『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中
スポンサーリンク

セリアで見つけた♪小久保工業所の「壁ピタ」ティッシュは100均ならではのお手軽感

ネタ探しのために100円ショップのセリアの店内を物色していると、普段あまり足を運ばないキッチン雑貨のコーナーで、見慣れたロゴマークを見つけました。収納グッズオブザイヤー2016に選出された「Pitacco mono(ピタッコ モノ)」でお馴染みの(?)小久保工業所の商品です。

※価格はすべて2017/01/30現在

 

小久保工業所・「壁ピタ」ティッシュ

小久保工業所・「壁ピタ」ティッシュ

セリアのキッチン雑貨コーナーにあったのは、「壁ピタ・ティッシュ」という商品です。冷蔵庫やタイルなどのツルッとした壁面に貼り付けて、ティッシュボックスを固定できるというアイテムですね。セリアですからもちろん税抜100円ですが、アマゾンでは税込211円で販売されています。

ちなみに、同じ要領で食品用ラップを固定できる「壁ピタ・ラップ」、同じシリーズとは言えませんが「スマートラップホルダー」という小久保工業所の商品もありました。



壁ピタの吸着力の実力は…?

小久保工業所「壁ピタ」の吸着面

「壁ピタ・ティッシュ」のパッケージには”貼ってはがせる粘着テープタイプ”と記載されています。しかし、店頭で確認したところ、従来からある粘着式ではありません。一方で、ピタッコ・モノに比べると粘着面が小さすぎます。

小久保工業所は従来の粘着式もピタッコ・モノのようなタイプも「粘着式」と呼んでしまうので、これはやっぱり実際に使ってみないと分かりません。というわけで、買って試してみることにしました。

当初、吸着式と混同しておりましたが、「吸着」とは吸盤のように真空にすることで貼り付くもの。こちらは貼って剥がせるというだけで、原理的には「粘着」で間違いありません。

 

液晶テレビの画面に貼り付けてみたら微妙

液晶テレビの画面に貼り付けてみるとちょっと心許ない感じ

我が家はキッチンにボックスティッシュを置く習慣がないので、代わりに寝室で使ってみることにしました。寝室でツルッとした面を探して最初に目に飛び込んできたのが液晶テレビの画面です。試しに貼ってみることにしました。

すると、画面がアンチグレアになっているからでしょうか、少なくともピタッコ・モノのようにしっかりと貼り付いた感じはありません。ボックスティッシュをセットしても落ちることはありませんが、強めに引っ張れば簡単に外れてしまうという感じです。

 

表面がタモ突板の二段ベッドには貼り付かず

表面がタモ突板の二段ベッドには貼り付かず

次に、二段ベッドのフレームに貼り付けてみました。表面はタモ材の突板なので多少ザラッとしていますが、ウレタン塗装を施しているのでツルッとしているとも言える感じです。

しかし、結果はまったく貼り付かず。やはり手で触って明らかに凸凹が感じられるところはダメなようです。

 

ベッドのヘッドボードに貼り付けてみた

ベッドのヘッドボードに貼り付けてみた

懲りることなく、今度はベッドのヘッドボードに貼り付けてみることにしました。こちらも突板ですが、二段ベッドのフレームよりはツルッとした感じです。

少しエンボスを感じられるのでやっぱり無理かなーと思ったんですけど、液晶テレビの画面と同程度の強度で貼り付けることができました

 

吊り下げはNG

吊り下げはNG

引き続き、もっとツルッとしたウォールシェルフだったら貼り付けやすいんじゃないかと思って試してみました。

しかし、塗装されたMDF自体には貼り付きやすいものの、逆さに取り付けると簡単に剥がれてしまいました。耐荷重オーバーのようです。

 

パンチングラックの側面なら問題なし

パンチングラックの側面なら問題なし

最後に、ルミナスのパンチングシェルフの側面に貼ってみました。ここは穴がボコボコと開いているものの、それ以外はツヤッとしているので問題なく貼り付きました。

 

以上、あちこちで試した結果、壁ピタ・ティッシュの耐荷重は350gまでとなっていますが、決して控えめな数字というわけではなく、実際にいっぱいいっぱいでその程度だということが分かりました。従来の粘着式に比べると弱いですが、繰り返し貼り直せるというのはメリットです。

また、ピタッコ・モノに比べると粘着力はかなり弱いです。これはまったく比べ物になりません。

しかしながら、100均とは思えないスマートな外観とこのお手頃さはなかなかのものだと思います。しかもメード・イン・ジャパンでございますよ。コスト的には十分100均で売れる構造とは言え、さすが小久保工業所だと唸ってしまいました~。

壁ピタティッシュ KM-172【S1】
リコメン堂キッチン館
¥ 99(2019/08/25 05:07時点)

関連記事

「収納グッズ・オブザイヤー2016」発表!画期的新商品からDIY関連品まで
収納マンが時折、収納グッズの出来栄えの素晴らしさに驚くあまり口走ってしまう「収納グッズ・オブザイヤー」というフレーズ。実はそんな賞は実在しません(笑) しかし、それならば作ってしまおうというわけで、今年から勝手に作ってしまうことにしま...
収納グッズ・オブザイヤー当確!小久保工業所・Pitacco monoペーパータオルホルダー
以前に小久保工業所の「pitacco mono(ピタッコ・モノ)」を紹介しました。 【関連】さらば吸盤式の収納グッズ!小久保工業所の貼ってはがせるホルダー「pitacco mono」 これを見たとき、私は「これから吸着式の収納グ...
100均セリアで買った小久保工業所の「ピタッコ透明粘着フック」が強力すぎて半泣きに
100均セリアで買った小久保工業所の「ピタッコ透明粘着フック」が強力すぎて剥がれず半泣きになりました(苦笑)ピタッコシリーズに貼って剥がせる吸着式があるから私が勘違いしてしまったことが原因です。まぎらわしい。
100円ショップ「セリア」で買った吸着式フックが想定以上に強力でビビった件
100円ショップ「セリア」で買った、貼って剥がせる吸着式のフィルムフックが想定以上に強力で驚きました。「だいゆう」というメーカーのもので中国製ながら吸着シートは日本製。シートはコンパクトでも耐荷重は十分1kgあると感じます。

コメント