本棚

モノ別収納法

本棚が壁面を占める面積が1/2で済む!段違い書棚を使うメリット

段違い書棚とは、棚板を前後に分けて、前後それぞれに本を収納することができる本棚のことです。後ろ側の棚板を少し高くすることで、後ろ側の本が前側の本に完全に隠れてしまうことがありません。 本棚が壁面を占める面積が1/2で済む! ...
モノ別収納法

スライド書棚はこのまま消えゆく運命なんでしょうか?

スライド書棚について調べていたところ、いくつかのことが分かりました。 スライド書棚の老舗ブランドと言えば丸伸のブックマンだったんですが、現在、丸伸は製造を中止しており、ハピネスコーポレーション書院の書院シリーズがその代役を担っているよ...
モノ別収納法

文庫本・コミック・単行本・雑誌のサイズと重量(本棚に収納可能な量の目安)

どのくらいのサイズの本棚を買ったら、どれくらいの量の本を収めることができるか?これは意外とピンと来ないところだと思います。そんなわけで今回は、文庫本、コミック、単行本、雑誌のそれぞれのサイズと重量と、本棚に収納可能な量の目安を紹介したいと思...
モノ別収納法

組立式本棚【徹底比較】IKEA・BILLY(ビリー)vs大洋・エースラック

組立式本棚の北欧代表IKEA「BILLY(ビリー)」と日本代表 大洋「エースラック」を徹底比較します。突板を使ったインテリア性、6千円台からの低価格という点ではビリー、低ホルムアルデヒドで安心、国産で高品質、固定棚がないフルオープン構造など、機能性や耐久性ではエースラックに分があると思います。
スポンサーリンク