アンティバック2K「MAGIC BALL」再来!しかし不満点も…

家族で無印良品に行くと、息子が超音波アロマディフューザーを見て、決まって「コレめちゃいいわ~」と言います。

そこで私が「買っても良いけど?」と言うと、「いや、でも前にパパが借りてきた丸いやつのほうが良いわ」と言い、妻も「そうよねー」と相槌を打つのがお決まりのパターンになっていました。

息子が言う「丸いやつ」とは、アンティバック2Kの「MAGIC BALL(マジックボール)」のことです。4年ほど前に販売元からお借りしたのですが、そのことを息子は未だに覚えているわけですね。

収納マンの自宅のリビングで使っている加湿器の水タンクの一部が壊れ、空気清浄器ももう10年くらい使っているので、…

当時、息子はまだ小学校に入る前でしたけど、今ならもう蹴飛ばす心配もないでしょう。そこで、思い切って買っちゃうことにしました!

アンティバック2K「MAGIC BALL」

アンティバック2K「MAGIC BALL」

というわけで、こちらが今回自腹で購入しましたアンティバック2Kのマジックボールです。先日の楽天スーパーセールで実質2万円弱くらいで買いました(笑)

「あれ?前より小さくなった?」と思ったんですけど、調べて見ると大きさは変わっていない様子。同梱品も基本的に変わっていませんが、ACアダプタがブラックになり、ソリューションボトル用のポンプも付属していません。



1回分ソリューション×5同時購入

トライアル(1回分)ソリューション×5

以前に販売元からお借りしたときはサンプルでトライアルソリューション(1回分)が同梱されていましたが、今回は付属していません。マジックボールのソリューションには19種類の香りがあり、以前に使ったときの香りも覚えていないので、とりあえず5種類のトライアルソリューションを試してみることにしました。

左から、リラックス、グレープフルーツ、フルーティーアップル、ガーデニア、スプラッシュリリーです。

1回分=5mlで税込247円となかなか高価です。マジックボールはランニングコストが高いですよねー。

セッティング開始!

セッティング開始!

以前に使ったことがあるものの、説明書を順番に確認しながらセッティングを開始します。まずガラスホウルに水を入れ、ソリューションを入れます。

カバーをガラスボウルに被せる

そして、ガラスボウルの上にカバーを被せて、電源コードを挿して…

スイッチオン!

スイッチオン!幻想的な光とともに、部屋中にパァッと香りが広がりました~♪

やっぱり良いですわー、マジックボールは!

…と、マジックボールに癒されながら取扱説明書を読み進めてみると、ひとつミスを犯していたことに気付きました。

初めてマジックボールをご使用になる前には、アンティバック2Kソリューションを入れずに水だけで稼働させてください。

いやいやいや…ちゃんと説明書を読まなかった私が悪いんですけど、そういうことは一番最初に書いておいてくださいな。確かに、以前に自分で書いた記事にも同じことが書いてありましたが、忘れておりましたよ(苦笑)

4年経って進化なし

ACアダプターがデカイ

マジックボールが4年ぶりに我が家にやってきて、妻も息子も大喜びです(娘は無反応・苦笑)。私も満足なんですが、一方でいくつか不満もあります。

まず、ACアダプターがデカいです。一般的な空気清浄機と違って水を撹拌させるので動力が大きいのは理解できますが、4年経っても進化が見られないというのはどうなんでしょう?

同様に、音も気になるところです。これも4年経っても変わらず、シャーッという金属を擦るような音がします。

一般的な空気清浄器であれば24時間365日つけっぱなしで問題ありませんが、マジックボールは水とソリューションを使うということもあって2~3日に1回は水を入れ替えるなどする必要もあります。もうちょっと手軽に使えるように進化しないとダメだと感じました。

125mlと300mlボトルも購入

125mlと300mlのボトルも購入

今回は125mlと300mlのソリューションボトルも購入しました。右がソリューションで一番人気だというグリーンティー、左が2番目くらいに人気らしいハーブガーデンです。

300mlが一番コスパが良いですけど、楽天市場で一番安いところで買っても1mlあたり20円弱。我が家では1日5時間くらいの使用で、3日に1度くらいの頻度で水を替えるので、1日あたり30円くらいのランニングコストとなります。

なお、ソリューションに同梱されていた説明書によると、ソリューションの効果は通常48時間程度ということです。

125mlボトルの注ぎ口

ちなみに、125mlボトルの注ぎ口はこんな感じです。アロマオイルの小瓶と同じような感じで、ポタポタとソリューションを注ぎやすいです。

300mlボトルの注ぎ口

一方で300mlボトルは、内蓋を剥がすのに苦労しました。なかなか剥がすことができず、結局プスッと穴を開けて、穴を押し広げてから紙をめくりました。

また、口が広いので、注意して注がないとドボドボ出てしまします。

今回、4年ぶりに我が家にマジックボールがやってきて、妻と息子は手放しで喜んでいます。しかし、私は正直言って不満を新たにした感じです。

この4年ほどで世の中は大きく変化しました。電化製品は進化しましたし、アマゾンではメーカー品と遜色ない中国製品が安く買えるようになりました。インテリアショップの店頭に並んでいる商品も常に入れ替わっています。

しかし、マジックボールは悪い意味で何も変わっていません。ソリューションは進化したようですけど、300mlボトルの注ぎ口はかなりヒドイ出来栄えです。これで定価9,000円以上というのはあり得ないでしょう。

マジックボールは良い商品だと思っていたのに、これはかなり残念ですねー。

【関連記事】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク