『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中
スポンサーリンク

百均セリアで見つけた石膏ボード壁用「ピンフック」がアルミ製でシンプル

ダイソーの石膏ボード壁用フック各種

最近は100円ショップでも様々な種類の石膏ボード用フックが店頭に並んでいます。ワンプッシュで取り付け可能なものから3本の小釘を使うもの、貼って剥がせるタイプもあります。

ホームセンターなら300円以上もするところが100円ショップなら税別100円で済むのですからコスパが良いです。しかし、お金はタダ取りません。どうしても100均の石膏ボード用フックは安っぽいものばかりでした。

その点、セリアで見つけた新しい石膏ボード用フックはそんな常識を覆すものだと思います。

 

ピンフック@セリア

だいゆう・ピンフック@セリア

こちらが先日わたくしがセリアで発掘した、だいゆうの「ピンフック」でございます。発掘と言ってももちろん床から掘り起こしたわけではありません。フック売場に吊り下げられていたものを「おお!」と言って連れ帰ってきた次第です。

だいゆうのフックってセリアでは吸着式などたくさん扱ってますが、ほかの100円ショップでは見かけないですね。

ニトリのシールフックとは全然違う!セリア×だいゆう「フィルムフック」
セリア×だいゆう「フィルムフック」のダブルタイプを使ってみました。ニトリのシールフックはユニットバスで使えたのでコレもOKかと思いきやくっつきませんでした。こちらのフィルムフックは本当にわずかな凸凹もNGのようです。

フックがアルミ製でシンプル

セリアのピンフックはフックがアルミ製でシンプル

パッケージのままでは照明が反射して見にくいですね。取り出してよく見てみましょう。

だいゆうのピンフックはフックの部分がシルバー色のアルミ製です。そのため、100円均一にありがちな安っぽさがありません。100円とは思えないほど、シンプルでスタイリッシュな感じです。

白い部分はABS樹脂ですが、キレイな円筒形なのでデザインを崩していません。石膏ボード壁に刺さる部分はステンレス製のワンプッシュタイプとなっています。

上手に刺すのが意外と難しい

セリアのピンフックは上手に刺すのが意外と難しい

早速、ひとつを壁に刺してみました。ですが、これが意外と難しいです。なかなか思い通りの角度で刺さらなくて、円柱形のパーツと壁の間にすき間が生じてしまいます。

こういうワンプッシュタイプはこれまでにも何度か使っていますが、これほど真っ直ぐ刺さらないのも珍しいです。デザインは良いけど力加減が難しい形状と言えるでしょう。

耐荷重は最大2kg

セリアのピンフックの耐荷重は最大2kg

三度目の正直でピタリと壁に刺さりましたので、耐荷重を確認してみました。パッケージには「最大保持荷重2kg」と書かれており、1.5リットルのペットボトルを吊り下げても大丈夫でした。

ワンプッシュタイプでこれだけ掛けられたら十分ではないでしょうか。

ピン跡もさほど目立たず

セリアのピンフックはピン跡がさほど目立たない

ピンフックを抜いたあとの穴は押しピンで刺した程度で、一般的なワンプッシュタイプの石膏ボード用フックと比較しても変わりません。使用感としてはまったく問題ないと言って差し支えないでしょう。

 

一般的にデザインが良いものは基本機能がお粗末だったりします。100均ならなおさら、品質面を疑ってしまうものです。

しかしながら、今回セリアで見つけたピンフックは拍子抜けするほど普通に使えました。デザイン的に若干の刺しづらさはあるものの、耐荷重や刺し跡という点では何ら問題ありません。フックの大きさも2kg程度のものを掛けるのに適切な大きさだと思います。

石膏ボード用フックは一家に一つ常備して置いておいて良いくらいに出番が多いですから、これはセリアで見つけたら即買いでも良いかもしれませんね。

関連記事

セリアで見つけた「マグネット付D型フック」はユニットバスでも使える!
100円ショップのセリアで販売中のエコー商事「マグネット付D型フック2P」を試してみました。スチール製の玄関ドアに長傘を掛けたり、洗濯機横に貼り付けてハンガーを掛けることもできます。ユニットバスの壁面にもくっつくのでスプレーボトルやボディブラシを掛けても良いと思います。
【石膏ボード壁用フック6選】100均で手に入るものから壁にまったく穴を開けないものまで
100均で買えるものも含めて賃貸でも気軽に使える石膏ボード壁用フックを6つセレクトして紹介します。ワンプッシュで使える100円ショップのプッシュピンや東洋工芸のかけまくり、3プッシュの和気産業・Jフック、ホッチキスを使う若林製作所の壁美人、ウェルスジャパンのキズが超小さいフック、接着タイプの清和産業・くりぴた。
ダイソーの「針穴をあけない壁紙に貼れるフック」を百均フック各種と比較
ダイソーの「針穴をあけない!壁紙に貼れる壁紙用フック」の使い方と、100均などの石膏ボード壁用フックと比較したうえでのメリット&デメリットをまとめてみました。従来の石膏ボード用フックと比較してまったく穴が開かない一方で、貼り直しが利かないなどのデメリットもあります。
ライクイットから壁に取り付けられる収納!石膏ボード壁用フック各種発売
吉川国工業所(ライクイット)から「壁に取り付けられる収納」シリーズ(On The Wall Series)が発売されました。石膏ボード壁だけでなく、木質系壁やコンクリート壁にも取り付けられる、フック、ポット、ホルダー、ポケット、ポケット×2の5アイテム、各4色です。

コメント