『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中
スポンサーリンク

カインズ「スキット」キラー爆誕!ダイソー「ONE storage収納ケース」

100円ショップに行って引出しの整理トレーを探しても、なかなか思うようなサイズのものが見つからないということが多いと思います。できるだけお揃いにしたいのに、ひとつのデザインは3~5個くらいしかサイズバリエーションがないですからね。

そんなときはカインズやイオンに行って整理トレーを買うという人もいるでしょう。ですが、これがなかなかお高いのです。100円ショップに売ってそうなサイズのものまで200~300円しますし、ちょっと大きいものなら500円以上もします。

しかし、そんな常識もダイソーが打ち破ることになるのかもしれません。

 

ダイソー・ONE storage 収納ケース

ダイソー・ONE storage収納ケース

このたびダイソーが販売を開始した「ONE storage」シリーズの「収納ケース」はスゴイですよー。なんとサイズバリエーションが10個もあります!

未だかつてダイソーにこんなにサイズバリエーションが豊富なプラ箱が登場したことがあったでしょうか。まるでカインズの「スキット」のようです。

(1)キッチン収納No.105

ダイソー・ONE storage収納ケース4549131885644

JANコード4549131885644
税込価格110円 ※本品のみ2個組
外寸85×85×45mm
内寸※181×81×41mm
材質※2耐衝撃性ポリスチレン
製造国※2中国

※1…内寸は収納マンによる実測 ※2…材質および製造国は以下すべて同じなので省略

(2)キッチン収納No.106

ダイソー・ONE storage収納ケース4549131885637

JANコード4549131885637
税込価格110円
外寸85×85×87mm
内寸81×81×83mm
(3)キッチン収納No.107

ダイソー・ONE storage収納ケース4549131885620

JANコード4549131885620
税込価格110円
外寸85×170×45mm
内寸81×166×41mm
(4)キッチン収納No.108

ダイソー・ONE storage収納ケース4549131885613

JANコード4549131885613
税込価格110円
外寸85×170×87mm
内寸81×166×83mm
(5)キッチン収納No.109

ダイソー・ONE storage収納ケース4549131885606

JANコード4549131885606
税込価格110円
外寸85×255×45mm
内寸81×251×41mm
(6)キッチン収納No.110

ダイソー・ONE storage収納ケース4549131885552

JANコード4549131885552
税込価格110円
外寸85×255×87mm
内寸81×251×83mm
(7)キッチン収納No.147

ダイソー・ONE storage収納ケース4549131885569

JANコード4549131885569
税込価格110円
外寸85×255×133mm
内寸81×251×128mm
(8)200円キッチン収納No.10

ダイソー・ONE storage収納ケース4549131885576

JANコード4549131885576
税込価格220円
外寸85×255×173mm
内寸81×251×168mm
(9)200円キッチン収納No.9

ダイソー・ONE storage収納ケース4549131885583

JANコード4549131885583
税込価格220円
外寸170×255×133mm
内寸166×251×128mm
(10)200円キッチン収納No.13

ダイソー・ONE storage収納ケース4549131885590

JANコード4549131885590
税込価格220円
外寸170×255×173mm
内寸166×251×168mm

高さ45mmは長さ3サイズ

ダイソー・ONE storage収納ケースの高さ45mmは長さ3サイズ

ダイソーの「ONE storage 収納ケース」は高さ45mmのものが3サイズあります。(1)・(3)・(5)の3つで、(1)と(3)の長辺を合わせると(5)の長辺と等しくなります。

(1)は箸置きや消しゴム、(3)はティースプーンやペン、(5)は箸やハサミなどに適した大きさで、これらは以前からも100円ショップで整理トレーとして販売されていた大きさと言えるでしょう。

高さ87mmも長さ3サイズ

ダイソー・ONE storage収納ケースの高さ87mmも長さ3サイズ

ONE storage 収納ケースが100均で特徴的と言えるのはここからです。高さ87mmのものが3サイズ用意されています。こういう大きさの整理ケースは100均ではあまり見かけません。なお、こちらも(2)と(4)の長さを足すと(6)の長さと同じになります。

