2024年4月23日(火)から最長25日(木)にかけてサーバーの更新を予定しています。その間はコメントがうまく投稿or返信できない可能性があります。

ニトリのカラボ用ミニチェストがポスデコから「引出しNインボックス」に

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

ちょうど1年ほど前に、ニトリのカラーボックス用インナーケースがサンカ(サンイデア)のプロパー同等品から「Nインボックス」というオリジナル商品に切り替わりました。たかがカラボ用インナーケースと思われるかもしれませんが、うっとりするほど美しく、耐久性にもコスパにも優れた商品です。

無印良品に負けてない!まさにおねだん以上のニトリ「Nインボックス」
リニューアルしたニトリの「Nインボックス」はおねだん以上で、まるで無印良品のよう。従来品よりスクエアでスタイリッシュ。フタの天面とボックスの側面はマット調に仕上げられており、質感へのこだわりが感じられます。

しかし、オリジナル化はこれにとどまりませんでした。同じくサンカの「squ+ポスデコ」がニトリオリジナルの「引出しNインボックス」にチェンジしたのです!

※この記事は2020年2月17日時点の情報に基づいています(2023年9月18日一部更新)

 

ポスデコ→引出しNインボックス

squ+ポスデコ

まずこちらがプロパーの「squ+ポスデコ」です。サイズやカラバリはいくつかありますが、前板が緩くカーブしたデザインとなっています。

引出しNインボックス

そしてこちらがニトリオリジナルとして送り出された「引出しNインボックス」です。写真だとちょっと分かりにくいですが、Nインボックス同様にエッジが効いたデザインになりました。

従来同様、クリア(上写真)とホワイトの2色展開です。また、引き続き日本製であることに変わりありませんが、サンカが作っているという核心的な証拠は見つけられませんでした。引出しを固定しているシールはプロパーとまったく同じなんですけどね(笑)

新旧比較

価格

ポスデコ引出しNインボックス
たて型ハーフ 2段1,018円1,760円999円
たて型ハーフ 3段1,018円1,760円999円
レギュラー 2段/引出し2個1,518円2,200円1,790円1,990円
レギュラー 2段/引出し3個1,518円2,200円1,790円1,990円

※いずれも2020/02/17現在の税込価格

2023/09/18現在の価格に修正しました。ただし、ポスデコは現在ニトリで扱われていないため、サンカ直営楽天市場店の価格を参照しています。

デザイン面以外ではどこが変わったのか、詳しく見てみましょう。まず、価格はハーフ(旧・A5)が若干値下げとなりました。これは消費税込みで1,000円を切るようにしたのでしょう。一方で、レギュラーは若干値上げとなりました。ただ、総じて価格はほとんど変わっていないと言えるのではないでしょうか。

サイズ

ポスデコ引出しNインボックス
たて型ハーフ 2段外寸:195×265×265
内寸:(2段)158×232×100
内寸:(3段)158×232×60
外寸:192×266×236
たて型ハーフ 3段
レギュラー 2段/引出し2個外寸:390×265×265
内寸:(ハーフ)158×232×100
内寸:(ワイド)353×232×100
外寸:389×266×236
レギュラー 2段/引出し3個

※単位:mm

サイズ(外寸)については若干ですが、一回り小さくなっています。特に高さが29mmも低くなっているのが特徴的です。天板が少し薄くなったことが影響しているのではないかと思います。

なお、引出しの内寸については引出しNインボックスでは表示がなくなりました。パッケージにも記載されていませんが、それほど変わらないとは思います。

形状

そのほか、レギュラーサイズには背面に縦方向の補強が追加されています。これはおそらく天板を薄くしたことで強度を保つ必要があったからでしょう。

また、ハーフ、レギュラーともに、上下連結用のツメの形状と、ツメを挿し込む穴の形状が変更になっています。そのため、新旧を積み重ねることは可能ですが、ツメは挿し込むことができません。

 

無印良品との比較

ポリプロピレンケース引出式・横ワイド

外寸(mm)税込価格
薄型370×260×90890円1,290円
薄型2個370×260×901,190円1,490円
浅型370×260×120990円1,390円
深型370×260×1751,090円1,490円

※いずれも2020/02/17現在2023/09/18現在の税込価格

ニトリが強く意識していると思われる無印良品とも比較してみましょう。無印良品の「ポリプロピレンケース引出式・横ワイド」はニトリのようなハーフサイズはありません。

また、1段タイプのみで多段タイプはありません。そのため、一般的なカラーボックス1段分にピッタリ収めるには薄型を3段積み重ねるなどする必要があります。

しかしながら、浅型2段重ねなら税込1,980円2,780円ですから、ニトリの「レギュラー 2段/引出し2個」(税込1,790円1,990円)と価格はほとんど変わりません。無印良品週間中ならむしろ無印良品のほうが安いです。と比較すると約4割ほど高くなります。

カラーも同じくクリアとホワイトの2色です(ただし、ニトリのクリアのフレームおよび天板はホワイト)。また、いずれも別売のキャスターを取り付けることができます。

無印良品は側板も背板もフラットなため、ホコリの侵入が少ないだけでなく、ニトリに比べると丈夫です。カラボ用インナー引出しと割り切るならニトリ、品質重視なら無印良品というところでしょうか。

 

従来のポスデコは丸みのあるデザインで個人的にはあまり好きになれなかったのですが、ニトリオリジナルの引出しNインボックスはスクエアになってデザイン的にとても美しくなったと思います。

なお、通常のカラボサイズのポスデコはニトリの店頭から順次消えていくようですが、「Nクリック ボックス」にぴったりサイズの「ポスデコA5深3段(モカ)」および「ポスデコワイド ショート2深2段(モカ)」は販売が継続されるようです。お間違えないようお買い求めください。

2023/09/18追記:上記のポスデコA5深3段等はニトリも含めて取り扱いがない模様です。

関連記事

https://new.shuno-oshieru.com/sanidea_squ_posdeco/
カラボや書棚にピッタリサイズ!奥行30cm弱の箱や引出しのまとめ
カラーボックスや書棚にピッタリサイズの奥行30cm弱の箱や引出しをまとめてみました。カラボ用インナーケースを中心に、ニトリ、無印良品、ホームセンター、100円ショップなどの商品を総結集。サイズ、価格、カラバリなども一覧にしています。
早わかり!無印良品「ポリプロピレン収納引出ケース」全サイズ一覧表
無印良品のポリプロピレン製の引出収納ケース全サイズを一覧表にしてみました。基本的にはスタッキングシェルフ用、ユニットシェルフ用、リビングチェスト用、クローゼット用、押入れ用という具合に、奥行のバリエーションが揃っています。
組立簡単!なのに頑丈!さらに見た目も美しい!ニトリ「Nクリック」ボックス
ニトリの「Nクリック」ボックスはスウェーデンのバーリンゲ・イノベーション社が持つスリースパイン特許技術を使った組立が簡単なカラーボックスです。しかし、それだけでなく、頑丈で、見た目も想像以上に美しい。2018年度グッドデザイン賞受賞も納得です。価格はちょっと高いですが、メリットを考えれば全然高くなく、まさにおねだん以上と言えます。

コメント