多用途一覧

ルミナスラック廉価版より割高?DCM「ニューワイヤーシェルフ」

ケーヨーD2では従来、山善のメタルシェルフを扱っていましたが、DCM傘下となって以降、DCMオリジナルの「ニューワイヤー シェルフ」(WSD9018-5/WSD9015-4)および「ニューワードローブ」(WSD9018-3)に切り替えられました。モノはドウシシャのルミナス互換品(エコノミーラック)とほぼ同じと思われます。

無印良品のユニットシェルフにはクロスバーよりバックパネルがオススメ

無印良品のスチールまたはステンレスユニットシェルフをセット品ではなくバラで購入する場合、バックパネルを積極的に活用してみましょう。バックパネルはクロスバーと同じかちょっと高いくらいの価格でありながら、横揺れしにくい、機能的に使えるなどのメリットがあります。

ライナケースより丸みがあってサイズも豊富!ヒマラヤ「カトレケース」

100円ショップのセリアで販売されているヒマラヤ化学工業所「カトレケース」は同社の「ライナケース」よりコンパクトながらサイズもカラーバリエーションも豊富。デザインも丸みを帯びていてカワイイですが、こういう小さなプラ箱を多用するとかえってゴチャついて見えるので危険です。

いまセリアのプラ箱売場がアツイ!ヒマラヤ化学工業所「ライナケース」

100円ショップのセリアで販売されているヒマラヤ化学工業所「ライナケース」は山田化学の「ラッセバスケット」に似ています。ラッセ同様、全体が網目状ではなくフラットで、マットな質感のポリプロピレン製。しかも日本製。ただし、ライナケースはカラーボックスに適したサイズ展開です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク