『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売のお知らせ
スポンサーリンク

4KプロジェクターにiPhoneを繋ぐ!Lightning-HDMI変換ケーブル[PR]

BenQの4Kプロジェクター「TK800」が我が家に来てから、様々な機器と接続して楽しみました。AmazonのFireTVstickに始まり、ニンテンドーSwitch、Wii U、ブルーレイレコーダー、そしてノートパソコン。

下調べしていた限りではTK800はノートパソコンとは相性が悪いという感触を得ていたのですが、それも結果的に問題なくクリア。そうすると不思議なもので、また別の機器にチャレンジしたくなってしまいました(苦笑)

ふと、机の上に目を遣ると、そこに私のiPhoneSEが。そう言えば、iPhone3Gを持っていた頃は赤黄白のコンポジットケーブルでブラウン管テレビに繋いでプレゼンをしていたことを思い出しました。

「ひょっとして、iPhoneをプロジェクターに繋げることもできるんじゃない!?」

そう考えて、トライしてみることにしました。

※この記事はBenQの提供でお送りしています。アップルやケーブルのメーカーとは無関係ですよ(笑)

 

Ansteker・4K Lightning-HDMI変換ケーブル

Ansteker 【2018年最新版】 4K Lightning to iPhone HDMI変換ケーブル

というわけで、アマゾンで諸々物色した結果、「Ansteker 【2018年最新版】 4K Lightning to iPhone HDMI変換 ケーブル」を取り寄せることにしました。繰り返しますが、このケーブルのメーカーはBenQとはまったくの無関係です。BenQがこのケーブルの使用を推奨または保証するわけではありません。私が勝手に暴走しているだけでございます(笑)

ともあれこちらのケーブル、iPhoneのLightning端子に差し込んで、反対側のHDMI端子をプロジェクターやテレビに繋ぐというものです。USB端子も付いていますが、これは使用時の給電のためにACアダプターなどに繋ぐ必要があります。

 

ケーブルの信頼を確認

ケーブルの信頼を確認

前述の通り、このケーブルはiPhoneとプロジェクターを繋ぐだけでは働きません。USB端子をACアダプターに繋いで初めて認識されます。BenQのTK800の場合は本体背面に給電ポートがありますから、そちらに繋ぐのも良いでしょう。

で、認識されると上のような画面が出ますから、「信頼」をタッチします。



iPhoneの画面が投影された!

iPhoneの画面がプロジェクターで投影された!

「信頼」をタッチするとすぐにプロジェクターで私のiPhoneSEの画面が映し出されました!当たり前っちゅーたらその通りですけど、ガジェット好きにはたまらん瞬間ですな。

 

写真のスライドショーもOK

写真のスライドショーもOK

では早速。まずは写真アプリを開いてみましょう。画面をスワイプすれば写真が次々と表示されます。これなら家族で思い出に浸ったり、仕事でプレゼンもできますねー。

ちなみに上の写真は私の旧友がオーナーを務める自転車屋さんの前で。右の赤いのが私です(笑)

 

動画だってOK

動画だってOK

アルバムの中には動画も入っていることが多いと思いますが、それももちろん再生できます。再生中はiPhoneの画面は「AirPlay」って表示になるんですね。

 

マイクラだってOK

マイクラだってOK

マイクラなどゲームアプリもプレイ可能です。横持ちのゲームも縦持ちのゲームもできます。ただし、タッチ操作のゲームを投影された画面を見ながらプレイするというのはとても難しいです(苦笑)

 

amazonプライムビデオは?

amazonプライムビデオは?