この深さと幅は、キッチンだと調味料を収めるのがふさわしいでしょうか。あとは下着を収めて整理タンスや引出式衣装ケースの仕切りと使うのに適していると思います。

高さ133mmは2サイズ

ダイソー・ONE storage収納ケースは高さ133mmは2サイズ

高さ133mmは2サイズ。長辺は同じ255mmで短辺が85mmと170mmとなっています。なお、この高さからは持ち手の穴が開いています。

(7)は350ml缶3本がすっぽり収まる大きさ。(9)はレトルトカレーのパッケージが11箱くらい収まるサイズです。この高さだとシステムキッチンや食器棚の引出しで仕切りとして使うのがメインになってくると思います。

高さ173mmも2サイズ

ダイソー・ONE storage収納ケースは高さ173mmも2サイズ

高さ173mmのものも2サイズあります。こちらも長辺は同じ255mmで、短辺が85mmと170mmとなっています。このサイズ感はこれまでダイソーでは冷蔵庫内用の根菜類収納ケースくらいしかなかったのではないでしょうか。

(8)は500mlのペットボトルが3本収納できるサイズ。もっとも、ボトルネックから上は飛び出しますが。ちなみに、(8)はB5用紙を収めるのに良いかと思いましたが、長辺はギリギリ入りませんでした。また、A4用紙の短辺ならOKですが、A4ファイルはギリギリ無理ということも多々ありそうです。

(10)は2斤の山型食パンがすっぽり収まるくらいの大きさです。こちらもシステムキッチンの引出し内で使うほか、カラーボックスのインナーケースとして使うイメージだと思います。

85×85mmは高さ2サイズ

ダイソー・ONE storage収納ケースの85×85mmは高さ2サイズ

基本的にダイソーのONE storage収納ケースは同じ高さのものを使って引出し内を仕切る使い方がメインだと思いますが、念のため底面積でも分類してみました。85mm角は(1)と(2)でそれぞれ高さは45mmと87mmです。

85×170mmは高さ2サイズ

ダイソー・ONE storage収納ケースの85×170mmは高さ2サイズ

底面積85×170mmのものはこちらも高さ45mmと87mmの2サイズです。

85×155mmは高さ4サイズ

ダイソー・ONE storage収納ケースの85×155mmは高さ4サイズ

続いて、引出内の整理ケースとしてはもっとも使用頻度が高いであろう底面積85×255mmのもの。こちらは高さ45mm、87mm、133mm、173mmの4サイズです。

170×255mmは高さ2サイズ

ダイソー・ONE storage収納ケースの170×255mmは高さ2サイズ

もっとも底面積が大きい170×255mmは高さ2サイズで、133mmと173mmがあります。

底面にナンバリングされてます

ダイソー・ONE storage収納ケースは底面にナンバリングされてます

ONE storage収納ケースは底面に(1)~(10)までナンバリングされているので、ここをちゃんと確認すれば買い間違える心配はないでしょう。買い足すときは…それまでこの商品が継続しているかどうか定かではありませんが(苦笑)…番号を確認すれば安心だと思います。

なお、上写真のように四隅が補強されているので底面は結構丈夫です。

ペラいので持ち運びには不向き

ダイソー・ONE storage収納ケースはペラいので持ち運びには不向き

一方で、小さいサイズはともかく、サイズが大きくなればなるほど持ち運ぶには不向きと感じます。ご覧の通り、ちょっと押すだけでグニャッと変形してしまうからです。重い飲料などを収めた状態で持ち運ぶと割れかねませんし、フライパンを立て掛けようものならすぐに変形してしまうと思います。

ちなみに、このシリーズの側面の板厚は約1.6mmです。前回ご紹介したダイソーの新しいファイルボックスや無印良品のそれは約2.0mmでそれより約20%肉薄という計算ですが、数字以上に頼りなく感じます。

というわけで、やはり軽いモノの収納をメインに、引出しの仕切りとして使うのが良いでしょう。

ダイソー新商品「ファイルボックス」に無印良品もニトリもイオンも驚愕必至!
ダイソーから無印良品ライクな「ファイルボックス」が発売されました。とは言え、ニトリにもイオンにもライクイットにも似てると言える形状です。細部を比較してみると、100円ショップだからと言って安物買いの銭失いという感じではなく、品質的には遜色ありません。むしろコスパ良いです。強いて言えばワイドやダブルというサイズがないのだけが難点でしょうか。

サイズ違いを積み重ねることもOK

ダイソー・ONE storage収納ケースはサイズ違いを積み重ねることもOK

ONE storage収納ケースは2個以上を積み重ねて使うことができます。上写真のようにサイズが異なるものを積み重ねることも可能ですが、最初から微妙に変形していたり、重いモノを収納すると変形しやすくなるので、そこはあまり期待しないほうが良いかもしれません。

