『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中
スポンサーリンク

完成まであと約1ヶ月!アキュラホームで建てる二世帯住宅の工事進行状況

わたくし収納マンは現在、マイホームを建築中です。その話はこれまでもこちらで時々チラッと触れてきました。

そのうちどこかキリの良いタイミングで工事の進行状況をまとめようと思っていたのですが、日々刻々と変化を遂げる現場を見ていると、一度にまとめて報告するのは無理だと感じるようになりました。なので、かなり中途半端なタイミングですが、完成まであと1ヶ月ちょっとというタイミングで途中経過をご報告したいと思います。

 

2019年8月下旬 退去&解体工事前

昭和16年竣工の平屋建て

まずは5ヶ月遡って解体前の状態から。祖父の代からの築78年の平屋で、ほぼ同じ間取りが2軒連なっておりました。この左半分を私が10年以上に渡って事務所として使っていたのです。

ちなみに、アキュラホームとの建築請負契約は2019年6月末。モデルハウスを回り始めたのが3月末でしたから、家を建てることは降って湧いたような話でした。

2019年10月1日 解体工事開始

事務所の解体が始まりました

解体は三軒隣の土政建材店にお願いしました。本当は8月中にでも解体したかったのですが、消費増税前の特需で解体工事の予約ができず、10月1日からになりました。消費増税の影響だけでなく、大阪周辺では一昨年の地震と昨年の台風で解体工事が増えており、廃材を受け入れてくれるところがなくて大変だそうです。

 

2019年10月10日 解体工事完了

2019年10月11日 解体完了

実質1週間ほどで解体が完了。このあと、全体に軽く砂利を敷いてくれたみたいです。解体なんてどこに頼んでも同じだと思ってましたが、そうじゃないんですね。とても丁寧な仕事をしてくれて感謝しています。

 

2019年10月18日 地盤調査

2019年10月18日 地盤調査

解体工事完了から約1週間後、地盤調査が始まりました。近所では水脈が見つかるなどして地盤に不安があったのですが、「なかなかお目に掛かれないレベルで強固な地盤」だというお墨付きを得ました。これにより、地盤改良工事の必要がなくなって、見積りが安く上がりました。

 

2019年11月4日 地鎮祭

2019年11月4日 地鎮祭

地鎮祭はアキュラホームに仲介をお願いすることもできたのですが、母の希望で産土神の西代神社にお願いすることにしました。いやらしい話ですが、そのほうがお金は余計に掛かります(苦笑)

なお、前日までに基礎に沿って紐が張られました。「ここに家が建つんだなー」と実感させられました。一方で、裏の犬走りが基礎に干渉するということで、追加で解体工事を依頼するハメに。あらかじめどこまでコンクリートを削るかよく確認しておくべきでした(泣)

当日は外構工事の業者も来てくれて、軽く打ち合わせをしました。

 

2019年11月17日 仮設トイレ等搬入

新築予定現場

半月ほど空いて、仮設トイレやゲートが搬入されました。いよいよ工事が始まるという感じですが、前の現場が大雨の影響で押したそうで、着工までさらに半月以上を要することとなりました。

 

2019年12月6日 基礎工事開始

2019年12月6日 基礎工事開始

12月6日、いよいよ本格的に工事が始まりました。まずはベターッとコンクリートを敷き詰めます。その後、型枠を組んで、さらにコンクリートを流し込みます。基礎工事は概ね1週間掛かりました。

ちなみに、近所で某大手ハウスメーカーが基礎工事をしたときは、オバチャンたちがやってたそうです。外国人が作業しているという光景は時折り見ますが、どこも人手不足なのですね。

 

2019年12月14日 養生

2019年12月14日 養生

「アキュラホームすげー!」と感動したのは、養生のときに全面ブルーシートで覆っていたことです。近所であまり見かけない工務店が基礎工事をしていたときは、暴風雨の中でコンクリートを打って、なおかつ養生もしませんでしたから、それとは雲泥の差です。

 

2019年12月21日 配管工事

2019年12月21日 配管工事

その後、数日間の養生期間を経て、上下水や雨水と思われる配管の埋設工事が始まりました。

 

2019年12月25日 砂利敷き

2019年12月25日 砂利敷き

配管の埋設工事が済んだら、土の上には全面的に砂利が敷かれました。おそらく、トラックの出入りの度に土が道路に流出しないようにするためだと思います。

こんなことは大手のハウスメーカーでもやりません。アキュラホーム、本当にスゴイです。

 

2019年12月26日 足場完成

マイホームの建築進行状況

クリスマスの翌日、1日で足場が組まれました。年内の工事はこれで打ち止めです。

 

2020年1月11日 棟上げ

2020年1月11日 棟上げ

年が明けてからは断熱材が基礎に敷き詰められ、1月11日に一気に棟上げされました。

 

2020年1月12日 屋根まで完成

2020年1月12日 屋根まで完成

前日は日が暮れるまで作業がおこなわれ、翌日はお休み。屋根まで乗って、もう家の形ができあがりました!早いですねー。

 

2020年1月13日 上棟立会

2020年1月13日 上棟立会

翌日、形式的に上棟立会がおこなわれ、初めて家の中に入りました。床板一枚一枚に私の名前が入っているんですね(笑)工場でプレカットされて現場でハメ込むため、名前と設置場所が記入されるそうです。

ハシゴで2階にも上がりましたよ!これには子供たちも大喜びで、子供部屋の位置も確認できました。なお、上棟立会の前にガス工事の図面確認、後に外構工事の打ち合わせがありました。

 

2020年1月17日 瓦葺き

2020年1月17日 瓦葺き

上棟立会のあと、間柱などが取り付けられました。同時並行でスレート瓦が葺かれていきます。

 

2020年1月21日 仮設ドア設置

2020年1月22日 仮設ドア設置

柱や壁の下半分がオレンジ色になっているのは防腐剤でしょうか。断熱材も壁に埋め込まれています。

仮設ドアもハメ込まれました。私は最初から玄関ドアがハメ込まれている現場しか見たことがありません。これはかなり珍しいと言うか、すごく丁寧なんじゃないでしょうか。

 

2020年1月22日 防水シート&窓施工

2020年1月22日 防水シート・窓施工

どんどん工事が進みます。すべての窓がハメ込まれ、タイベック(防水シート)が壁に巻かれていきます。

某ローコストハウスメーカーは防水シートを巻かずに工事が進んでいます。ウチはアキュラホームで良かったとつくづく思いました(笑)

 

2020年1月24日 石膏ボード搬入

2020年1月24日 石膏ボード搬入

そして本日、大量の石膏ボードが搬入されました。こんなに大量の石膏ボード、私は見たことがありません!さすが200平米以上となると、たくさん石膏ボードが要るものですねー。

 

というわけで、棟上げ以降、目に見えて工事がどんどん進んでいます。本当は毎日でも家の中に足を踏み入れたいのですが、現場は大工の聖域だと私は考えているので自重しています。なので、次に足を踏み入れるのは現場見学会のときかなと思っています。

いやしかし、アキュラホームにして本当に良かったとつくづく思います。とにかく工事が丁寧で、よそのハウスメーカーで見られるようなチョンボがありません。毎日チェックしていて安心感があります。

ちなみに、現在建築中の我が家は2月末に一旦完成し、3月初旬に引き渡し予定です。あと1ヶ月ちょっと、毎日少しずつ成長する姿を見るのが楽しみです!

関連記事

事務所解体に伴う引越しで分かった「引越しを効率良く進める5つのコツ」
事務所解体に伴う引越しを通じて「引越しを効率良く進める5つのコツ」を学習しました。不要品の処分はやっぱり過去2年間で使ったかどうかで機械的に判断することが大切。シュレッダーは個人情報の部分だけを切り抜いて処理すると早いです。amazonダンボール箱のXX05サイズはA4ファイルボックスやジッパーファイルにシンデレラフィット。スチールワイヤーシェルフや軽トラも便利です。
事務所の解体が始まりました~いろんなものと繋がっていることを再認識
築80年近く経つ事務所の解体工事が始まりました。その前に水道を除き、ガス、電気、NTT、JCOM、eo光、有線TVの回線を撤去。家はいろんなものと繋がっていることを改めて思い知らされました。
自宅の不満は収納スペースが最多!「欲しかった間取りランキング」TOP10
不動産&住宅情報サイトの「SUUMO(スーモ)」の調査によると、自宅の不満は「収納スペース」が最多だそうです。それを踏まえて欲しかった間取りランキングTOP10は上から順に、ウォークインクローゼット、室内干しスペース、納戸スペースなどが挙がりました。これら3つ含めてほとんどがこれから建てる我が家にはあります。
アキュラホーム住生活研究所『変わる暮らしと住まいのかたち』読んでみた
アキュラホーム住生活研究所編著の『変わる暮らしと住まいのかたち』を拝読しました。アキュラホームは「3住み(=住みごこち+住みごたえ+住みこなし)」を重視しており、そのルーツは京都の町屋にあることを知ることができました。

コメント

  1. ぽんぽこ より:

    収納マンさん、ご自宅の完成楽しみですね、お子様や、奥様、とてもワクワクなさってることと思います。アキュラホームさんも、丁寧な施工なさってるようですね、、
    建築業界、人手不足、深刻と聞きます。
    竣工後、収納マンさんの、デザインした設計、どんな間取りで、収納の工夫があるか、プライバシーに関わらない範囲で、紹介していただけたらなーと、楽しみにしております。

    • 収納マン より:

      ぽんぽこさま

      ありがとうございますー♪

      私の家族も本当に楽しみにしています。
      私ももちろん楽しみですが、いろいろ段取りを考えるのが大変です^^;

      家が出来上がったらというか、それ以前にもこれからちょくちょく紹介していきたいと思っています。
      ただ、呆気に取られるくらいあっさりした建物ですよー。
      良く言えばシンプルですが、その良さをどうやって伝えるべきかと今から悩んでいます。

      ともあれ、楽しみにしていてください!