『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売のお知らせ
スポンサーリンク

角2封筒もジッパーファイルも収納可能!like-it「ファイルボックスLM-28」

皆様こんにちは。ファイルボックス大好き収納マンです。大好きどころかファイルボックスマニアと言って良いほどで、これまで公私に渡って購入したファイルボックスの数は日本一なんじゃないかと勝手に思っているくらいです(笑)

改めて言うまでもなく、ファイルボックスは収納をするのに非常に便利なアイテムです。ファイルの収納はもちろん、雑貨を放り込んで引出し代わりにすることもできます。カレールーなどの食品のストックや洗剤のスプレーボトルを収納するにも便利です。

オープンラックにファイルや雑誌を収納するときにはファイルボックスをブックエンド代わりに使います。普通のブックエンドだとファイルなどに埋もれてしまいますし、ゆったりしたスペースだと雑誌がお辞儀をしてしまったりします。しかし、ファイルボックスを使えばそんな心配はありません。

ファイルボックスをブックエンド代わりに利用

しかし、ファイルボックスにも意外な弱点があります。角型2号封筒、つまりA4用紙より一回り大きな封筒が入らないのです。

一般的なファイルボックスには角型2号封筒が入らない

そればかりか、同じく私が大好きなA4ジッパーファイルも入らないのです。

一般的なファイルボックスにはA4綬一パーファイルが収まらない

しかし、それはファイルボックスが一般的な大きさのA4ファイルに合わせて作られているのだから仕方がないと思っていました。ところが、そんな私の常識を覆すファイルボックスが存在したのですねー。

 

like-it・ファイルボックスLM-28

ライクイット(like-it・吉川国工業所)の「ファイルボックス・スクエア・ワイドLM-28」は1年以上も前に発売されたファイルボックスです。品番からして「ライフモジュール・シリーズ」のラインナップのひとつだと思われます。

なので、その存在自体は私も以前から知っていました。しかし、そのスゴさにまったく気付いていなかったのです。

「ファイルボックス・スクエア・ワイドLM-28」は一見、普通のファイルボックスのように見えます。しかし、前振りから察してもらえば分かる通り、角型2号封筒やA4ジッパーファイルを収納できる大きさなのです。

たとえば冒頭で例として挙げたニトリの「A4ファイルケース」は長辺が315mm。無印良品の「ポリプロピレンファイルボックス・スタンダードタイプ・ワイド・A4用」は同じく320mmです。

それに対してライクイットの「ファイルボックス・スクエア・ワイドLM-28」は340mm。たった20~25mmの違いですが、その違いで角型2号封筒やA4ジッパーファイルを収納することができるのです。



ファイルボックス史上最強と言って良い形

半透明の「ファイルボックス・スクエア・ワイドLM-28」に対し、ホワイトの「ファイルボックス・ストレージボックス」(上写真)という商品もあるのですが、それはさておき、この形はファイルボックス史上最強と言って良いかもしれません。

基本的に私は無印良品のファイルボックスがキライです。なぜなら、側面に切り込みがないため、ファイルを取り出しにくいからです。もちろん、切り込みがなくて見た目がスッキリするというメリットもあるわけですけれど、雑貨を放り込んで引出し代わりにするときも、やはり手を突っ込みにくくなってしまいます。

一方、ニトリのA4ファイルケースは両側に切り込みがあり、ファイルを取り出しやすいです。価格も安いです。ただし、安いということもあってややチープな質感です。

では、ライクイットのファイルボックスはどうかと言うと、両方の良さを備えていると言えます。片側にだけ切り込みがありファイルを取り出しやすく、片側はファイルをすっぽり覆い隠せて、おまけに持ち運びに便利な穴まで付いています。冒頭の半透明のタイプには正面に窓も付いており、特に引出しのように使うときには中身が見やすくて便利です。

 

ライクイットの「ファイルボックス・スクエア・ワイドLM-28」の価格はニトリに比べると2倍以上ですが、無印良品とほぼ同等です(アマゾンや楽天市場では1,000円以上ですがナフコ21スタイルでは税込1,000円以下でした)。

「ファイルボックス・スクエア・ワイドLM-28」をブックエンド代わりに使う場合、角型2号封筒やA4ジッパーファイルが収まるというメリットがある半面、一般的なファイルボックスよりも背が高くなってしまうというデメリットもあります。しかし、冒頭でお伝えしたように一般的なファイルボックスでは角型2号封筒やA4ジッパーファイルが収まらないということを残念に思っていた私のような人には、このメリットは計り知れないでしょう。

これは実に素晴らしいファイルボックスだと思います!

 

【関連記事】

コメント

  1. ひめママ より:

    オープンラックの相談をさせていただいたひめママです。ご意見ありがとうございました。
    何度か記事にされていますが、ファイルボックスやファイルスタンド、今もキャパティがお勧め、キャパティにハイラナイサイズはライクイットがお勧めということでしょうかり
    ナカバヤシ キャパティは、FB-E4のシリーズはキッチンや洗面台の引き出しで使用していますが、先日コーナンで見たところ、FB-E04と0のつくシリーズでした。Amazonは、0のつかないものがあったと思います。収納マンさんが、最強とされていたフボは見たことがありません。
    書類ケースと教科書などを立てておく物を購入予定です。
    ニトリも検討しています。

    • 収納マン より:

      ひめママさま

      こんにちは!
      こちらにもお越しくださいましてありがとうございます^^

      ナカバヤシのキャパティ・ファイルボックスは、ここ1~2年、店頭で「フボ」から始まる品番はまったく見かけなくなりましたねー。
      より正確に言うと、丈夫なほうは「なげこみBOX・F6」しか見かけなくなりました。

      店頭で、なげこみBOXをまだ見かけることや、ネットでも「フボ」から始まる品番のものは未だに販売されているところを見ると、丈夫な「フボ」品番が廃番になったわけではなさそうです。

      今まで私がナカバヤシのキャパティ・ファイルボックスが最強と言っていた理由は、
      (1)サイズバリエーションが豊富
      (2)持ち運びやすいハンドル形状&ファイルなどが出し入れしやすい側面の切り込み
      (3)丈夫でコスパが良い
      という3つです。

      しかし、キャパティが「FB」から始まる品番が主流になった現状、サイズバリエーションだけ見れば無印良品のほうが豊富ですし、コスパで言えばニトリのほうが有利です。
      また、角型2号封筒やジッパーファイルを収納するなら、ライクイットの「ファイルボックスLM-28」が便利ですよね。
      よって、用途に応じて、キャパティ、無印良品、ニトリ、ライクイットをチョイスする必要性が強くなっていると言えます。

      個人的には、キャパティのダブルサイズほどの大きさが必要なければ、ニトリのファイルケースで十分かなと思うことが最近は多いです^^
      ちなみに、ニトリの「リスト」もファイルを立てて収納するのに便利そうですよー。

      【関連】シンク下専用ファイルボックス!?ニトリ・収納ボックス「リスト」