カインズ「スキット」との比較

カインズ「スキット」

出典:カインズ

ダイソースキットKスキット
外寸(mm)税込外寸(mm)税込外寸(mm)税込
(1)85×85×45110円S85×85×45178円
(2)85×85×87
XS70×72×152198円
(3)85×170×45M85×170×さ45248円
(4)85×170×87ハーフSS70×142×77248円
SS70×142×152298円
(5)85×255×45L85×255×45298円
(6)85×255×87ハーフスリムロング70×282×77348円
(7)85×255×133スリムロング70×282×152398円
(8)85×255×173220円
ハーフS140×142×77298円
S140×142×152398円
ハーフM140×212×77398円
M140×212×152498円
LL170×255×45398円
ハーフL140×282×77498円
(9)170×255×133L140×282×152598円
(10)170×255×173
XL210×282×152798円
XXL210×352×152980円

ONE storage収納ケースを見てカインズの「スキットK」や「スキット」を思い浮かべた人は少なくないはずです。上表でそれらを比較してみました。

スキットKのS、M、Lはダイソーとまったく同じ大きさで、それならダイソーのほうが安くて良いのではないかと思います。一方で、スキットと比較してみるとサイズが微妙に異なるので、いくらダイソーのほうが安いとは言え、必要なサイズ次第かと思います。

なお、スキットK以外のサイズではスキットよりもむしろコーナンの「システム+」のほうがサイズ感が似ていると感じたマニアックな方もいらっしゃるかもしれません。コメリでもリバティーコーポレーションでもパール金属でもベストコでも何でも良いですけど、いずれにせよ価格面ではやはりダイソーが有利だと感じます。

 

というわけで、ダイソーのONE storage収納ケースは、とてもダイソーで扱っているとは思えないキッチリ感の際立つ完全スクエアなプラ箱で、しかも全部で10ものサイズラインナップを誇る、未だかつてない商品です。デスクからタンスまで引出しの仕切り板として、またカラーボックスのインナーケースとして収まりやすいサイズですから、きっとこれは品切れが続出する商品になると思います。

強度はちょっとイマイチですけど、とにかくカインズやイオンやニトリあたりで買ってくるよりも安いです。また、セリアやキャンドゥにはないサイズバリエーションが魅力です。

「とりあえず買っとけー!」というものではありませんが、引出しを仕切るときなどは思い出してもらったら良い商品ではないでしょうか。

最後に…ダイソーのONE storage収納ケースは四角くてカッコイイんですけど、まとめて買うとかなりかさ張るのでご注意ください(苦笑)

関連記事

ニトリ・無印良品・イオン・カインズ・セリア「引出し整理トレー」比較
イオン、ニトリ、無印良品、ケユカ、カインズ、DCM、セリアの7社の「引出し整理トレー」を比較してみました。菜箸や玉じゃくしも収納可能なサイズがある無印良品のポリプロピレン整理ボックスは価格も安くて良いです。ただ個人的には100円ショップで売られているイノマタ化学のキッチントレーがベストバイだと思います。
無印良品を超えた!イオン・ホームコーディ「積み重ねできる整理ボックス」
イオンのホームコーディ「積み重ねできる整理ボックスL-LL」は無印良品の「ポリプロピレンファイルボックス・スタンダードタイプ1/2」のパクリのように見えます。しかし、幅がワイドタイプのものと、高さが1/3のものと、奥行が4サイズずつ揃っており、サイズバリエーションが豊富です。
アイ・ライクイット!キッチンや洗面脱衣所にカインズホームの「Skitto(スキット)」
キッチンや洗面脱衣所などを片づける際に小物をまとめるには、たいてい100均のプラスチック箱やA4ファイルボックスで事足ります。しかし、100均では強度が足りなかったり、見た目に安っぽかったり、ファイルボックスでは大きすぎたりと、不満を感じる...
カインズ「スキット」ライク!?コメリ「スマートキューブ・ボックス&トレー」
コメリの「スマートキューブ・ボックス&トレー」は、ビバホームなどで販売しているリバティーコーポレーションの「Style+(スタイルプラス)ボックス&トレー」の色違いです。プロパーがブラウンのところ、コメリはホワイト。カインズ×吉川国工業所の「Skitto(スキット)」のように並べたり積み重ねるのに便利です。

コメント