スポンサーリンク

これは無限マグネット!山崎実業「前が開く隠せる調味料ラックtower」

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

わたくし収納マンは山崎実業の収納グッズが大好きです。そのため、我が家には山崎実業の収納グッズがたくさんあります。

価格がちょっと高いなーと思いつつも、耐久性があるし、デザインが良いし、使いやすいから、ついつい買っちゃうんですよねー。新商品が登場するたびに、あれも欲しい、これも欲しいと思ってしまいます。

一方で、「こんなの需要あるのかな?」とか、「これって他のメーカーでもあるよね?」と思ってしまうような商品も少なくありません。先日発売された調味料ラックも別に普通かなーと思っていたら、実に山崎実業らしい商品でした!

※この記事は2023年10月12日時点の情報に基づいています

 

山崎実業・前が開く隠せる調味料ラックtower

山崎実業の新商品「前が開く隠せる調味料ラックtower(タワー)」(ホワイト:2009、ブラック:2010)は、パッと見た感じ、カタログ通販などでよく見かける感じのスパイスラックです。そのため私は「ステンレスじゃなくて白と黒なのね、はいはい。」という感じで軽くスルーしておりました。

フラップ扉でスッキリ隠せる

基本的な構造は他社従来品と変わりありません。前面に大きなフラップ扉が付いており、閉めれば中身をスッキリと隠せるという構造です。これによりコンロ横で使っても油汚れが付く心配がなくなります。

マグネット小棚で空間に無駄なし!

でもよく見たら中身が違いました!マグネット式の小棚が付いていて、上写真のように小瓶の上の空きスペースに小瓶を収納することができるのです。

調味料のボトルは背の高いものもあれば低いものもあることが収納が難しいところなので、この仕組みは助かりますね。

内部はシンプルな構造

そんなわけで内部の構造はシンプルです。フラップ扉に隠れる幅375mm×高さ300mmのスペースは棚板や仕切り板が設けられておらず、マグネット式の小棚がどこにでも取り付けられる状態です。小棚を取っ払って、背の高いボトルばかり収めることも可能です。

扉にもマグネットがくっつく

内側だけでなく外側にもマグネットがくっつきます。キッチンタイマーやレシピなどを貼り付けるのに便利ですね。

サイドフック付き&側面も磁石OK

側面には上から吊るせる樹脂製フックが2つ付いています。それに加えて側面もマグネットがくっつくので、もう本当にどこでもマグネット収納ができちゃいますね。

調味料ストッカー×4収納可能

扉下のオープン部には「調味料ストッカーtower L」が4つピッタリ収まるようになっています。Sサイズだと6つ収めてゆったりという感じですかね。

その下は高脚式のようになっているのでお手入れがしやすいのがグッド。完全に塞がれていたほうが汚れにくくて良いと思われる方もいらっしゃるでしょうけど、その場合はカタログ通販のスパイスラックiconを選べばOKでしょう。

 

以上の通り細かくチェックしてみると、新商品の調味料ラックはいろんなところが他社従来品とは異なります。ステンレスじゃなくて白または黒という色の違いだけでなく、内部をマグネット小棚で仕切れる構造や、高脚式となっている点です。

調味料ポットが別売となっていますが、価格も決して割高ではないと思います。むしろ好みのサイズの調味料ポットが選べるのはありがたいですね。

いやはやさすが山崎実業。今回の新商品も細部までよく考えられていると思います。

関連記事

新居に引越してから買った「山崎実業の収納グッズ」満足度ランキング
新居に引越してから買った山崎実業の収納グッズ11商品を満足度ランキングにして紹介します。私のベスト3はマグネットコンパクトティッシュケースTOWER、マグネット&シンク扉ゴミ箱TOWER、目隠し分別ダストワゴン3分別TOWER。それ以外も良いものばかりです。
山崎実業の「コンパクトティッシュケースTOWER」を3つも買った理由
山崎実業の「コンパクトティッシュケースTOWER(タワー)」を3つも買ってしまいました。2つはホワイトのマグネット付き。1つはブラックのマグネットなしです。一般的なソフトパックのティッシュにフィットするとともに、小ぶりでサイズ感が良いと感じます。
山崎実業「伸縮冷蔵庫中収納ラックtower」で玉子ケース上の空間活用
山崎実業の「伸縮冷蔵庫中収納ラックtower(タワー)」を使って玉子ケース(エッグトレイ)の上の空間を活用してみました。我が家のパナソニックの冷蔵庫では棚板の上の空間が狭いのですが、棚板の下に鍋が収まるのはgood。幅伸縮も簡単です。
使わないときに邪魔にならない!山崎実業「マグネット手おけtower」
山崎実業の「マグネット風呂イスtower(タワー)」に続いて「マグネット手おけtower」を試してみました。あまり使わない、けれども時々使う湯おけを、ユニットバスの壁面に磁石でくっつけておくことで、たらい回しにする手間がなくなりました。
この記事を書いた人

日本で初めて一般家庭向け収納&インテリア・コーディネートサービスを始めて20年の収納&インテリアのプロ。TVチャンピオン収納ダメ主婦しつけ王優勝。
安全性を第一に、コスパを重視した収納グッズ&家具選びを心掛けています。詳しいプロフィールはこちら

収納マン(芝谷 浩)をフォローする
山崎実業
スポンサーリンク

コメント