2024年4月23日(火)から最長25日(木)にかけてサーバーの更新を予定しています。その間はコメントがうまく投稿or返信できない可能性があります。

百均なのにエコ素材!セリアに「LIMEX」使ったコンテナボックス登場

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

100円ショップで販売されているプラスチック製の収納グッズの多くはポリプロピレンでできています。ほかに多いのは、ABS、スチロール、PET、ポリエチレンなどでしょう。脱プラスチックが叫ばれて久しいですが、庶民にとっては少なくともエコノミーでありがたい存在です。

一方で、ニトリの「Nインボックス」や無印良品の「ファイルボックス」などのように、収納グッズでもリサイクル原料を使用することで環境に配慮するという取り組みが始まっています。それでも100均ではさすがに難しいだろうと思ってましたが、なんとセリアに「LIMEX(ライメックス)」を使った収納グッズが登場したのです!

※この記事は2023年9月29日時点の情報に基づいています

 

ナカヤ化学産業・ECOコンテナ

ナカヤ化学産業・ECOコンテナ (B)4955959223719 (C) 4955959223818 (A)4955959223610

BCA
品番V237-1V238-1V236-1
JANコード495595922371949559592238184955959223610
外寸(mm)80×80×60160×80×60160×160×32
内寸(mm)76×76×5575×157×55156×156×26
材質炭酸カルシウム、ポリプロピレン
耐熱温度120℃
生産国日本
税込価格110円

※内寸は収納マン実測

このたびセリアで販売開始されたエコな収納グッズは、ナカヤ化学産業の「ECOコンテナ」という商品です。基本的には引出しの中を整頓するためのボックスという感じで、3サイズが用意されています。

このECOコンテナにはLIMEX(ライメックス)が使われています。ライメックスは石灰石を主原料としており、炭酸カルシウムなど無機物を50%以上含む無機フィラー分散系の複合素材。リサイクルも可能です。

ライメックスはこれまでにもレジ袋やボールペンなどで普及が進んでいましたが、個人的にはようやくここまで身近になったかという思いです。

ちなみに、ナカヤ化学産業のECOコンテナはキャンドゥでも取り扱っているようです。

半つや消しでシッカリした質感

ナカヤ化学産業・ECOコンテナは半つや消しでシッカリした質感

ECOコンテナの質感は先入観がなければ普通のポリプロピレンかABSかと思う感じです。半つや消しで、石灰石が入っていると言われればなるほどと納得してしまいます。

厚みは2mm。シッカリしており、ボリューム感は十分です。リサイクル原料を使った製品にありがちなブラック系ではなくホワイト系なのが良いですね。

ECOコンテナB

ナカヤ化学産業・ECOコンテナ Bとダイソー・ONE storage 85×85×45

ECOコンテナBにサイズが近いダイソーの「ONE storage 85×85×45mm」を横に並べてみました。

このサイズのONE storageは2個セットで税込110円ですから、それに比べるとECOコンテナBはコスパで劣ります。しかしながら、ONE storageは厚みが2mm弱のポリスチレン製で中国製ですから、日本製のECOコンテナBのほうが質感が良いです。

ECOコンテナC

ナカヤ化学産業・ECOコンテナ Cとダイソー・ONE storage 85×170×45

ECOコンテナCとダイソーの「ONE storage 85×170×45mm」を並べて比べてみるとこんな感じです。ECOコンテナCのほうが長辺が短く高さがあるのですが、質感だけで言えばECOコンテナCのほうが素敵だと思います。

ECOコンテナA

ナカヤ化学産業・ECOコンテナAとダイソー・ONE storage 134×134×35

「ONE storage 134×134×35mm」と比較するとECOコンテナAは二回りくらい縦横が大きいです。マーカーやボールペンを収納すると良い感じでしょうか。

 

というわけで、ナカヤ化学産業のECOコンテナはライメックスが何なのかということを知らないと普通の引出内整頓ボックスですが、エコ素材を使っていることを評価してもらえば手に取ってもらえる可能性はあるでしょう。そこを評価しなくても、質感は上々です。

とは言え、無駄なものを買わないのがもっともエコです。必ずしも必要ではないモノのために収納グッズを買ったり片づけの手間暇を掛けることほど無駄なことはありません。本当の意味でエコなモノとの付き合い方をしていきたいものですね。

関連記事

カインズ「スキット」キラー爆誕!ダイソー「ONE storage収納ケース」
ダイソーの新商品「ONE storage」シリーズの「収納ケース」はスゴイ!サイズバリエーションが10個もある、キチッとした感じのスクエアなプラ箱なのです。デスクからタンスまで引出しの仕切りとして、またカラーボックスのインナーケースとしても使えるでしょう。
セリアでIKEAのカックラ見つけた!?ヒマラヤ化学「伸縮収納トレー」
100円ショップのセリアで販売しているヒマラヤ化学工業所の「伸縮収納トレー」はIKEA(イケア)の「KACKLA(カックラ)伸長式ボックス」によく似た引出内整頓用グッズです。菜箸を収めるにはちょっと短く、カトラリーや文房具には深すぎるため、下着の収納に適していると思われます。「伸縮キッチン整理トレー」ならちょうど良い深さですが、幅広が欲しところ。
ニトリのファイルケースNオールとNインボックスにエコなブラック色が登場
ニトリの「Nオール」のA4ファイルケースとA4ファイルスタンド、インナーボックスの「Nインボックス」、3段プラチェストの「デコニーシーヴォ2」にブラック色が追加されました。リサイクル原材料を20%以上使用することで「Nitori′s ecology」基準を満たした商品です。マグネット収納「FLAT」もブラックが追加されています。
引出しを仕切るにはイノマタ化学の「キッチントレー」が最強だと改めて思う
100均のイノマタ化学の「キッチントレー」スリムとワイドを使って食器棚の引出しのカトラリーを収納しました。ホワイト色はダイソーでも売ってますが、クリアー色はセリアだけ。それを積み重ねて上段に使うことで下段が透けて見えます。

コメント