桐タンスならカビが生えない!?誤解の多い洋服の湿気・カビ対策

お片づけブログメディア”cataso(カタソ)”に収納マンの新しい記事が公開されましたのでお知らせします。

”衣類収納のカビが心配!プラスチックケースはどのタイプを選ぶべき?”

今回の記事もそうですが、洋服のカビ対策には大きな誤解があります。しかしそれも高温多湿の日本の風土で長らく生きてきた先人の知恵を活かせば、簡単に誤解は解けます。



桐タンスならカビが生えない!?

婚礼タンスなんて要らないと言われるようになって久しいですが、婚礼箪笥の代表格である桐タンスを見れば、どのように洋服の湿気・カビ対策をすれば良いかが分かります。

車が1台買えるほどの高価な桐タンスは最高の桐材と最高の技術で作られています。桐は湿気を含むと膨張し、タンスの外箱と引出しのすき間を塞ぎます。そうして引出しの中に湿気を含んだ空気が侵入するのを防ぐのです。

通気性が良ければカビが生えないと誤解されがちですけど、湿気を含んだ空気が入り込めばカビが生える可能性があるわけです。だから高級な桐タンスは湿度が高いときは膨張して通気をシャットアウトし、逆に湿度が低いときはすき間が生じて通気をするのですね。

なお、桐でできたタンスであれば同様に湿気を含んだ空気の進入を防いでくれるわけではありません。カタログ通販などで販売されている桐タンスの桐は安物で、湿気を感じても膨張して通気をシャットアウトすることはありません。

また、いくら桐が湿気を帯びて膨張するとは言え、目に見えて膨らむわけではありません。非常に微妙な程度に膨らむため、高い精度で引出しと外箱を作る必要があるのです。

洋服のカビ対策は除湿と掃除が大事

大枚をはたいて高級な桐タンスを用意してそこに洋服を収めたとしても、洋服の湿気・カビ対策は万全とは言えません。むしろ大事なのは除湿と掃除です。

除湿と言えば、除湿剤や除湿機を使ったり、逆に加湿器の仕様を控えるのも方法です。また、湿った空気が押入れやクローゼットの中で滞留しないように、家中で乾いた空気が循環するようにすることが望ましいです。

風水の面でも、湿った空気が滞留することは望ましくありません。室外からの空気を十分に取り込んだり、エアコンの除湿機能を活用するようにしましょう。

また、カビの温床となりやすいホコリを取り除くために、掃除をキッチリとしておくことが大切です。目の届きにくいところにカビが発生しやすいため、収納用品はキャスター式で移動がしやすいものを選ぶのも良いでしょう。

優れた収納グッズさえ手に入れれば片づけられるようになるのではないのと同様に、洋服の湿気・カビ対策もお金さえ注ぎ込めば何とかなるというものではありません。

もちろん高級な桐タンスが素晴らしいことには間違いありませんが、それよりも大切なのは通気を良くし、掃除を小まめにすることです。

【関連記事】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク