん」など。
生活家電・AV機器

意外と電気代高い!ダイニチのハイブリッド式加湿器「HD-RX920」

ダイニチ工業のハイブリッド式加湿器「HD-RX920-W」を購入しました。アイリスオーヤマの加熱式と比較して電気代を抑えられると期待したのですが、7割ほどは消費電力最大の状態で稼働していることが分かりました。しかも、石油ファンヒーターを使っていれば加湿器はほぼ必要ないそうです。
パナソニック

パナソニックがテレビの壁掛けをようやく本気で考えた!ウォールフィットLW1

パナソニックの「ウォールフィットテレビ(LW1シリーズ)」は石膏ボード壁に取り付けできる専用金具がセットになった薄型テレビです。下地を探す必要がなく、別に金具を用意するコストや手間も無用。おまけにワイヤレスチューナーでTVアウトレットから離れた場所でもOK。
生活家電・AV機器

amazonで買ったDCTの充電式ワイヤレス防犯カメラがゴミすぎた

Amazon's Choiceというタグを信用してDCTの「充電式ワイヤレス防犯カメラ CG1」を購入しました。しかしながら、アクティビティゾーンの設定など肝心の機能は有料プランを契約しないと使えません。センサーは誤作動が多く、カメラの真下に入ってようやく反応するレベル。ゴミ以下、詐欺です。
生活家電・AV機器

まるで天日干し!アイリスオーヤマの布団乾燥機「カラリエFK-D1」

アイリスオーヤマの布団乾燥機「カラリエFK-D1」を購入しました。昔のように専用の袋を使わなくてもシーツも掛け布団も隅々まで洗いたて&天日干ししたてのようになってビックリしました!デザインもインテリア性が高くてどこに置いても違和感がありません。
生活家電・AV機器

パナでもOK!「スイッチボット」装着で門燈の朝晩の消灯&点灯を自動化

「スイッチボット」を使ってポストユニットの朝晩の消灯&点灯を自動化しました。パナソニックのスイッチプレートに取り付けるにはそのままだとかなり不安定ですが、MDF合板をスペーサーとして噛ませることでシッカリと取り付けることに成功しました。
生活家電・AV機器

「Tapo C100」から「C210」に買い替えで首振り&画質UP

TP-Linkの「Tapo C100/A」から「C210/A」に買い替えました。カメラの向きを自由に変えることができるのとフルHDの高画質になったことがメリット。一方で、画角が狭くなったと感じます。また、天井への取付けもマステ+超強力両面テープでは無理だと思います。
生活家電・AV機器

収納マンが2021年に「買って良かった」と心から思う生活関連品ベスト9

収納マンが2021年に「買って良かった」と心から思う生活関連品を9点ご紹介します。その中でももっとも良かったのはエコバックスのロボット掃除機「DEEBOT OZMO T8」。床を掃除してもらっている間に他の場所を掃除したり仕事や買い物ができるので大助かりです。
生活家電・AV機器

「人感センサー付き充電式LEDバーライト」を階段下収納やパントリーに設置

REDHill正規品「人感センサー付き充電式LEDバーライト Lサイズ(昼白色)」を階段下収納やパントリーに設置してみました。メーカーおよび連絡先が記載されていないので、内蔵バッテリーが発火しないか心配です。マグネットの粘着シートは最初から剥がれていました。照度も十分とは言い難いです。
生活家電・AV機器

お風呂でamazon musicを聴きたくて…EarFun「UBOOM」購入

お風呂でamazon musicを聴きたくて、EarFunの「UBOOM」を購入しました。UBOOMは防水仕様のBluetoothスピーカーで、SiriやGoogleの音声アシスタントを呼び出すことができます。しかし、alexaを呼び出すことはできず。また、スマホのSiriやGoogleは呼び出せてもスマートスピーカーには対応していないようです。
生活家電・AV機器

エコバックスDEEBOTが「○○できない」で困ったこととその解決方法

ECOVACS(エコバックス)のロボット掃除機「DEEBOT OZMO T8(ディーボット・オズモ・ティーエイト)」の設定などで困ったこととその解決方法。アプリに接続できないときは携帯回線をオフにすることで解決。Google Homeと連携するにはスマートホーム一覧から「ECOVACS」を選ぶ必要があります。
生活家電・AV機器

OZMO T8に「PROストロング電動クリーニングモップキット」は必要?

ロボット掃除機・ECOVACS(エコバックス)「DEEBOT OZMO T8(ディーボット・オズモ・ティーエイト)」を購入するにあたり、「OZMO PRO ストロング電動クリーニングモップキット」を買うべきか否か。ぶっちゃけ、私は買ったほうが良いと思います。もしくは最初からセットになっている「OZMO T8 AIVI」を選ぶのも良いでしょう。
生活家電・AV機器

ルンバ等と比較してエコバックス「DEEBOT OZMO T8」を選んだ理由

ECOVACS(エコバックス)の「DEEBOT OZMO T8」を購入するにあたって比較したロボット掃除機は、アイロボットのルンバi7、パナソニックのルーロMC-RSF1000、アンカーのユーフィ・ロボバックL70、ロボロックのS5 Maxの主に4台でした。ルンバとルーロは価格が高い割りに機能的にもあまり魅力がなく。結果的にエコバックスのほうがアンカーとロボロックより賢かったと思います。
生活家電・AV機器

誤解してた!ロボット掃除機があればもう人間が掃除する必要ないじゃない

ECOVACS(エコバックス)の「DEEBOT OZMO T8(ディーボット・オズモ・ティーエイト)」というロボット掃除機を買いました。どうせそんなにキレイにならないし、何度もヘルプを求められると思っていたのですが、むしろ私が掃除するよりも上手でした。おまけに水拭きもできて、クイックルワイパーはもう必要ないとすら思いましたよ。
スポンサーリンク