『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中
スポンサーリンク

カラーボックスを小物の収納に最適なチェストにチェンジ!サンイデア・squ+ポスデコ

カラーボックスは手軽な魔法の収納グッズではありません。むしろ何を収めても中途半端で不完全な、安いだけが取り柄の収納グッズです。実際、収納方法に困ることが多い小物を収納するにはとても煩わしさを感じます。

そんなカラーボックスを小物の収納に最適なチェストに変えてしまうことのできるのが、サンイデアの「squ+ pos’deco(スキュープラス・ポスデコ)」です。

 

ポスデコならカラーボックスにピッタリ!

サンイデアのポスデコの基本サイズはW390×D265×H265mmで、縦置きにしたカラーボックスにピッタリ。さらに幅を半分にしたサイズ(W195mm)もあるので、本を並べた横のスペースに小物を収納することもできます。

そもそもカラーボックスに合うチェストを探すなら、最初から相当のチェストを買うべきだと思いますが、安物であれ簡単に処分ができないのも事実。そんなときにカラーボックスを小物入れとして活用しやすいのがポスデコなのです。



ポスデコは意外と珍しい小物用チェスト

カラーボックスにピッタリ合う引出しには他にも無印良品の「ポリプロピレンケース引出式・横ワイド」がありますが、サンイデアのポスデコほどサイズバリエーションが豊富なものは他にありません

カラーボックスに引出しをプラスするなら!無印良品のポリプロピレンケース引出式・横ワイド
「カラーボックスに引出しを取り付けたい」…そんなご要望が結構多いです。アイリスオーヤマのCBボックスシリーズならオプションパーツを取り付けるだけでOKなんですけど、それ以外のメーカーのものの場合はまず寸法が合いません。 基本的にピッタ...

引出しは深すぎても浅すぎても使いにくいものです。それはキッチンでもデスク周りでも同様です。リビングでは爪切り、綿棒、ハガキ、文房具など、実に様々な大きさの小物があり、収納の仕方で悩まされます。サンイデアのポスデコのようにサイズバリエーションが揃っていれば、その悩みから少しは解消されることでしょう。

 

サンイデアのポスデコはありそうでなかった収納用品だと思います。欲を言えば、カラーボックスを横置きにした場合にピッタリ合うサイズのものを用意してくれればうれしいのですが、ポスデコはあまり頑丈ではないため、高さを高くすると強度の問題がありそうです。もっと強度があれば良かったのにとも思いますが、そうすると安価なカラーボックスを機能的にアップするこの手の商品としては馬鹿馬鹿しい価格になってしまうでしょう。

サンイデアのポスデコは「squ+ Collect(コレクトケース)」同様に、ニトリやほかのホームセンターでも購入することができます。いずれもあまり頑丈とは言えませんが、気になる方は一度、店頭でチェックしていただければと思います。

 

関連記事

カラボや書棚にピッタリサイズ!奥行30cm弱の箱や引出しのまとめ
カラーボックスや書棚にピッタリサイズの奥行30cm弱の箱や引出しをまとめてみました。カラボ用インナーケースを中心に、ニトリ、無印良品、ホームセンター、100円ショップなどの商品を総結集。サイズ、価格、カラバリなども一覧にしています。
カインズホームのカラーコンテナもカラーボックスにピッタリ!しかもサンイデアのsqu+よりお得
前回はカラーボックスにピッタリなIKEAの「KUGGIS(クッギス)ふた付きボックス」を紹介しました。 【前回】IKEAの新商品「KUGGIS(クッギス)ふた付きボックス」ならカラーボックスにピッタリ! IKEAの「KUGGIS...
【ニトリvsカインズvsビバホーム】棚板の高さを変えられる3段カラーボックス比較
ニトリvsカインズvsビバホームの「棚板の高さを変えられる3段カラーボックス」を主に価格と構造及び耐久性の観点から比較してみました。価格やカスタマイズのしやすさで言えばニトリが優位ではありますが、ほか2社にもオススメできるポイントはあります。
一番お得なカラーボックスはこれだ!ニトリvsイケアvs無印良品vsアイリスオーヤマ
ニトリvsイケアvs無印良品vsアイリスオーヤマ各社のカラーボックスを本棚として使う視点で比較。ニトリのカラボはサイズラインナップやオプションパーツが豊富になり、またアイリスオーヤマからはモジュールボックスが登場したことで、より悩ましい展開になってきました。

コメント