ケーブルの商品説明では、amazonプライムビデオなどの有料動画は動作が不安定になる可能性があるということだったのですが、私が試してみた数分間は問題なく上映できました。

「GRIMM(グリム)」のシーズン6が早くプライムに解放されないかと思うと待ち遠しいです。

 

YouTubeだってOK

YouTubeだってOK

YouTube(ユーチューブ)の再生ももちろんOKです。

 

YouTube、iPhone縦持ちの場合

iPhoneを縦持ちにすると自動的に画面が同じように投影されます。ちなみに映像は「学習机評論家が考える理想の机」です。

 

そんなこんなで、検証が十分とは言い難いですが、Anstekerの「4K Lightning-HDMI変換ケーブル」は普通に使えます。プロジェクターにサッとiPhoneを繋いで写真の上映会やプレゼンをしたらスマートですよね。

もっとも、写真の上映会がメインなら「Apple TV 4K」を使ったほうがもっとスマートだと思います。しかし、AppleTVは高価だし、出先だとネットワークに接続できないというケースもあるでしょう。その点、「4K Lightning-HDMI変換ケーブル」なら安価に手軽にプロジェクターやテレビと接続できます。

プロジェクターにiPhoneを繋ぎたい、けれどもAppleTVを買うほどではないという場合には、この変換ケーブルは便利なんじゃないでしょうか。

というわけで次回はいよいよ大詰め、せっかくの4Kプロジェクターだからスクリーンを設置して鑑賞しようという話です。これは収納面にも絡んでくる話ですから、乞うご期待ください!

続編

賃貸でホームプロジェクターを置く場合に最適なスクリーンを選んでみた[PR]
BenQ提供、4KプロジェクターTK800を用いた収納法を考えるプロジェクトも最終回。今回は賃貸でホームプロジェクターを置く場合に最適なスクリーンを選んでみました。三脚式は場所を取る、省スペースの自立式もやや厳しい、ロール式も中途半端な高さになってしまうということで、壁に直接貼ることにしました。

関連記事

SwitchもOK!BenQの4Kプロジェクター「TK800」使ってみた[PR]
BenQの4Kプロジェクター「TK800」を使ってみたレビューです。Amazon Fire TV stickやニンテンドーSwitch、Wii U、ノートパソコン、ブルーレイレコーダーの接続もOK。小学生でも直感的に使える操作性で、さすがに映像も大変美しいです。
プロジェクター収納法(1)無印良品「PPキャリーボックス」でテーブル下に[PR]
BenQ提供、4KプロジェクターTK800を用いた収納法の第1弾。無印良品の「ポリプロピレンキャリーボックス・ロック付・大」と「ポリプロピレン収納ケース用キャスター」を使って、リビングテーブル下に収納することができます。使うときも取り出すのがとても楽です。
プロジェクター収納法(2)IKEA「LACKコーヒーテーブル」が投影台に[PR]
BenQ提供、4KプロジェクターTK800を用いた収納法の第2弾。IKEAの「LACK(ラック)コーヒーテーブル」を使えば、テーブルの棚がそのままプロジェクター台になります。電源ケーブルやリモコンはバスケットに収めて一緒に置けばOK。
プロジェクター収納法(3)メタルラックで収納を高層化して置き場所確保[PR]
BenQ提供、4KプロジェクターTK800を用いた収納法の第3弾。メタルラック(ルミナスラック)を使って収納を高層化することでプロジェクターの置き場所を確保することができます。電源タップも一緒に収納可能。天板にノートパソコンを置けば、楽に操作できます。
プロジェクター&電源タップの配線収納はマステとHDMIセレクターが決め手[PR]
BenQ提供、4KプロジェクターTK800を用いた収納はついに電源タップやHDMIケーブルの配線収納に話題が及びます。電源タップのケーブルはカモ井のマスキングテープがオススメ。3台以上の機器を繋ぐ場合はHDMIセレクターを使うと良いでしょう。
BenQ・TK800の詳しい情報はこちら
BenQ TK800 真の 4K HDR ホームエンターテイメント・プロジェクター
ライブスポーツに没頭できる真の 4K HDR 明るいリビングルームや裏庭パーティで、壮大なスポーツ観戦が満喫できる、鮮やかなHDRカラーで3000ルーメン高輝度のエンタ-テイメント・プロジェクターTK800

コメント