New!収納教える.コム

収納マンこと、TVチャンピオン収納ダメ主婦しつけ王 芝谷浩のブログ。部屋別・モノ別収納法、オススメ収納グッズ・家具、主夫の家事にまつわる話などを紹介します。

*

片づけが苦手な人は「分類できない人」と「出したモノを戻せない人」の2パターン

   

片づけで悩むイメージ

お片づけブログメディア”cataso(カタソ)”に収納マンの新しい記事が公開されましたのでお知らせします。

”片付けてもすぐ部屋が散らかってしまう…。綺麗に保つためにしておくこと”

 

今回の記事のように、「本棚の中身はキレイで3段ボックスの中も整理できているのに、他のモノで部屋が散らかってしまう」というようなことはよくあります。というか、ほとんどの場合がそうです。

記事では「本が好きなので本棚の中はキレイ、普段よく使うモノが集まっているから3段ボックスは片付けられる」と書きましたが、それ以外にも、使っていないモノほど整然と並んでいるということもあります。以前に片づけたっきりほとんど手をつけることがなかったため片づいた状態が維持されているわけです。

 

「分類できない人」と「出したモノを戻せない人」

片づけが苦手と言う人を大きく二つに分類すると、「分類できない人」と「出したモノを戻せない人」に分けることができます。カタソの記事では前者である可能性を強く感じたわけですが、実際のところ、多いのはこのパターンです。

片づけると言うとまず捨てなきゃいけないと誤解される方が多いわけですけども、一番大事なのは「分ける」作業です。要るモノと要らないモノを分ける、使用頻度順に分ける、カテゴリー別に分けるなどですね。分けたモノをまとめ、まとめたモノを分け、片づけとはライフスタイルの変化などに合わせてひたすら分ける作業だと言って良いくらいです。

 

几帳面に分類する必要はない!

一方で片づけが苦手と言う人は几帳面な方が多いのです。臨機応変に自分らしくやれば良いだけなのに、こうしなきゃいけないという変な思い込みが強く、他の人のやり方などが気になったりします。そうすると、身の周りのモノは自分に合わせて揃えているはずなのに、他人であったり世間一般の常識に合わせて分けなければならないという不自然な考えに陥り、分け方が分からなくなってしまいます。

「分け方が分からない」と言う場合、そもそも何がどれくらいあるのか分かっていないことがほとんどです。ですからまずはクローゼットなり押入れの中身を全部出してみて、何がどれくらいあるかを把握してみましょう。そうするとあとはあまり何も考えなくても、洋服はこれだけある、寝具、バッグ…という具合に自然とわけることができて、不要品も発掘できます。残ったその他のモノは無理に分類しなくてもとりあえずまとめておけばOK。同様にほかの場所を片づけたときに同じ仲間のモノが出てくれば、それらを一緒に収納してやれば良いだけです。

 

出したモノを戻さない場合はモノに愛情を!

次に「出したモノを戻せない人」について説明したいと思いますが、その前に「出したモノを戻さない人」について説明したいと思います。「戻せない」と「戻さない」は似ていますが、厳密に言うとまったく違います。戻せない場合はやろうと思っていてもできない、戻さない場合は意図的にそうしていると言えます。

出したモノを戻さない場合、つまりは片づけようとは思っていないと言えます。これはこれで厄介で、片づけのプロが何と言おうが片づける気がないのでどうしようもありません。

決してモノを粗末に扱っているというわけではなく、お気に入りのコレクションは大切に保管してあったりするのですが、それ以外のモノはどうでも良いようです。その人の価値観に照らし合わせて他のモノにも万遍なく愛情を持ってもらうようにする必要があると言えます。

 

出したモノを戻せない場合はモノとコトを少なく!

出したモノを戻せないというのもやはり難しい状態と言えますが、多かれ少なかれ多動性が疑われます。モノを使ったあとで他のコトを思いついて元に戻すことを忘れてしまうのですね。

このような場合は、モノとコトを減らすことを強く意識しておく必要があります。出したモノを戻せない場合、モノが多いと他のモノに紛れてしまって探し回る必要が生じます。これが一番厄介です。そのならないようにモノを減らしておいて、他のモノと紛れてしまう可能性を低くしておくのですね。

また、あれこれいろんなコトを思いついてしまうわけですから、やるべきことは常にタスクリストで管理しておくことが望ましいです。あれとこれさえやれば良いという風に理解することによってパニックに陥ることも防ぎやすくなるでしょう。

 

以上のように、「分類できない人」の場合はまず何がどれくらいあるかを把握すること、「出したモノを戻せない人」の場合はモノとコトを減らしておくことが重要になります。小手先のテクニックではなく、もっと根本的なところを確立しておくことが重要なんですね。

片づけ、収納は、複雑に考えれば考えるほど難しくなってしまいます。きっちりと片づかない原因を追求し、シンプルな対策を講じることが大切です。

 

【関連記事】

 - 収納の考え方, 人別収納法, ADHD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

収納なびの3分類
世の中の2/3は異星人!?性格を3つのパターンに分ければ分かる片づけ特性

明日から世間はゴールデンウィークですね。長い人は10連休にもなるそうで。 楽天リ …

宿題をする子供のイメージ
子供に「片づけなさい!」とついつい言ってしまう人はご用心!

お片づけブログメディア”cataso(カタソ)”に収納マンの新しい記事がアップさ …

片づけができない3大原因は「時間がない」「面倒」「子どもが散らかしてしまう」
片づけができない3大原因は「時間がない」「面倒」「子どもが散らかしてしまう」!?

カタログ通販でお馴染みのフェリシモが、お片づけに興味があるスタッフたちで「フェリ …

残すことになった3~5年生の教科書
4月から新学年!学校の古い教科書やノートなどはどれを捨てて何を保管?

4月からの新学年。小学校6年生になった娘は新しい教科書を持ち帰ると、代わりに5年 …

よくある勘違い!?あなたは「間違った片づけ方」をしていませんか?
よくある勘違い!?あなたは「間違った片づけ方」をしていませんか?

お片づけブログメディア”cataso(カタソ)”に収納マンの新しい記事が公開され …

過去・現在・未来、イメージ
アドラー的には「片づかない原因」は意味がなく「片づける目的」さえ持てば良い?

前回はベストセラーとなった『嫌われる勇気』の冒頭部分を引用しました。片づけをする …

ゆで卵
断捨離の【離】「片づけが難しい」と思ったら初心にかえって自由にやってみたら良いんじゃないかな?

主夫として毎日の夕食を作りながら、ひとつだけ苦手に感じていたことがありました。恥 …

片づけの悩みは、すべて対人関係の悩みである
片づけの悩みは「すべて対人関係の悩みである」!

人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである 私が『嫌われる勇気』を読んでいてもっと …

収納の基本は大きいモノから順番に片づけていくこと
引越でも日常でも!収納の基本は「大きいモノから順番に」片づけていくこと

お片づけブログメディア”cataso(カタソ)”に収納マンの新しい記事が公開され …

EVERNOTEを無理矢理、収納に活かしてみた結果
EVERNOTEでモノをマネジメントするよりもネットにライフログを残すほうが効果的!

EVERNOTEの使い方と事例に「衣替えといっしょに ー 部屋中の収納を見直し、 …