『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中
スポンサーリンク

クローゼットの洋服が一目瞭然になるアプリ「JUSCLO(ジャスクロ)」

クライアント宅で片づけをお手伝いしていると、存在を忘れていた洋服が出てきたり、同じような色や形のシャツが何枚も出てくることがあります。そればかりか、タグの付いた新品の洋服が何枚も買い物袋に入れたままの状態で見つかるなんてこともあるのですが、そこまでではなくとも、大なり小なり洋服を管理するというのは大変なことです。

理想を言えば、手持ちの洋服がズラッと掛けられる大きなクローゼットがあれば良いのです。もしくは、洋服を種類別にすべて並べられる広いスペースなら分別も捗ります。しかし、それは多くの人にとって現実的ではありません。

理屈上は、1枚1枚スマホで写真を撮っておけばスマホの中で洋服を管理することは可能です。ですが、他の写真と混じりやすく、フォルダを作るなどして分類するのも大変です。

そこで便利なのが「JUSCLO(ジャスクロ)」というスマホアプリ。クローゼットにある洋服を一目瞭然にしてくれます。

ジャスクロは2019/11/09現在、iOS版のみとなっています。android版は今後リリースされる見込みです。

 

JUSCLO(ジャスクロ)

JUSCLO(ジャスクロ)スクリーンショット

出典:JUSCLO(以下同)

「JUSCLO(ジャスクロ)」は、洋服を撮影して、カテゴリーやブランド名を登録すれば、手持ちの洋服をスマホの画面で一覧できるスマホアプリです。たくさんある洋服を1枚1枚撮影するのはちょっと面倒ですけど、驚くほど多くのブランドが登録されているので、入力はそれほど煩わしさを感じません。

また、ブランド別に検索したり、古い順に並べ替えるなど、検索機能も充実。さらに、購入価格など覚えておきたい情報を登録しておくこともできます。

コーディネートの記録も可能

コーディネートの登録も可能

ぶっちゃけ、手持ちの洋服を片っ端から撮影するなんて大変で非現実的だと思ったのですが、アプリ自体は非常に好評で多くの方が丁寧に洋服を登録して利用しているようです。単に洋服を管理するだけでなく、毎日のコーディネートをカレンダーに登録したり、そこから使用頻度を把握したりして、洋服の処分の目安を立てることもできるところが支持されているんですね。

フリマ機能もあり

みんなのクローゼット・オファーについて

また、手放したい洋服を「整理アイテム」に登録しておくと、買取り希望者が現れてそのまま売却することもできる「みんなのクローゼット」というフリマ機能があります。メルカリやラクマのように積極的に販売しなくても、欲しい人が勝手に手を挙げてくれるというのは良いですね。

交渉不要の「ジャスクロ買取」も

ジャスクロ買取

さらに、フリマのような交渉は面倒という方のために、買取りサービス「ジャスクロ買取」もリリースされました。アプリ内で手放したい洋服などを選ぶだけで瞬時に買取金額が表示され、それでOKならそのまま商品を発送すれば買取り成立というお手軽なサービスです。

コレクションやストックの管理も可能!?

ジャスクロはコレクションやストックの管理も可能!?

このように非常に便利な感じのジャスクロですが、残念ながら私は自分の頭で管理できるほどの量しか洋服を持ち合わせていません。そこで、洋服ではなく趣味のコレクションやストックの管理に使えないか試してみました。

結論から言うと、ストックの管理用としては使い勝手がイマイチです。なぜなら数量を入力することができないからです。

一方で、趣味のコレクションの管理をするのには使えるんじゃないかと思います。ただし、少なからず最初はカテゴリーやブランド名を手入力する煩わしさはあります。そこさえ乗り越えれば、十分活用可能なアプリだと思います。

 

以上の通り、ジャスクロを使えばスマホで簡単に洋服の管理ができるだけでなく、毎日のコーディネートを記録したり、売却までワンストップでおこなうことができます。逆に、足りないと感じる色や形の洋服を「みんなのクローゼット」を通じて買い足すことだってできるのですから便利です。

一方で、アプリのレビューを見ると、バージョンアップの際にデータが消えてしまったなどという声もチラホラ。スマホアプリだけでなくパソコンからも閲覧や編集ができるともっと便利になるでしょうね。

関連記事

「ジモティー」で不要品を売却。メルカリより時間も手間も掛かった
「ジモティー」でIKEAのローテーブルや座椅子を売却しました。人口の少ない片田舎ということもあってか、メルカリのように即座で売れるということはありません。また、メッセージのやり取りや取引場所まで向かう手間やコストを考えると、粗大ゴミとして捨てたほうが合理的な感じがしました。
ドキドキの初メルカリ→出品後15分でロンTが2千円で売れちゃいました
ドキドキの初メルカリに挑戦したところ、出品後たった15分でロンTが2千円で売れちゃいました。あわてて梱包方法を考え、宅急便コンパクトで発送しましたが、セカンドストリートに持って行くより遥かに良い結果になったと思います。
「セカンドストリート」にジャケットを売りに行ったらトホホな結果に…
「セカンドストリート」の値段の付け方はどうなっているのでしょう?ほぼ新品のジャケットを売りに行ったら驚きの価格を提示されました。それよりも1時間近くも待たされたことに参りました。メルカリなどフリマアプリで売れば良かったと後悔。
「アレ、どこにしまったっけ?」をなくせるかも。キングジムの「デジタルタグ」アプリを収納に活用
多くの現代人にとって、スマホはもはや手放せないツールです。私ももちろんそのひとりで、特にカメラ機能を頻繁に使います。風景などを撮影することももちろん多いのですが、メモ代わりに何でもパシャッとやるのです。 そんな私にも便利かもしれないア...

コメント