『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売のお知らせ
スポンサーリンク

現実的すぎて安っぽい!?レオハウスのモデルハウスに行ってきました

先日、現時点で最有力候補となっているアキュラホームに家族を連れて行きました。妻も母も肯定も否定もなくという感じではありましたが、間取り図を見せて粗見積りをお願いしたところ、概ね予想していた通りの金額で一安心。このままアキュラホームを暫定一位としつつ、もっと安くて良い家がないかと引き続き物色することとなりました。

そこでまずは同じ堺泉北住宅博にあるレオハウスのモデルハウスを訪問。中身はともかく、安さは期待できそうです。

 

レオハウス@堺泉北住宅博

レオハウス@堺泉北住宅博

レオハウスに安さが期待できるというのは、この会社の生い立ちを見れば分かります。親会社はダスキンのFC加盟店No.1として、また水宅配事業のクリクラの運営元として急成長した、東証1部上場企業のナック。住宅事業にはアキュラホームが主宰するアキュラネット(現ジャーブネット)に加入するところから始まりました。

一方で、ナックの建築コンサルティングの顧客だったタマホームもアキュラネットの元加盟店。ナックはタマホームと共同で九州にタマキューホームを設立するも最終的に袂を分かつこととなり、タマキューホームが事実上レオハウスになったというわけです。

かなり端折った説明ですが、この経緯を見れば、アキュラホーム、レオハウス、タマホームはいずれもローコスト住宅メーカーと言えるかと思います。



現実的すぎて安っぽい!?

堺泉北住宅博にあるレオハウスのモデルハウスの商品名は「大人気の家CoCo(ココ)」。だからでしょうか、「おらはにんきものー♪」でお馴染みのクレヨンしんちゃんをイメージキャラクターとして採用しています。

”現実的なサイズの3階建てリアルモデルハウス”ということで、中に入ってみると確かに普通の家っぽい感じ。妻はしきりに「○○さん家(=友人宅)みたい」と言っていました。

リビングの窓が広くて開放的なモデルハウスが多い中、2×4(ツーバイフォー)工法ということもあってもともと現実的な間取りにならざるを得ないのでしょう。ただ、それも妻に言わせれば「置いてある家具も安っぽい」そうです。さすが我が妻、意外とよく見てますね(苦笑)

しかしながら、レオハウスは実際に安いんですよ。実例集を見ても延床面積30坪強で1千万円から。坪単価は概ね50万円台後半となっており、紹介されている家族もすごく親近感があるというか、ウチの近所にもいそうな感じの方々です。

だからレオハウスは安っぽいんじゃなくてあくまで現実的なんだと思うんですよね。個人的には決して悪くないんじゃないかと思うのですが、ラグジュアリーな感じが好きな妻には「コレジャナイ」感じのようです。

レオハウスは売り方が上手

レオハウス・ブランドブック

とは言え、私も妻と同様、レオハウスのモデルハウスを見ても価格以外に魅力を感じるところはありませんでした。間取りを見ても設備を見てもあまりに普通すぎて提案が期待できず、価格も飛び抜けて安いわけではないからです。

それでも、パンフレットを見てこの会社はスゴイなーと感心しました。ハッキリ言って、このハウスメーカーには特筆すべき点は何もないんですよ。だから売り込み方をすごく工夫しています。

たとえば上写真のパンフレットを見ると、簡単3ステップで理想の家が実現するかのように書かれています。規格住宅じゃないんだからそんなはずはないのですが、水回り機器のグレードで価格がどれくらい違うかというイメージが湧きやすくなります。

そのほかのパンフレットも分厚いカタログじゃなくて、ペラペラのものが複数冊に分かれているので、とりあえず内容を一通りチェックできてしまうんですよね。つまり、頭が悪いうえに面倒臭がり屋の私みたいな人間でも、とっつきやすいわけです。

おまけに、モデルハウスを見ている間、営業マンはほとんど何も話しませんでした。レオハウスの良さは見る人が見れば分かってくれると信じて疑わないのでしょう。これだけよく考えられたパンフレットさえあれば、下手にベラベラとしゃべる必要はありません。

 

さすがナック傘下のハウスメーカー。ダスキンもクリクラもゴリゴリ営業して売れるわけではありませんから、家も半自動的に売れていくように仕組みが出来上がっているんでしょうね。そこは実に素晴らしいと言うか、商売人の端くれとして尊敬の念を抱きます。

しかし残念ながら、私にとっては価格と売り方以外に興味を引くポイントがなかったというのも事実。レオハウスは思っていたよりも良いハウスメーカーだと感じましたが、私の家作りのパートナーにはならなさそうです。

関連記事

フルハイドアなのに安い!アキュラホームのモデルハウスに行ってきました
堺泉北住宅博に行って、アキュラホームのモデルハウスに行ってきました。アキュラホームはハウスメーカーと言うより巨大な工務店で、中間マージンを抑えることができます。また、ジャーブネットを通じてシステムキッチンなどを大量一括購入することでコストを抑えます。おまけにフルハイドアが標準装備というのが素晴らしい。
開放的かつ機能的にもシンプル過ぎ!無印良品「木の家」を見てきました
無印良品の家のモデルハウス、貝塚市の大阪南店「木の家」を見てきました。建築家の難波和彦氏の「箱の家」のように開放的なのは結構ですが、家族のプライバシーがなく、光熱費の心配もあるところが、少なくとも我が家には合っていないと感じました。ただ、セールスがしつこくないのが良いです。
パナソニックの5倍広い!「LIXILショールーム箕面」に行ってきました
大阪府箕面市の「LIXIL(リクシル)ショールーム箕面」に行ってきました。パナソニックリビングショウルームの5倍近くも広くて展示が充実しています。洗面化粧台のキレイアップカウンター、フェイスフルライト、システムキッチンのキレイシンク、らくパッと収納などが魅力的でした。
高齢の母も大満足!「パナソニック リビング ショウルーム箕面」行ってきた
「パナソニック リビング ショウルーム箕面」に行ってきました。6~7年ぶりの訪問で、LEDライン照明とかクッキングコンセントといった進化に驚きました。湯船に入ったり出たりしやすいスマイル浴槽には高齢の母も魅力を感じているようでした。

コメント