収納のプロが色々やった結果、押入に洋服を掛ける合理的な方法は2つだけ

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

押入れは本来、布団を収納するためのスペースなので、洋服を収納するには適しません。奥行が深すぎるし、ハンガーパイプが付いていないことがほとんどで、おまけに丈の長い洋服を掛けるには中段が邪魔だったりします。

それでも、押入れに洋服を掛けるしかないという状況は少なくありません。そんなときはどうすれば少しでも使いやすくできるでしょうか。

押入れに洋服を掛ける方法は様々なアイディアが考えられますが、リフォームをしない限りは、合理的な方法は2つしかないと思います。

 

平安伸銅工業・強力押入れポールセット

突っ張り棒を取り付けてそこに洋服を掛けるというのは、もっともスペースの効率が良く、しかも手軽に設置できる方法です。ただ、一間幅(180cm幅)の押入となるとさすがに突っ張り棒が落ちてしまう可能性が高いので、平安伸銅工業の「強力ささえポール」で補強してやるのがベターです。

ちなみに、上写真は突っ張り棒と強力ささえポールがセットになった「強力押入れポールセットKOP-110」です。

アイリスオーヤマ・押入れクローゼットハンガー

突っ張り棒が使えない場合は、アイリスオーヤマの「押入れクローゼットハンガー1段タイプOSH-Y17」など押入れの中段の上に乗せるタイプのハンガーラックが有効です。

幅が750~1300mmまで、高さが820~1000mmまで伸縮可能なので、スペースに合わせて設置することができます。こういうハンガーラックを設置して後ろ側にはカラーボックスなどを置いたりダンボール箱を積み重ねると良いでしょう。

 

実は他にもいろんな押入用ハンガーラックがあるのですが、本当に使えるのは上の2つの方法だけです。他の方法の多くは思った以上に耐荷重が小さかったり、押入自体に強度が足りなくて、期待するほど洋服がたくさんかけられなかったり、使いにくかったりするのです。

ちなみに押入の上段は奥行が850mm程度、高さが1100mm程度であることが多いので、肩幅が広く丈が長い紳士服は避け、婦人服に絞ったほうが使いやすいです。

関連記事

洋服の衣替えも楽々♪押入れの奥行を活かす収納アイディア6選
最近は特にマンションで押入れがない家も増えてきています。しかし、日本の住宅で「収納」と言えば未だに押入れが主役という状況です。 特に一戸建ては90cmグリッドで設計されていることが多いこともあり、押入れに襖ではなく洋風の折れ戸を付けた「なん...
押入れの上段に引出式衣装ケースと布団を収納する3つのパターン
押入れの上段に引出式衣装ケースと布団を収納するパターンは主に3つ考えられます。オーソドックスなのは布団の横に引出しを置くレイアウトですが、来客用布団がメインの場合は引き出しの上に布団を置いても良いでしょう。また、布団の出し入れを最優先したい場合は、布団を跨ぐようにラックを設置して、その上に衣装ケースを置くという方法も考えられます。
押入をカラーボックスで収納するなら!アイリス「モジュールボックスMDB-3」
押入れを収納するなら一般的なカラーボックスよりもアイリスオーヤマの「モジュールボックスMDB-3」を使うのがオススメです。同社のCX-3やCX-2よりも一回りコンパクトなので押入れの上段にも下段にも収まりが良いはずです。
機能的でオススメ!押入れにカーテンを取り付ける方法
※写真は一間半(幅約2700mm)の押入 押入れは一般的に一間幅(約1,800mm幅)で左右引き違いの襖2枚がついていることが多いですが、この場合、片側の開口部は800mm程度となり、1,000mm幅程度の布団を出し入れするには意外と不便で...

コメント