『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中
スポンサーリンク

収納マン邸の洋服収納を大公開!LDKに面したWCLとドライルームが鍵

以前に、”オトコたちの家事を楽しくするパパ応援WEBメディア”『家men』に記事を連載させていただいてましたが、最近はすっかりご無沙汰しておりました。久しぶりに記事をアップしていただいたので是非ご覧いただければと思います。

衣替えを機に!洋服の収納を根底からチェンジする方法とコツ - 家men | オトコたちの家事を楽しく。毎日を楽しく。-パパ応援WEBメディア-
自宅で過ごす時間が長い今年の春は、家の中を片付ける絶好のチャンス! そして春といえば衣替えのシーズン。衣替えと同時に洋服の収納・管理方法を根本的に見直すコツを、収納スタイルコーディネーターの“収納マン”が伝授します。

今回は衣替えに関する記事です。とは言え、私は衣替え推奨派ではなく、やらなくて済む仕組みを作ることをオススメしています。特にここ数日のように肌寒いときに羽織るものを引っ張り出してくるのって面倒だし、せっかく衣替えを頑張ってから「あれ、どこにやったの?」なんて言われたらイヤですからね。

でも、衣替えをしなくて済む仕組みなんて言われても、ピンと来ない方もいらっしゃると思います。そこで今回は、ご参考までに収納マンの新居のウォークインクローゼットや洋服の管理システムをご紹介しましょう。

 

収納マン邸のウォークインクローゼット

収納マン邸のウォークインクローゼット

家menで使った写真はただのイメージ写真ではなく、実は私の新居のウォークインクローゼットの写真です。我が家ではこちらの約3畳のウォークインクローゼットに家族全員の洋服を収納しています。もちろん、夏服も冬服もほとんどすべてです。

ただし、礼服など滅多に着ない洋服だけは納戸部屋のワードローブに収納しています。そこだけはちょっとイレギュラーですが、子供部屋や寝室にはクローゼットがなく、基本的にウォークインクローゼット一ヶ所に洋服をまとめているわけですね。

引出しはフィッツユニットで統一

引出しはフィッツユニットで統一

引出しは天馬の「フィッツユニットケース」で揃えました。すべてクローゼット用の奥行55cmタイプで、畳んだ洋服を2列に並べやすい幅45cmタイプ。高さ25cmタイプをメインに20杯、高さ20cmタイプを7杯、計27杯使っています。

最初は予算を抑えるために無印良品の「ポリプロピレンクローゼットケース」で我慢しようかなと思っていました。しかし、こういうのは軽く10年くらい問題なく使えてしまう一方で毎日使うものですから、軽い力でスッと開閉でき、天板も頑丈なフィッツユニットケースを奮発して買い揃えました。

ちなみに、ラベリングはしていません。家族それぞれで引出しをまとめて配置し、その上にそれぞれの洋服を掛けていますから、場所は簡単に把握できます。また、引出しの前板が半透明なので、引き出すまでもなく中に何が入っているかは分かるからです。

LDKに面したウォークインクローゼット

LDKに面したウォークインクローゼット

単にウォークインクローゼットに洋服をまとめているだけでなく、その位置も重要です。我が家のウォークインクローゼットはLDKに面しているため、各部屋からのアプローチが容易です。また、洗濯物を干す、リビングで畳む、そしてウォークインクローゼットに収納するという一連の流れが、コンパクトな動線でまとめられています。

洋服の片づけが難しいと言われるのは、収納スペースが足りないとか洋服が多すぎるということもありますが、それよりも問題なのは一言で言うと片づけにくいからです。引出しが開けにくい、ハンガーや洋服が絡まるといった些細なことだけでなく、収納場所までの距離も大きく影響します。2階まで片づけに行くのが面倒だからソファに掛けてしまうというのはその最たる例でしょう。

なので、収納マンの新居では洋服を片づける動線が最短になるように設計しました。家族全員が最短距離でウォークインクローゼットにアプローチするには、リビングダイニングに面して配置するのがもっとも理想的だったのです。一般的に収納と言うと間取りを設計する際に余ったスペースを充てることが多いですが、我が家は収納を中心に設計したのです。

LDKに面したドライルーム

LDKに面したドライルーム

収納を中心に考えた結果、ウォークインクローゼットが家の中心にあるというのは、いかにも収納マンらしいと思われるかもしれません。ですが、もしそう思われたならそこはちょっと誤解です。収納は手段であって目的ではありません。目的はあくまで家事を楽にできるようにするということです。

家事を楽にするために、リビングとベランダの間にドライルームを設けました。雨が降ってきたら洗濯物をベランダからドライルームに引っ込めるだけで部屋干しの体制に移行できます。また、取り入れた洗濯物をすぐに畳めなくても、ドライルームに隠しておけばリビングはスッキリした状態をキープできます。

リビングでテレビを観たり家族と会話しながら洗濯物を畳んだら、隣のウォークインクローゼットに持って行くだけで片づけ完了。これ以上に家事が楽な方法があったら教えて欲しいくらいに楽です。

 

以上の通り、収納マン邸の洋服の収納方法はとてもシンプルです。基本的にウォークインクローゼット1ヶ所にオールシーズン&家族全員の洋服をまとめて収納しているだけ。使っている収納グッズもシンプルですし、テクニックもまったく駆使してません。

間取りだってシンプルなもので、ポイントとしてはLDKに面するかたちでウォークインクローゼットとドライルームがあるだけです。真似しようと思えば誰にでもできます。新築やリフォームをしなくても、コンセプトそのものはほとんどのお宅で実現可能なはずです。

ぜひ参考にしていただいて、洋服の洗濯から収納までが楽にできる仕組みを作っていただければと思います。

関連記事

主婦(主夫)必見!洋服を 着る→洗濯→干す→畳む→収納する 5サイクルを改善するための5つのポイント
洋服の収納って言うと、どうやったらたくさん掛けられるかとか、どうやったら片づけやすいかということで、どうしてもミクロな視点に目が行きがちです。しかし、「収納は家事のひとつではなくすべての家事の土台」ですから、マクロな視点で捉えなければなりま...
効率が良くて使いやすいウォークインクローゼットの新常識~II型レイアウト&間口一間幅
効率が良くて使いやすいウォークインクローゼットの新常識。わたくし収納マンとしてはII型レイアウト&間口一間幅がもっとも理想的ではないかという結論に達しました。デッドスペースが生じず、洋服をストレスなく出し入れできるはずです。
室内干しできる「ドライルーム」の間取りレイアウトについて考えてみた
ドライルームとは室内干し専用の部屋のことです。しかしながら一般的に狭いことが多い日本の住宅ではなかなか専用の部屋を設けることは困難です。そこで、家事動線やスペースなどを考慮したうえでドライルーム間取りレイアウトについて考えてみました。
新居の引き渡し完了!残念ながら完成建物見学会は新型ウィルスで中止に
アキュラホームで建てた収納マンの新居の引き渡しが完了しました。残念ながら完成建物見学会は新型コロナウィルスの影響で中止になってしまったので、こちらで内部の様子をご紹介したいと思います。

コメント