スポンサーリンク

山崎実業から「テーブル下収納ラック」発売!他社類似商品と比較してみた

収納で難しいことのひとつは、キレイにしまい込むと忘れてしまうことがあるということです。そのため、ついつい出しっぱなしにしてしまって見た目を損なうことになります。

他方で、人間は習慣の生き物です。どこに座って何をするか、そしてそのシーンでどんなモノが必要かはほぼ決まっています。

なので、そこに必要な収納スペースを用意すればOK。そして、そのスペースを捻出するために不要なモノを取り除く…という逆算の発想がカギを握ることになります。

ですが、多くの人にとってそれを考えるのが面倒なのですよ(苦笑)だから、ついつい足し算の発想をしてしまうわけですが、今回ご紹介する山崎実業から発売予定の新商品は個人的にはアリかなと思います。

※価格および仕様はすべて2021/07/29現在

 

山崎実業・テーブル下 収納ラックTOWER

山崎実業(Yamazaki) テーブル下 収納ラック ホワイト 約W44XD25XH7.2cm タワー ティッシュ リモコン 一括収納 5481

山崎実業の新商品「テーブル下 収納ラックTOWER(タワー)」はその名の通り、テーブルの下に取り付けて、雑誌や郵便物、リモコンなど手近に置いておきたいモノを収納するのに便利なラックです。スチール製で木ネジ4本を使って取り付けます。

上写真のホワイト(5481)のほか、ブラック(5482)もあります。

ティッシュが下から取り出せる

山崎実業(Yamazaki) テーブル下 収納ラック ブラック 約W44XD25XH7.2cm タワー ティッシュ リモコン 一括収納 5482

テーブル下収納ラックTOWERの下面にはスリットが2ヶ所開いており、そこからティッシュを引き出せるようになっています。ボックスティッシュが出しっぱなしで気になるという方はそのためだけでもこれを買うメリットがあるのではないでしょうか。

イセトウ・テンダーワイド

イセトウ(Isetou) テンダーワイド 引出し ホワイト 日本製 I-166-2

これまでもテーブル下に取り付ける収納グッズはありました。たとえばイセトウ(伊勢藤)の「テンダーワイドI-166-2」。こちらはポリスチレンとポリプロピレンでできた引出しで、両面テープまたは木ネジで取り付けます。

テーブル下収納ラックTOWERに比べると浅いのでたくさんは収納できませんが、文房具など細かいモノを収納するには最適だと思います。

 

ナガシマ・RAKIAN 横型ハングラック

ナガシマ ハングラック マガジンラック テーブルラック 横型 収納 滑り止め付き ブラウン RAKIAN

ナガシマの「RAKIAN 横型ハングラックWH-101」は吊戸棚ラックのように天板に引っ掛ける構造です。そのため設置は簡単ですが、天板に引っ掛ける部分がちょっと気になります。

幅、高さともに、テーブル下収納ラックTOWERより一回りコンパクトです。

 

コジット・リビング学習ハンギングラック

コジット リビング学習ハンギングラック

コジットの「リビング学習ハンギングラック」はこちらもテーブルの天板に引っ掛けるタイプながら、雑誌などを立てて収納でき、しかも幅がコンパクトな設計です。ペンやリモコンを挿すのに便利なポケットも付いています。全体の耐荷重は約2kgとのこと。

 

コジット・テーブル下に!スライド収納

コジット・テーブル下に!スライド収納

お次もコジットで、「テーブル下に!スライド収納」。天板の縁にクランプ金具で取り付ける引出しです。31cm四方とコンパクトなので、ちょっと小物を収納するのに便利です。

 

サンワダイレクト・引き出し 後付け クランプ式

もっとガッツリ収納したい場合は、サンワダイレクトの「引き出し 後付け クランプ式 100-KB007」が良いでしょう。手前には消しゴムが入るくらいのスペースが4つあり、メインは478×250×55mmの大容量。しかも、耐荷重は10kgまでOKです。ホワイト色(100-KB007W)もあります。

 

サンワダイレクト・キーボードスライダー

同じくサンワダイレクトの「キーボードスライダーMサイズ 100-KB007」は引出しではなくトレータイプでキーボードを乗せるのに最適です。幅は700mm、耐荷重は10kgとなっています。ホワイト色(100-KB003W)もあります。

 

このように類似商品を見てみると、テーブル下収納ラックTOWERのデザインがいかに洗練されているか分かります。スチール製で厚みがなく、設置スペースに対して効率良く収納可能な点も魅力です。ティッシュボックスが使いやすいという点もオンリーワンと言えるでしょう。

一方で、取付方法が木ネジのみという点が難点。先日、私がデスクとして使っているコクヨの「ジュート」の天板裏にネジ穴を開けようとしたら硬くて無理でした。パイン材などの軟らかい木材はともかく、一般的なテーブルトップは非常に硬いので、苦戦する人が多いのではないでしょうか。

その点さえ問題がなければ、山崎実業のテーブル下収納ラックTOWERは価格も手頃で良いと思います。

関連記事

マガジンラックに良いかも!山崎実業「キッチンカウンター横収納ラックTOWER」
山崎実業の新商品「キッチンカウンター横 収納ラックTOWER(タワー)」はリビングやトイレでマガジンラックとして使うのに最適な商品です。「神札ホルダー」に似てますが、幅も奥行も高さも倍以上あり、石膏ボード壁用のピンが付属している点も異なります。tosca(トスカ)のデザインもあります。
山崎実業の「コンパクトティッシュケースTOWER」を3つも買った理由
山崎実業の「コンパクトティッシュケースTOWER(タワー)」を3つも買ってしまいました。2つはホワイトのマグネット付き。1つはブラックのマグネットなしです。一般的なソフトパックのティッシュにフィットするとともに、小ぶりでサイズ感が良いと感じます。
売切れ続出!山崎実業「ワイドジャグボトルスタンドTOWER」買いました
売切れ続出となっている山崎実業の「ワイドジャグボトルスタンドTOWER(タワー)ホワイト5409」を購入しました。とても高価ですが、デザインが良いだけでなく、様々なボトルを置ける神設計で大満足。しかし、ちょっと大きすぎるのがデメリットです。
IKEA「ロースフルト」ワゴンはロースコグのミニサイズでテーブル下OK
IKEA(イケア)の新商品「RÅSHULT(ロースフルト)ワゴンは「RÅSKOG(ロースコグ)」のミニサイズ。テーブル下に収まる高さということですが、日本のダイニングテーブルはヨーロッパ製よりも低いことが一般的なので注意が必要です。サイズや価格の比較もしています。

コメント